ペット保険人気・おすすめランキング|飼い主が1番望んでいるペット保険はこれだ!

皆さんはペット保険を選ぶ時、何を基準に考えて選ぼうと思っていますか?補償内容が充実したもの?それともなるべく保険料を抑えたもの?飼い主とペットの数だけ希望する保険内容は様々かと思います。

今回は、犬や猫を飼われている飼い主さん2,000人にご協力いただき、ペットの治療費における実態を説明した上で、どのような基準でペット保険を選んでいるのか、またそれらを踏まえて人気の高いペット保険はどれなのかをわかりやすくご紹介していきます!

「どんなペット保険があったら嬉しい?」アンケートから見るおすすめのペット保険を見てみよう!

博士~聞いてくださいよぉ!

なんじゃ?なにがあったんじゃね?
「ペット保険を検討中なのですが、沢山ありすぎてどれが良いのかわからないんです!」

「確かに色々な保険があるからのぉ。」
「そうなんです!この前ペットショップへ寄った時、凄いおすすめのペット保険があると言われたんですけど、実際本当に良いのかわからなくて…」

「ペットショップによっては、提携している保険会社を勧めてくる場合があるからのぉ。一概に良いとは言い切れないのぉ…」
「ペットを飼っている他の飼い主さんたちって、どんな風にペット保険を選んでいるんですかね?」

「知りたいかね?」
「もちろん知りたいです!博士、知っているんですか!?」

「今回ペットを飼われている飼い主2,000人を対象としたアンケート調査をしてみたんじゃ。その内容は『どのようなペット保険を選びたいか』じゃ。」
「まさに今の私に打ってつけじゃないですか!」

「そうじゃの。その際、ペットにかかる治療費の実態を把握した上で、どんな補償を重点におくかを考えてもらい、プランを選択してもらったんじゃよ。」
「ちなみに、保険の補償割合と補償内容ってなんですか?」

「補償割合とは、治療費として発生した金額に対し、何%の保険金が支払われる割合のことじゃ。」

「また補償内容とは、簡単にいうと補償する範囲がわかるプランのことじゃな。」
「そういう意味だったんですね!」

「そうなんじゃ!今回は飼い主が求める補償割合や内容を総合して見合った保険プランをランキングにしてみたぞ!ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいのぉ。」
「さすが博士!!痒い所に手が届くとはまさに博士のことですね!ちなみに2,000人の飼い主さんたちはどんな補償内容を求めている声が多かったんですか?」

「そうじゃのぉ…まずランキングTOP3を見てみよう。」

第1位 補償割合80%以上
通院・入院・手術補償

  • 通院、入院、手術を幅広くカバー
  • 補償割合が高い
  • 保険料は高額な傾向

おすすめプランは・・・
 PS保険の『充実プラン100%』

第2位 補償割合50%
通院・入院・手術補償

  • 通院、入院、手術を幅広くカバー
  • 補償割合が治療費の半分
  • 保険料は低めに設定

おすすめプランは・・・
 ”アニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ補償割合50%』

第3位 補償割合50%
通院のみ補償

  • 頻度の高い「通院」をカバー
  • 保険料は安い傾向
  • 高額な手術や入院は補償無し

おすすめプランは・・・
 日本ペットプラスの『いぬとねこの保険ゴールドの50%プラン』

「1番投票数が多かった内容を見ると『補償割合80%以上、通院・入院・手術補償が受けられるタイプ』が圧倒的に支持が高い結果が出ておるのぉ。」

「2位や3位に関しては、補償割合50%と通院は共通している点がわかったぞ。」
「どうせ入るならやっぱり、補償内容が手厚いものを選びたくなりますよね。」

「そうじゃの。ペットには人間のように健康保険がないから全額負担じゃ」

「そして、1ヶ月にかかるペットの治療費は大型犬で平均9,281円、猫で平均6,991円かかるからのぉ。」

「年間にすると結構な金額がかさむから、より手厚い補償をと考える人が多いのかも知れないのぉ。」
「1ヶ月で1万弱ということは、1年で大型犬111,372円…家計に痛いですね。」

