小動物が入れるペット保険3社を徹底比較!小動物ごとにおすすめペット保険は違う!

大事な家族のためにもペット保険を検討してみませんか?

今回は「エキゾチックアニマル(小動物)でも入れる保険はあるのか?!」にスポットをあててご紹介したいと思います。

うさぎや鳥類におすすめのペット保険はズバリ『アニコム』がおすすめ!!

小動物が入れる保険はアニコム(2プラン)と日本アニマル倶楽部(最大4プラン)の2社のみ!

小動物ペット保険各社の対象動物

※表は横にスクロールできます。

保険会社名 対象動物
アニコム 犬・猫・鳥・うさぎ・フェレット
アニマル倶楽部 犬・猫・うさぎ・フェレット・チンチラ・ハリネズミ・リス・モモンガ・モルモット・ハムスター・カメ
・イグアナ・オウム・ヨウム・ブンチョウ・サイチョウ・カナリア・インコ・ジュウシマツ

ウサギと鳥類のペット保険は『アニコム』がおすすめ、フェレットなら貯金がおすすめ

アニコムの特長とメリット
・通院+入院+手術をカバー
・窓口精算とLINE請求が可能
・ペット賠償責任特約の付帯ができる
・付帯サービスとして“腸内フローラ測定”が無料で付いてくる

アニコムの注意点とデメリット
・加入できるの小動物は「うさぎ」「フェレット」「鳥」の3種類のみ
・全額補償でなく、補償割合は2種類から選ぶ
・新規加入は満3歳11ヶ月までだが終身継続が可能
・前年の利用回数によって保険料が下がったり上がったりする

日本アニマル倶楽部の特長とメリット
・100%補償
・うさぎ等小動物プランは全部で4つ。鳥類・爬虫類プランは全部で2つ。それぞれ目的ごとに応じたプランがある
・保険料が一律の定額制
・新規加入可能年齢は種類ごとによって異なる
・診断書費用保険がある
・通院と入院の回数制限はアニコムと比べて優れている

日本アニマル倶楽部の注意点とデメリット
・終身保険ではない
・後日精算
・アニコムと比べ、100%補償にも関わらず全体的に日額補償が低い

小動物のペット保険に関する飼い主さんたちの声を聞いてみよう!!

ペット保険は犬や猫だけのものではない!

「ペット保険」と聞いたり、調べたりすると圧倒的に多いのが犬猫タイプのものばかり。エキゾチックアニマルと呼ばれる小さな動物たちのペット保険はないの?って思ってしまいますよね。

実は、ちゃんとあるんです!!うさぎを始め、フェレットや鳥、爬虫類などが入れるペット保険はきちんと実在します。

しかし、現在飼っている小動物たちを対象としたプランを扱っている保険会社は、現時点でたった2社のみ…※1

この貴重な2社のペット保険、どのような補償内容や保険料で販売をしているのでしょうか。

※1.小動物向けのペット保険としてアイペットの「うちの子キュート」やアニコムの「どうぶつ健保はっぴぃ」がありますが、加入条件が店頭のみ(購入時のみ)のため、今回は含んでおりません。

ペット保険といえば?!ペット保険シェアNO.1アニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ』

アニコム「ふぁみりい」補償内容

シェアNO.1を誇るアニコムでは「ふぁみりぃ」「しにあ」「ぷち」といった3種類のプランがありますが、うさぎやフェレット、鳥といった小動物は『ふぁみりぃ』のみの加入となります。

特長とメリット
・通院+入院+手術をカバー
・窓口精算とLINE請求が可能
・ペット賠償責任特約の付帯ができる
・付帯サービスとして“腸内フローラ測定”が無料で付いてくる

注意点とデメリット
・加入できるの小動物は「うさぎ」「フェレット」「鳥」の3種類のみ
・全額補償でなく、補償割合は2種類から選ぶ
・新規加入は満3歳11ヶ月までだが終身継続が可能
・前年の利用回数によって保険料が下がったり上がったりする

