【2020年最新】日本のペット保険加入率は9%!?加入率はまだまだ上昇中

1980年代後半のバブル景気以降、ペットブームが止まない日本。

日本で飼われている犬が約890万頭、猫は約964万匹も飼われていると言われています。

しかしペット保険に対する意識はまだまだ低いのが現状です。

なぜ、日本ではペット保険に加入している人が少ないのでしょうか。

今回は、日本のペット保険加入率の状況から世界のペット保険加入率まで目を向け、これから日本とペット保険はどのように変わっていくのかを見ていきましょう。

最新のペット保険加入率、日本は9.1%と上昇!

最新のデータ※2によると 2018年の加入率は全体で約9.1%

2016年が6.9%、2017年が8.0%だったことを考えると年々加入率は上昇してきています。

しかし、世界のペット保険加入率を見てみると、圧倒的に加入率が高いスウェーデンであれば約40%以上の人がペット保険に加入しているそうです。

※2.アニコムグループ中期経営計画2019-2021(2019年5月9日)より

日本がペット保険の加入率が低いのは意識の低さ?

スウェーデンでは約半数の人が加入しているペット保険。では何故、日本はこんなにも他国よりも加入率が低いのでしょうか。

その理由は大きく分けて2つに分けられると考えられます。

ペット保険加入率が低い原因 
  1. ペット保険の認知度の低さ
  2. ペットの医療費について知られていない

①ペット保険の存在が広く認知されていない

加入率が高いスウェーデンでは、ペットは家族の一員という意識が強く「ペットを飼う=ペット保険に加入する」は当たり前です。

一方、日本はペット保険の存在をまだ知らない方が多く、ヨーロッパと比べてペットに対する意識の違いもあることから低い加入率になっているようです。

②ペットにかかる医療費が高いことを知らない

最近では医療の高度化で治療費が高額になり、手術で数十万、検査だけでも1万円を超えることも少なくありません。

ペットにかかる医療費が高いことを知らず「ペットに保険なんて…」とペット保険に必要性を感じていない方も多くいるのが現状です。

これから日本も加入率が増えていく?ペット保険市場の拡大と増加予想について

まだまだペット先進国であるヨーロッパと比べ、ペット保険に関して遅れを取っている日本ですが、ペット保険の認知度は年々上昇傾向にあるようです。

それがよく分かるのは、ペット保険の市場規模の拡大。

2013年では推計298億円の保険料収入でしたが2017年は推計581億まで上がり、2019年には785億円と予想されていると言われています。※3

今後、更にペット保険の需要が高まっていき加入率も高くなっていくのではないでしょうか。

※3.アニコムグループ中期経営計画2019-2021(2019年5月9日)より

ペット保険の歴史・他国の加入率

ここではペット保険の歴史や他国の現状について見てみましょう。

世界で最初にペット保険を販売した国は『スウェーデン』?!

ペット保険が誕生したのは今から約130年前、北欧のスウェーデンで動物の保険が販売されました。

この当時は主に家畜動物や馬などが対象の保険でした。

それから30年後の1924年犬を対象としたペット保険、48年後の1972年には猫の保険も誕生しました。

日本でのペット保険の歴史はまだ16年ほど…ペット先進国であるヨーロッパに遅れを取っている?

では私たちが暮らす日本では、いつ頃ペット保険が販売開始されたのでしょうか。

日本ではアメリカやカナダよりも遅い1995年。

今から約25年前に日本ペットオーナーズクラブの野川亮輔氏により『ペット共済制度』として販売されたのが始まりだと言われています。

この当時はまだ、保険に対しての法律が規制されていなかったため、誰でも簡単にペット保険を販売することが出来た時代でした。

中には悪徳商法でペット保険を販売する業者もいました。

そこで、2006年に保険業法が改正され、ペット保険は損害保険会社や少額短期保険業者のみが扱うようになりました

今では10社以上の保険会社がペット保険を販売しています。※5
>※5.2005年の保険業法改正前は、取扱保険会社は0社でした。

ペット保険の加入率。日本は他国との遅れを取り戻せるか


日本はまだまだ、ペット先進国であるスウェーデンなどのヨーロッパに遅れを取っています。

しかし近年、ペットの高齢化や医療成長に伴い、ますますペット保険の需要は高まることは間違いありません。

自分の大切な家族であるペットが急病になった時のことを考えて、ペット保険加入を考えてみてはいかがでしょうか。

【ペット保険の選び方】保険会社が隠したいデメリットとは?|ペット保険比較の方程式
注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2020年1月15日現在の内容です。

あなたにおすすめの記事

ペット保険でよくある「トラブル・免責」まとめ!知っておくべき回避方法とは? ペット保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 ペット保険会社一覧 特徴・注意点もまるわかり! 【ペット保険の選び方】保険会社が隠したいデメリットとは?|ペット保険比較の方程式

ペット保険の加入率について飼い主の皆さんはどう感じているの??