「これらを考えた上で、それぞれペット保険タイプ別の中でも人気のプランってあるんですか?」

「もちろんあるぞ!ではこれから、ペット保険タイプ別のランキングTOP3を特徴や注意点、口コミなどを見た上でベストなペット保険を紹介していくぞ!」

飼い主が選んだ第1位!『補償割合80%以上/通院・入院・手術補償』の特徴と注意点について

「最も多くの飼い主が選んだタイプの大きな特徴は『通院・入院・手術の全て補償したい』『治療費の保障割合が大きい』じゃな。」
「せっかくペット保険に加入するなら、手厚い補償内容にお金が多く戻ってくる方が良いですものね!」

「ただし注意したい点としては、それだけ手厚い補償内容にするってことは月々の保険料も高くなりがちじゃ。」

「また、1日あたりに利用日数や回数が制限される”補償限度額”が設定されていることもあるから注意が必要じゃ!」
「た、たしかに…補償をよくすればするほどお金はかかりますよね。メリットもあれば注意しなくてはいけないところもあるって感じですね。」

◆特徴・注意点について
【特徴】
・通院、入院、手術どれも手厚い補償を受けたい。
・治療費の補償割合が大きい。

【注意点】
・1日あたりの利用限度額・年間の利用最大回数が設定されている場合がある。

「そして今回、このタイプを選んだ飼い主さんたちの声を聞いてみたぞ!」

【補償割合80%以上、通院・入院・手術補償が受けられるタイプを選んだ人の声】

「何かあった時に医療費を気にせず、手厚いサポートが受けられて安心感があるから。また想定される治療の全てを含んでいるから。(40代男性、中型犬)」

「病気になると通院治療や薬代、手術の費用等がかさみ自己負担が大きいので。また保険の補償は大きい程助かると思うから。(60代男性、小型犬)」

「以前、保険未加入の猫の手術代等で50万を超える出費を経験しているので、保険に入るならすべてをカバーした保険が安心できる。(50代男性、猫)」
「だからこそ、多少保険料がかかっても手厚い補償を!と考えている人が多いのかもしれませんね。」

「そうじゃのぉ。医療費を気にして十分な治療を受けさせてあげられなかった…と後になって後悔だけはしたくないからのぉ。」
「博士、ではこの内容に見合ったベストなペット保険ってどんなものがあるんですか?」

―最も人気があった保険プランは”PS保険の『充実プラン100%』”!!

「『高額な治療費をカバーしたい!』そう思っている飼い主が1番選んだ保険プランがあるんじゃ!それはPS保険の”充実プラン100%”じゃ!」
「PS保険の充実プラン100%は、どんな内容の保険プランなんですか?」

「1日の限度額は決まっておるが、通院・入院・手術の補償を100%カバーしてくれる保険じゃ!」
「えっ!?100%カバーしてくれるペット保険があるんですか!?す、すごいっ!!」

「ただし、1日の限度額が設けられていること、年間最大補償額も決まっているから注意が必要じゃ。」

「でも、自己負担しなくてはいけない免責金額がなかったり、保険金が支払われない待期期間がなかったりするのはメリットの1つじゃな。」

「詳しいことはPSのペット保険。加入前に知っておきたい注意点は?コスパが魅力!で読めるからぜひ参考にして欲しいのぉ。」
PSのペット保険。加入前に知っておきたい注意点は?コスパが魅力!

飼い主が選んだ第2位!『補償割合50%/通院・入院・手術補償』の特徴と注意点について

「続いて飼い主が選んだ第2位は『補償割合50%/通院・入院・手術補償タイプ』じゃ。」
「通院・入院・手術の補償タイプは1位と変わらないですけど、補償割合は下がっていますね。やっぱり1位の内容だと保険料が…って感じなんですかね?」

「そうじゃのぉ。第2位の特徴としては、1位と同様『通院・入院・手術といった治療費を幅広く補償を受けたい』というのがあるが『なるべく保険料を抑えたい』と考えている人が多かったんじゃ。」
「月々の保険料が高いと考えてしまいますもんね。」