アニコム「ふぁみりぃ」の保険料
※表は横にスクロールできます。

アニコム損害保険株式会社
「どうぶつ健保ふぁみりぃ」
プラン名 ふぁみりぃ70%プラン ふぁみりぃ50%プラン
補償割合 70% 50%
通院 14,000円まで(20日/年) 10,000円まで(20日/年)
入院 14,000円まで(20日/年) 10,000円まで(20日/年)
手術 140,000円まで(2回/年) 100,000円まで(2回/年)
年間支払限度額 840,000円 600,0000円
新規加入可能年齢 3歳11か月 3歳11か月
継続可能年齢 終身で継続可能 終身で継続可能
健康割増引 あり あり

アニコム「ふぁみりぃ」 70%プランの保険料
※表は横にスクロールできます。

年齢 払込方法 うさぎ フェレット
0歳 月払 2,820円 3,270円 3,360円
年払 30,750円 35,680円 36,690円
1歳 月払 2,820円 3,340円 3,430円
年払 30,750円 36,470円 37,370円
2歳 月払 2,820円 3,660円 4,160円
年払 30,750円 39,980円 45,400円
3歳 月払 2,820円 4,050円 5,450円
年払 30,750円 44,160円 59,400円

アニコム「ふぁみりぃ」 50%プランの保険料
※表は横にスクロールできます。

年齢 払込方法 うさぎ フェレット
0歳 月払 2,130円 2,460円 2,500円
年払 23,220円 26,820円 27,310円
1歳 月払 2,130円 2,500円 2,560円
年払 23,220円 27,310円 27,950円
2歳 月払 2,130円 2,730円 3,090円
年払 23,220円 29,820円 33,700円
3歳 月払 2,130円 3,010円 4,010円
年払 23,220円 32,800円 43,700円

※4歳以降の保険料はコチラからご確認ください。

特長とメリットについて解説!4つの良さが引き立つ補償内容とは?

①通院+入院+手術をカバー

鳥・うさぎ・フェレットが加入できるアニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ』は、通院+入院+手術の3つを補償する保険プランです。

万が一大切なペットが病気やケガをしても、安心して治療に専念ができそうですね。

②窓口精算とLINE請求が可能

アニコムは、数あるペット保険の中でも圧倒的NO.1と言っていいほど、窓口精算に対応する病院数が多いのが特長です。何とその数全国で約6,300件以上!※2その便利さから、社絵数がNO.1なのも頷けます。

また万が一、かかりつけの動物病院がアニコムの窓口精算に対応していなくても大丈夫!LINEで簡単に保険金請求をすることが可能です。最短1分で済むので、書類を記載して郵送する手間いらず!気軽にできる良さが指示されています。

※2.2020年1月15日時点

【ペット保険の窓口精算の注意点】は口コミから見えてくる!対応している3社比較

③ペット賠償責任特約の付帯ができる

有料オプションでありますが、月払140円(年払1,500円)を主契約にプラスするだけで、1事故につき最大1,000万円までの補償を付けることができます。※3

臆病で他人を噛む恐れがあったり、すばしっこくて散歩で他人のものを壊してしまったり恐れがある子は、アニコムで契約する際に合わせて加入すると心強いですね。

※3.ただし、1事故につき3,000円の自己負担額とします。

ペット保険の「特約」って本当に必要?有料オプションとして追加するほどではない!

④付帯サービスとして“腸内フローラ測定”が無料で付いてくる

今や人を始め、ペットたちも健康診断を受ける時代。アニコムでは、毎年腸内フローラ測定を受けることができ、病気のなりやすさを無料で判定することができます。

さらに測定結果に応じて動物病院での健康診断(血液検査)を無料で受けることができるため、とてもお得です。

注意点とデリットの解説!!これを見忘れたら損をするかも!?

