ペット保険は病気でも入れるもの?ペットの持病とペット保険について解説

ペット保険を検討する上で、既に病気やケガを患った経験がある子、現在治療中・経過観察中の子もいるかと思います。

そんな時「うちの子、ペット保険に加入できるかな?」って心配になりますよね。

もし加入できなかった場合は、保険の補償を受けることができないため、治療費等は全て飼い主の自己負担となります。

そのため「やっぱり諦めるしかないか…」と思う飼い主もいるかもしれませんが、実は加入できる可能性は全くの0ではありません!

今回は、既往症や先天性疾患のあるペットがペット保険に加入することができるのかについて解説していきたいと思います。

ペットの病気やケガ、または現在治療中でもペット保険って入れるの?

ペット保険を検討中の飼い主の皆さま、ご自宅にいるペットは健康ですか?

ペット保険に加入する上でまず1番大事なのは『健康体であること』

そのため、本来はペットが病気やケガをしたことがある、または現在治療中の場合は加入をする事自体が難しいかもしれません。

「じゃ、加入前に『うちの子は健康です』と言っておけば分からないんじゃない?」

そう思う方もいるかも知れませんが、ペット保険に入る上でペットの健康状態を正確に伝える必要があるのです。

ペット保険に入る場合は必ず『ペットの健康状態を正確に伝える』義務がある

では、何故ペット保険に加入する上で必ずペットの健康状態を正確に伝える必要性があるのでしょうか。

その理由は『告知義務』があるからです。

告知義務とは、分かりやすく言うと各保険会社が定めている『約束ごと』です。大まかな内容としては…

  • ペットの年齢
  • 過去~現在までの病歴の有無
  • 犬種・猫種などの動物の種類や品種
  • 体重
  • ワクチン接種状況
  • 過去3ヶ月以内に予防接種以外の目的で動物病院にかかったことの有無

などがあります。

これらのペットに関する情報は必ず保険会社に告知する義務があります。

万が一、これらの内容に嘘偽りがあった場合、保険金が支払われないのは勿論のこと、契約解除されたり法律により罰せられたりする恐れがありますので、必ず正しい情報を伝えるようにしましょう。

ペット保険違反、病歴や嘘がバレるとどうなる?実は告知義務、免責の回避方法がある?

持病や遺伝性の病気、または過去に病歴があってもペット保険には加入できるの?

告知義務のある病気やケガとは一体どのような症状のことを指すのでしょうか。

ペット保険に加入する場合は必ず、既往症(きおうしょう)や先天性疾患について申告しなくてはいけません。

  • 既往症
    現在完治しているが、過去にかかったことのある病気
  • 先天性疾患
    生まれつき持っている病気

これらの内容は必ず告知する義務があり、ペットに既往症や先天性疾患があるとペット保険に加入することができない恐れもあります。

「じゃ、うちの子はペット保険を諦めるべきなの?」

そう思ってしまいますよね。でもご安心ください。

既往症や先天性疾患があっても加入できる場合もあるのです。

ペット保険には2通りのパターンがあります。

  1. 一度でも発症してしまったら加入できない場合
  2. 条件付きであれば加入することができる場合

例えば①の場合、代表的な病気としては『悪性腫瘍=がん』などがあります。

過去に一度でも発症したことがある場合は、例え摘出手術をしていたとしても加入できない恐れがあります。

一方②の場合は、その病気にかかる医療費以外を補償するなどの条件(特定傷病除外特約)に承諾すれば加入できる場合があるのです。

但し気を付けるべき点としては、各保険会社によって審査内容が異なるため②の条件を承諾したとしても加入できない場合がありますので、注意が必要です。

持病や遺伝性の病気、または過去に病歴があったとしても条件付きで加入できるペット保険があるって本当?

上記の飼い主さんの様に、既往症や先天性疾患があっても条件付きで加入ができるペット保険はどれくらいあるのでしょうか。

ペット保険会社による加入条件や告知方法などから比較をしてみました。

会社名(順不同) 獣医師の診断書の提出義務
アイペット 提出必要なし
アクサ 満9歳以上については、
健康診断の受診が必須。
アニコム 提出必要なし
アニマル
倶楽部
下記年齢以上の犬・猫は告知書での回答と
弊社所定の健康診断書
(血液検査等)が必要。
(1)小型犬 6歳 (2)中型犬 6歳 (3)大型犬 6歳 (4)猫 6歳
イーペット 提出必要なし
ペッツベスト 健康診断書は以下の場合に必要
犬 Aグループ 10歳以上
犬 Bグループ 8歳以上
犬 C,D グループ 5歳以上
猫 8歳以上
ペット&
ファミリー
提出必要なし
ペットプラス 満7歳以上でプラチナプラン90%もしくはゴールドプラン90%
をご希望の場合のみ、
株式会社指定の健康診断書の提出が必要
楽天 提出必要なし
au 提出必要なし
FPC 提出必要なし
PS 提出必要なし

もしあなたのペットが『加入できない可能性が高い病気やケガ』に該当する既往症を患っていたとしても、審査内容によっては加入できるかもしれません。

「どうせ無理だよ…」と思わず、諦めないで一度申し込みをしてみることをおすすめします。

但し、各保険会社や審査内容によっては加入条件が異なる場合がありますので、上記の表一覧に掲載されている病気やケガであっても加入できない恐れがありますのでご注意くださいね。

過去に治療歴があっても大丈夫!!条件なしで加入できる場合もある

ここまでで条件付きで入れる病気と、加入自体できない病気があることはわかったかと思います。

しかしながら、できるなら条件を付けずにペット保険に入りたいですよね。

持病や過去に病歴があっても条件なしで加入できるペット保険はないのでしょうか。

実は条件なしで加入ができるペット保険が存在するんです!

Twitterでの情報を見てみましょう。どうやら条件を付けないで加入できたみたいですよ。

上記の飼い主さんたちの話しを読んでみると、病気やケガが完治していて尚且つ、時間をおいて再度チャレンジしてみた結果、無事に通常加入ができたようです。

仕方がなく条件付きで加入するか、もしくは時間をおいて再度チャレンジしてみるかは個人の自由となりますが、一度試してみてもよいかもしれませんね。

まとめ|ペット保険に入れるか悩む前にまずは申し込みをしてみよう!!

現在ペットが既にかかっている病気(既往症)があったとしても「加入できない」と明言されているものを除けば、条件付きで加入できる可能性があります。

「この病気やケガを患ったけど、加入できるかな?」

と考えたら、一度申請してみることをおすすめします。

また一度申請して免責を付けられたとしても、完治している病気であれば時間を置いて再度申請してみましょう。

もしかしたら普通に加入できるかもしれませんよ?

何事も諦めずにチャレンジしてみることが大事と言えそうですね。

注意事項(※必ずご確認下さい)
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2020年1月15日現在の内容です。

あなたにおすすめの記事

ペット保険でよくある「トラブル・免責」まとめ!知っておくべき回避方法とは? ペット保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 ペット保険会社一覧 特徴・注意点もまるわかり! 【2020年版比較】ペット保険のおすすめはこれだ!40以上のプランから選ぶ方法とは?