「そうじゃね。ただし注意点として、1位の内容と比べて保険料を安くできるが、高額な治療費が発生した場合自己負担が発生する場合があるんじゃ。」

「そうなると、ある程度の貯金が必要になってくるから、保険だけで何とかなると思うのは禁物じゃよ。」

◆特徴と注意点
【特徴】
・通院、手術、入院の補償を受けたいが、保険料を抑えたい。

【注意点】
・補償が50%のため、高度医療の治療が必要になる場合、自己負担が発生することも。
・ある程度の貯金が必要。

「もしも、高度医療の手術を受けたとして100万円かかったとしたら、戻ってくる金額は50万円ですもんね。」

「あとの50万円は自己負担と考えると、それでも結構な負担ですしある程度の貯金の備えは必要になりそうですね。」

「そうじゃのぉ。ペット保険に入っていたとしても、もしもに備えての蓄えは必要じゃ!では、このタイプを選んだ飼い主さんたちの声を聞いてみよう。」

【補償割合50%、通院・入院・手術補償が受けられるタイプを選んだ人の声】

「通院や手術に対して備えは必要だと思うが、頻度を考えるとこれぐらいの保険で十分かなと思った。 コストパフォーマンスについても良いのではないかと思っています。(60代男性、中型犬)」

「補償割合が50%での通院と入院と手術の保証のバランスが良いから。 支払い額が妥当で、コスパもよさそうだから。(50代女性、小型犬)」
「総合的なバランスを考えた上での結果ということですね!」

「そうじゃの。第2位のタイプを選んだ人は、コストパフォーマンスを重視した人が多いってことじゃな。では、このタイプにベストなペット保険を見てみよう。」

―コストパフォーマンスも納得!アニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ補償割合50%』”プラン!

「月々かかる保険料を抑えつつ、幅広い補償を受けたい!そんな声にベストなのが、アニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ補償割合50%』のプランじゃ。」
「アニコムって確か保険金の支払いが窓口精算できますよね?」

「よく知っておるのぉ。アニコム対応の動物病院でペットの保険証を見せるだけで、窓口精算が可能なんじゃ。また、2頭以上ペットを飼われている場合は多頭割引が適応されるぞ!」
「犬や猫以外のエキゾチックアニマル(小動物)もペット保険に加入できるみたいなので、それも嬉しいですね!」

「そうじゃの。詳しくはアニコム保険。加入前に知っておきたい注意点は?カンタン窓口精算が魅力!で見ることができるから要チェックじゃ!」
アニコム保険。加入前に知っておきたい注意点は?カンタン窓口精算が魅力!口コミ・評判は?

飼い主が選んだ第3位!『補償割合50%/通院補償のみ』の特徴と注意点について

「第3位に挙がったのは『補償割合50%、通院のみ補償』のタイプじゃ。」
「1位や2位と違って、かなり内容を絞った感じになっていますね。」

「このタイプを選んだ人の多くは『保険料を抑えながら、身近な通院補償をカバーしたい!』と考えている人が多かったんじゃ。」
「やっぱり病気やケガをして1番かかるのは通院だし、1回の治療費がそこまで高くなかったとしても、積み重ねは大きいですもんね。」

「そうじゃな。このタイプが選ばれた特徴として『最も発生回数が多い通院に特化したい』『身近な通院はカバーしつつ、出来る限り保険料を抑えたい』と言う声が多く挙がったんじゃ。」

「ただし保険料を抑えることはできるが、万が一の入院や手術などの高額な治療費には対応ができないから注意が必要じゃ。」
「もしも大きな病気やケガをして、入院や手術となったらその分は全額負担しなきゃいけないですものね…何を重視するかで大きく変わってきますね。」

◆特徴と注意点
【特徴】
・1番通う頻度の高い「通院」に補償を重点的におく
・なるべく保険料は最小限に抑えたい

【注意点】
・入院や手術が必要になった際、保険金はおりないので治療費は全て自己負担になる

「今回このタイプを選んだ飼い主さんたちの意見を見てみよう。」

【補償割合50%、通院補償のみが受けられるタイプを選んだ人の声】

「多くの選択肢を検討した際に、補償割合50%および通院のみ補償の保険が最もコストパフォーマンスが良かったから選択しました。(30代男性、猫)」

「補償割合が50%と低いけど、めったに病気とかケガはしないと思うし、何かあった場合でも通院のみ補償してくれれば何とかなりそうと思うから。(20代女性、猫)」

「多くの人が『正直なところ、高額な保険料を毎月支払うのは難しい、でも最低限の補償を付けて万が一に備えてあげたい!』と思っていることがわかったぞ。」
「ペットを思う気持ちは誰もが一緒。でも、現実的に経済的な問題はどうすることもできないですものね…」