①加入できるの小動物は「うさぎ」「フェレット」「鳥」の3種類のみ

ペットショップや取扱販売店(ペット購入時のみ)でしか加入ができないアニコムの『どうぶつ健保はっぴぃ(通称ミニまる)』の場合、うさぎ・フェレット・モモンガ・リス・ハムスター・ネズミ・モルモット・ハリネズミ、鳥、はちゅう類(カメ・トカゲ)といった小動物たちが加入できますが『どうぶつ健保ふぁみりぃ』は鳥、うさぎ、フェレットの3種類のみ。

それ以外の小動物は加入できませんので、注意が必要です。

ハムスターにおすすめのペット保険はアニコム!終身継続補償が比較のポイント! 【フェレットにおすすめのペット保険】フェレットに保険は必要? インコのおすすめペット保険|各社の補償を徹底比較!治療費や掛かりやすい病気から考える

②全額補償でなく、補償割合は2種類から選ぶ

アニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ』は、補償割合が70%と50%の選べる2つのプランがあります。

しかし、補償割合が高いと言うことはそれだけ保険料も高くなるということ。また後程説明をしますが、日本アニマル倶楽部のように補償割合が100%ではないため、自己負担額はどうしても発生してしまいます。

【関連記事】補償割合

③新規加入は満3歳11ヶ月までだが終身継続が可能

アニコムの場合、鳥・うさぎ・フェレットが新規で加入できる年齢は満3歳11ヶ月まで。そのため、4歳以降は加入することができません。

ただし原則、終身継続が可能ですので、ペットをお迎えしたらなるべく早く加入をすることをおすすめします。

④前年の利用回数によって保険料が下がったり上がったりする

※表は横にスクロールできます。

通院・入院日数/手術回数 0回 1~5回 6~19回 20~39回 40回以上
割増引率 10%割引 5%割引 割増引なし 20%割増 50%割増

アニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ』のみの制度でありますが、ペット保険の利用状況に応じて翌年度の保険料が安くなったり、高くなったりします。

そのため、前年度にたくさん保険を利用してしまった場合は、保険料が最大50%割増になるため注意が必要です。

ただ1回も利用しなかった場合は保険料が10%割引されますので、なるべくペットには健康でいてもらいたいですね。

補償割合100%は魅力的♪日本アニマル倶楽部の『プリズムコール』

「日本アニマル倶楽部」の補償内容

日本アニマル倶楽部の『プリズムコール』には、「うさぎ等小動物プラン」と「鳥類・爬虫類プラン」の2つプランに分かれています。

特長とメリット
・100%補償
・うさぎ等小動物プランは全部で4つ。鳥類・爬虫類プランは全部で2つ。それぞれ目的ごとに応じたプランがある
・保険料が一律の定額制
・新規加入可能年齢は種類ごとによって異なる
・診断書費用保険がある
・通院と入院の回数制限はアニコムと比べて優れている

注意点とデメリット
・終身保険ではない
・後日精算
・アニコムと比べ、100%補償にも関わらず全体的に日額補償が低い

うさぎ等小動物プラン 補償内容・保険料
※表は横にスクロールできます。

日本アニマル倶楽部
うさぎ等小動物プラン
プラン名 グリーンプランⅡ オレンジプランⅡ ブループランⅡ ホワイトプランⅡ
保険料(月払い) 4,230円 3,670円 2,270円 1,910円
保険料(年払い) 46,560円 40,400円 24,940円 21,080円
補償割合 100% 100% 100% 100%
通院 5,000円まで
(60日/年)
4,000円まで
(30日/年)
3,000円まで
(20日/年)
入院 10,000円まで
(60日/年)
8,000円まで
(30日/年)
5,000円まで
(20日/年)
10,000円まで
(30日/年)
手術 90,000円まで
(2回/年)
60,000円まで
(2回/年)
150,000円まで
(2回/年)
年間支払限度額 109万円 49万円 16万円 61万円
新規加入可能年齢 ペットの種類による
継続可能年齢 新規加入可能年齢と同じ
診断書費用保険金 年間10,000円 年間10,000円 × 年間10,000円

うさぎ等小動物プラン 新規加入・継続可能年齢
※表は横にスクロールできます。

うさぎ等小動物プランの新規加入・継続可能年齢
うさぎ 満11歳未満
フェレット/チンチラ/デグー 満5歳未満
ハリネズミ/リス/モモンガ/プレーリードッグ 満4歳未満
モルモット 満3歳未満
ハムスター 満2歳未満

