前提知識

ペット保険の告知義務とは?違反したらどうなる?

ペット保険に加入するとき、ペットの種類や健康状態等を保険会社に伝えなける必要があります。これを「告知義務」と言います。誤った告知をしてしまった場合、故意だったかどうかにかかわらず、保険金が支払われないことがあります。

本日は、告知義務と違反してしまった場合どうなるのかについて詳しく説明します!

ペット保険の告知義務とは?

ペット保険を新規で契約するとき、ほとんどの場合で保険会社に「告知書」と呼ばれる書類を提出することになります。
なぜ提出しなければならないかというと、ペット保険は、他の多くの保険と同じで、多くの人々が保険料を出しあって支え合う「相互扶助」で成り立っているからです。

「相互扶助」のためには、保険加入者の保険料負担は公平でなければなりません。
例えば、既に病気になってるペットがそうでないペットと同じ条件でペット保険に加入するとなると不公平になりますよね。相互扶助ではなくなってしまいます。
保険会社は、「病気やケガになるリスクの高いペットには高い保険料、低いペットには低い保険料」というようにして、保険加入者の公平性を保つ必要があります。

そのための情報が、保険加入者による「告知」というわけです。

告知の内容によっては、加入できない場合や、「特定の病気を補償しない」という特約を付けての加入になる場合がありますが、これは公平性を保つための仕組みなのです。

何を告知するの?

細かくは各社・各プランで異なっていますが、主に次のような事柄を告知することになります。

ペットの種類・品種

闘犬用、賭犬、猟犬などに当てはまるとそもそも加入できません。

ペットの年齢

不明の場合は、動物病院で推定年齢を出してもらいましょう。

ペットの健康状態

現在の健康状態や、特定の病気の既往歴(これまでにかかった病気)など。

他の保険契約等に関する事項

例えば、「他のペット保険にすでに加入しているかどうか」など。

告知義務に違反したらどうなる?

「故意」または「重大な過失」によって事実を告げなかった場合、または事実と異なることを告げた場合、保険会社はその保険契約を解除することができます。契約が解除された場合、保険金は支払われません。また、既に保険金が支払われていた場合、返還を請求されることもあります。

なお、解除は通常、保険会社が解除の原因があることを知った時から1ヶ月を経過した場合、または保険契約締結時から5年を経過した場合、適用されません。

まとめ:告知義務は必ず守りましょう!

ペット保険に加入する際、基本的に告知義務があります。
ペット保険会社は告知の内容について、必要に応じて調査を行います。違反していたら大半の場合バレますので、嘘をついて良いことは何もありません。
自身のペットのため、そしてペット保険の公平性を維持するために、正直に告知を行うようにしましょう。