「高額な保険料を払って家計が圧迫し、食費や気持ち的な面などでマイナスになってしまったら意味がないですし…」

「難しいところじゃな…考え方は人それぞれ違うから、何を重点にして考える必要があるのか、今一度検討してみるとよいかもしれないのぉ。」

―保険料を抑え、通院補償に特化した保険プラン!”日本ペットプラスの『いぬとねこの保険ゴールドの50%プラン』”

「なるべく保険料を抑えて通院補償を重点におくなら、日本ペットプラスが販売している『いぬとねこの保険ゴールドの50%プラン』じゃ。」

「いぬとねこの保険には、『プラチナプラン』『ゴールドプラン』『パールプラン』から選ぶことができるぞ。」

「それぞれ補償割合で90%・70%・50%から選ぶことができる保険じゃ。その中でもゴールドプランは通院補償に特化した保険プランなんじゃよ。」
「しかも、1日あたりの通院日額や回数制限がなく、免責金額も発生しないんですよね?保険料も抑えられて、尚且つ手厚い入院補償が付くのは嬉しいですね!」

「そうじゃな。また月々80円、年払いなら910円をプラスすればペット賠償責任特約も付けることが可能じゃ。詳しくは、日本ペットプラスのペット保険。加入前に知っておきたい注意点は?日額・回数無制限は魅力!をチェックしてみてみるんじゃ。」
日本ペットプラスのペット保険。加入前に知っておきたい注意点は?日額・回数無制限は魅力!

飼い主が選んだランキングからわかる!?ズバリ、人気のペット保険の傾向とは?

「飼い主が選ぶTOP3までの内容はよく分かりましたが、4位以下の内容はどうなっているんですか?」

「そうじゃな、そこも気になってくるのぉ。では全体を含めた傾向を見てみよう!」


※表は横にスクロールできます。

順位 タイプ 得票数 プラン数 1位のプラン
1 補償割合80%以上(80%,90%,100%)/通院、入院、及び手術補償 409 5 100%プラン(ペットメディカルサポート)
2 補償割合50%/通院、入院、及び手術補償 366 12 ふぁみりぃ50%プラン(アニコム)
3 補償割合50%/通院のみ補償 291 1 いぬとねこの保険/ゴールド50%プラン(日本ペットプラス)
4 補償割合70%/通院、入院、及び手術補償 275 14 ふぁみりぃ70%プラン(アニコム)
5 補償割合50%/入院、及び手術補償 235 1 通院なしタイプ 50%コース(au)
6 補償割合70%/通院、及び入院補償 126 1 いぬとねこの保険/パール70%プラン(日本ペットプラス)
7 補償割合70%/入院、及び手術補償 99 2 ぷち70%プラン(アニコム)
8 補償割合70%/通院のみ補償 62 1 いぬとねこの保険/ゴールド70%プラン(日本ペットプラス)
9 補償割合80%以上(80%,90%,100%)/通院、及び入院補償 60 1 ブループランⅡ(日本アニマル倶楽部)
10 補償割合80%以上(80%,90%,100%)/通院のみ補償 44 1 いぬとねこの保険/ゴールド90%プラン(日本ペットプラス)
11 補償割合80%以上(80%,90%,100%)/入院、及び手術補償 33 3 あんしんぺっと保険/Sプラン(楽天少短)

「4位以下の内容を含め、どんな補償内容が人気で不人気なのかも合わせて見てみよう。」

―「やっぱりこれは抑えておきたいよね!」飼い主に人気の補償内容とは?

「ランキングの一覧を見ていくと、全体の約7割(約67.1%)が通院補償は付けておきたいと思っているようじゃ。それが分かることとして、上位4タイプには必ず通院補償が含まれておるぞ。」
「ホントだ!やっぱり、行く回数が多くなると予想される通院に関しては、なるべく費用を抑えたいですもんね!」

「またアンケートを取って分かったんじゃが、補償内容と保険料のどちらかを重視する傾向があるとわかったんじゃ。」
「安く抑えるか、補償を充実させるかの二手に分かれるということですね。」

「そうなんじゃ。では補償内容を重視している人と、保険料を重視している人の考え方を見てみよう。」

【補償内容重視派】
~1位のように80%以上の補償を選んだ人~

「これまでの経験で何が起こるかわからないし、どんなことにも対応できる補償に入っていたいと思うので。(50代女性、小型犬)」

「犬が大きいので簡単な治療でもお金がすごくかかり、家計への負担がものすごい。入院となると病院も限られ、通院費も大変。設備が整った病院となれば、補償内容が大きければ大きいほど楽になるため、多少保険料が高くても安心出来ると思います。(40代女性、大型犬)」