※生後30日から上記年齢まで加入

鳥類・爬虫類プラン 補償内容・保険料
※表は横にスクロールできます。

日本アニマル倶楽部
鳥類・爬虫類プラン
プラン名 グリーンプランⅡ ホワイトプランⅡ
保険料(月払い) 4,230円 1,910円
保険料(年払い) 46,560円 21,080円
補償割合 100% 100%
通院 5,000円まで
(60日/年)
入院 5,000円まで
(30日/年)
10,000円まで
(30日/年)
手術 30,000円まで
(2回/年)
120,000円まで
(2回/年)
年間支払限度額 52万円 55万円
新規加入可能年齢 ペットの種類による
継続可能年齢 新規加入可能年齢と同じ
診断書費用保険金 年間10,000円 年間10,000円

鳥類・爬虫類プラン 新規加入・継続可能年齢
※表は横にスクロールできます。

鳥類・爬虫類プランの新規加入・継続可能年齢
オウム/ヨウム 満20歳未満
ブンチョウ/サイチョウ/カナリア/インコ 満9歳未満
ジュウシマツ 満5歳未満
カメ 満15歳未満
イグアナ 満10歳未満

※生後30日から上記年齢まで加入可能

また各プランを簡潔に言うと、下記の内容となります。

●通院・入院・手術をフルカバー
グリーンプランⅡオレンジプランⅡ
●保険料がリーズナブル且つ、通院・入院補償が受けられる
ブループランⅡ
●入院・手術に特化
⇒ホワイトプランⅡ

アニマル倶楽部6つの特長とメリット

①100%補償

日本アニマル倶楽部の最大の特長とも言えるのが、何といっても『補償割合が100%』!!各プランの補償限度額まで治療費の実施を支払ってくれます。※1

アニコムを始め、他社では50%や70%などの補償割合が多い中、補償割合が100%というのは中々ありません。かなり手厚い補償割合となっている!と言えるのではないでしょうか。

※1.補償限度日数(回数)があります。

②うさぎ〜プランは4つ。鳥類〜プランは2つ。それぞれ目的ごとに応じたプランがある

日本アニマル倶楽部の場合、うさぎやフェレットなどの小動物以外にも、鳥類や爬虫類も対応しているペット保険です。

しかも小動物の種類によって選べるプラン数が異なり、うさぎ等小動物プランでは4つ、鳥類・爬虫類プランでは2つのプラン内容から選ぶことができます。

選択肢があることで、自分に合ったプランを選べるのはありがたいですよね。

③保険料が一律の定額制

引用:日本アニマル倶楽部:ペット保険とは

他社の保険料は年を取るにつれて保険料が右肩上がりで上がっていきますが、日本アニマル倶楽部の場合は保険料が一律。年齢が上がっても変わりません。※2

但し、0歳の時から保険料が一律のため、始めは他社よりも高く感じてしまうことも…それを良しとするかなしとするかは、飼い主さん次第と言えるでしょう。

※2.社会環境の変化等に応じ、収支状況を検証した結果、日本アニマル倶楽部の定めにより、保険契約の更新時に保険料の増額または保険金額の減額をする場合があります。

④新規加入可能年齢は種類ごとによって異なる

アニコムの場合、小動物が新規加入可能年齢が一律の満3歳11ヶ月まででしたが、日本アニマル倶楽部の場合は種類によって新規加入可能年齢が異なります。

そのため、ご自身が飼われている小動物の種類によって確認が必要です。

⑤診断書費用保険がある

ペット保険の場合、保険金請求時に動物病院からの診断書を提出する必要があります。診断書の金額は各動物病院によって異なりますが、大体2,000~3,000円ほど。

高々数千円程度と思いますが、塵も積もれば山となるということわざがあるように、出費は意外と大きいものです。

そんな診断書の費用ですが、日本アニマル倶楽部であればペット保険で補償してくれます!少しでも出費を抑えたい人にとっては大変ありがたい補償内容と言えますね。

⑥通院と入院の回数制限はアニコムと比べて優れている

※表は横にスクロールできます。

補償内容 アニコム 日本アニマル倶楽部
ふぁみりぃ70% ふぁみりぃ50% グリーンプランⅡ オレンジプランⅡ ブループランⅡ ホワイトプランⅡ
通院(年間) 20日 20日 60日 30日 20日
入院(年間) 20日 20日 60日/30日※3 30日 20日 30日

※3.鳥類・爬虫類プランの場合は入院補償回数は最大30日までです。

アニコムと日本アニマル倶楽部の通院と入院の補償回数制限を見てみると、一目瞭然!日本アニマル倶楽部のグリーンプランⅡとオレンジプランⅡはアニコムよりも長い日数を補償してくれることがわかります。

ペットの慢性的な病気により、通院や入院する回数が心配な方にとってはかなりホッとする補償内容ではないでしょうか。

ここは気を付けて!アニマル倶楽部3つの注意点とデメリット

①終身保険ではない

日本アニマル倶楽部は、アニコムと違い終身継続をすることができません。そのため、継続可能を過ぎてしまうと退会を余儀なくされてしまいます。

年を取るにつれて病気やケガのリスクが高まることを考えると、心配の種と言えそうです。

②後日精算

日本アニマル倶楽部の保険金請求は『後日精算』。そのため、一度かかった治療費を全額支払った上で後日保険金請求をする手順があり、少々手間がかかります。

また、請求から保険金が支払われるまでの目安が原則30日以内。約1ヶ月は待たなければならないため、ペット保険に入っていたとしてもある程度の貯蓄は必要と言えるでしょう。

③アニコムと比べ、100%補償にも関わらず全体的に日額補償が低い

※表は横にスクロールできます。

補償内容 アニコム アニマル倶楽部
ふぁみりぃ70% ふぁみりぃ50% グリーンプランⅡ オレンジプランⅡ ブループランⅡ ホワイトプランⅡ
通院 14,000円 10,000円 5,000円 4,000円 3,000円
入院 14,000円 10,000円 10,000円/5,000円※4 8,000円 5,000円 10,000円
手術 14,000円 10,000円 90,000円/30,000円※4 60,000円 150,000円/120,000円※4
年間支払限度額 84万円 60万円 109万円 49万円 16万円 61万円

※4.鳥類・爬虫類プランの場合です。

日本アニマル倶楽部の補償割合は100%ではありますが、実際1日に使える上限額をアニコムと比較してみましょう。

通院や入院に関する日額補償をアニコムと比べると、日本アニマル倶楽部は低いことがわかります。そのため、例え補償割合が100%だからと言って、補償内容が圧倒的に良いとは言い難いことがわかります。

アニコムとアニ倶楽、選ぶならどっち??鳥とうさぎなら断然『アニコム』がおすすめ!フェレットなら『貯金』

ここまでに小動物たちのペット保険について2社の特長や注意点などを見て来ましたが、やはり1番気になるのは『選ぶならどっちのペット保険が良いのか』ですよね。

今回ペット保険の方程式がその答えを導き出してみました!では、どちらの保険会社がベストなのでしょうか。

鳥とうさぎなら『アニコム』がおすすめ!!その理由はなんと言っても“便利さ”

結論から言うと、鳥とうさぎの場合ペット保険を選ぶなら『アニコム』がおすすめです。まずは鳥やうさぎの平均寿命とアニコムと日本アニマル倶楽部での保険料を見てみましょう。

【鳥の保険料を比較】
※表は横にスクロールできます。

年齢 払込方法 アニコム アニマル倶楽部
ふぁみりぃ70% ふぁみりぃ50% グリーンプランⅡ ホワイトプランⅡ
0歳 年払 30,750円 23,220円 25,310円 19,400円
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
9歳
10歳