【保険料重視派】
~2,3位のように50%補償を選んだ人~

「金額とのバランス、そして補償内容を考慮して。 月々の支払いもあまり負担にならない感じがしたし、いざという時の支払いも踏まえると保険料を重視して選びたい。(40代男性、小型犬)」

「何らかの病気やケガに備えペット保険に加入している。また、ミニチュアダックスの場合、高齢化とともにヘルニアの危険度が高まるが、保険料との兼ね合いで50%としている。(50代男性、小型犬)」

「補償割合を高くしたり、入院も保証したりすると保険料が高くなるので、補償割合を50%くらいに設定して通院のみの補償を選択しました。なるべく保険料を抑えることを考えると、このような結果となりました。(60代男性、小型犬)」
「それぞれ飼っているペットや、家庭環境によって考え方が様々ですね。」

「そうじゃね。考え方は十人十色。何を重視するかによって選ぶ保険内容も変わってくるんじゃ。では、逆にあまり人気がなかったペット保険の傾向を見てみよう。」

―せっかく補償内容を充実させるなら”通院・入院・手術の補償”はマスト!

「人気の高い補償内容は『補償割合80%以上の通院・入院・手術』だったんじゃが、逆に不人気だったのが補償割合80%以上のそれ以外のタイプだったんじゃ。」
「んっ?ということは、通院のみや手術のみといった補償内容は不人気だったってことですか?」

「そうじゃ。せっかくペット保険に入るなら、動物病院で発生する通院・入院・手術の全ての内容を手厚くしたいと考えている人が多いってことじゃ。」
「たしかにせっかくお金をかけて入るなら、手厚い方がよいですもんね!」

「ペット保険を選ぶ際は、ペットの年齢や種類、かかりやすい病気などを調べた上で自身のお財布事情を確認しながら選ぶとよいかもしれんのぉ。」

「ベストなペット保険を選ぶためにも、色々な保険会社を比較してみるとよいぞ。」
「そうですね。私の場合は犬を飼っているので、頻度の高い通院補償と万が一の高額費用に備えての手術補償がついたペット保険を選びたいなと思います!」

「よぉ~く検討して、納得のいくものを選ぶんじゃぞ!また分からないことがあってもいつでも聞きにきなさい。」
「博士ありがとうございます!また分からないことがあったら聞きにきますね♪」

まとめ

ペットを飼われている人は、一度や二度はペット保険を検討するかと思います。
そんな時気になるのが「他の人はどんな風に選んでいるの?」ではないでしょうか。

今回アンケートにご協力頂いたペットを飼われている2,000人の飼い主さんたちが望んでいるペット保険内容は以下の通りです。

1位:補償割合80%以上/通院・入院・手術補償

2位:補償割合50%/通院・入院・手術補償

3位:補償割合50%/通院補償のみ

ご自身が検討している内容と重なったものはありましたか。
ぜひ今回のアンケート内容を参考にしながら、ご自身に合ったベストなペット保険を選んでくださいね。

アンケート概要はこちらをご覧ください。

注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2019年8月23日現在の内容です。

ペット保険比較に欠かせない得するコラム

ペット保険のわかりやすいコラム記事を用意しました。ペット保険プランを検討する前にぜひご覧ください。

ペット保険でよくあるトラブルまとめ!知っておくべき回避方法とは? 高齢犬、高齢猫でもペット保険に入れる?各社の上限は何歳まで!? 猫に保険は必要?賛成と反対それぞれの言い分と加入する際の注意点は? 得するコラムをもっと見る

ペット保険会社の特徴

ペット保険会社の補償内容はカンタンに一気に知りたいけど確認できるサイトはないかな?各社の特徴やメリット、そして加入前に確認したい注意点をしっかり理解して、ペット保険比較を行っていきましょう!

PSのペット保険。加入前に知っておきたい注意点は?コスパが魅力! 楽天のペット保険。加入前に知っておきたい注意点は?500円〜の安さは魅力! 猫に保険は必要?賛成と反対それぞれの言い分と加入する際の注意点は? ペット保険会社をもっと見る