【うさぎの保険料を比較】
※表は横にスクロールできます。

年齢 払込方法 アニコム アニマル倶楽部
ふぁみりぃ70% ふぁみりぃ50% グリーンプランⅡ オレンジプランⅡ ブループランⅡ ホワイトプランⅡ
0歳 年払 35,680円 26,820円 46,560円 40,400円 24,940円 21,080円
1歳 36,470円 27,310円
2歳 39,980円 29,820円
3歳 44,160円 32,800円
4歳 45,320円 33,330円
5歳 49,920円 36,620円
6歳 54,940円 40,210円
7歳 60,380円 44,090円
8歳 66,240円 48,280円
9歳 72,520円 52,760円
10歳 76,230円 55,910円
11歳 77,740円 56,980円
12歳 78,880円 57,790円

①長く加入できるのはどっち?

今回は鳥の中でもインコの平均寿命と、うさぎ全般の平均寿命を調査したところ、インコとうさぎは共に平均8歳ということがわかりました。

そうなると、アニコムと日本アニマル倶楽部はどちらも平均寿命まではペット保険に加入することができます。しかし日本アニマル倶楽部の場合、9歳以降は退会せざるを得ないため、終身継続が可能なアニコムと比べると不利と言えるでしょう。

ここでは『アニコム』が1勝

②補償内容の手厚さはどっち?
また補償内容を見てみましょう。補償割合や範囲が共に違うため「ズバリこっち!」とは言い切れません。あくまでも、好みの問題となるからです。

例えば、アニコムのどうぶつ健保ふぁみりぃの50%と70%では、日額補償は充実していますが、日本アニマル倶楽部は補償割合が100%ではありますが、日額補償が少ないと言えます。そのため、何を基準に考えるかによって選ぶものが変わってくるということが分かります。

ここでは両社引き分け

③保険料が安いのはどっち?
日本アニマル倶楽部が8歳までしか保険料の提示がありませんので、両社で一番高いプランのうさぎの0~8歳まで加入した場合のトータル金額を算出してみました。

【条件:通院・入院・手術をフルカバーするプラン】

アニコム(ふぁみりぃ70%の場合):8年間で総額400,970円

日本アニマル倶楽部(グリーンプランⅡの場合):8年間で総額372,480円

その結果、アニコムよりも日本アニマル倶楽部の方が28,490円安いことがわかります。

但し、先述でもお伝えした通り補償割合や範囲が異なります。そのため、今回は保険料だけで見るとすると『日本アニマル倶楽部』が1勝となります。

④便利さはどっち?

アニコムと日本アニマル倶楽部の保険金の受け取り方について見てみましょう。

アニコムの場合、全国に約6,400件以上の動物病院が対応する『窓口精算』。そのため、動物病院での支払いは自己負担額(3割or5割)で済みます。また、かかりつけの動物病院が対応していなくても、LINEで簡単に保険金請求をすることができるので、面倒な書類手続きを省くことができます。

一方、日本アニマル倶楽部の場合は『後日精算』。一度、治療費の全額を支払った後に保険金請求の手続きをしなくてはいけません。

これらを考えると、手軽で便利な保険会社はどっちかと問われたら『アニコム』と言えるでしょう。そのためここでは『アニコム』が1勝となります。

以上のことから、2勝1引き分けで鳥やうさぎのペット保険は『アニコム』がおすすめと言えます。

フェレットはペット保険に加入するよりも『貯金をすること』

では、フェレットの場合はどうでしょうか。
結論、フェレットの場合はペット保険に加入するよりも『貯金』をおすすめします

その理由はフェレットの平均寿命と保険料を見ると一目瞭然と言えるでしょう。

【フェレットの保険料を比較】
※表は横にスクロールできます。

年齢 払込方法 アニコム アニマル倶楽部
ふぁみりぃ70% ふぁみりぃ50% グリーンプランⅡ オレンジプランⅡ ブループランⅡ ホワイトプランⅡ
0歳 年払 36,690円 27,310円 46,560円 40,400円 24,940円 21,080円
1歳 37,370円 27,950円
2歳 45,400円 33,700円
3歳 59,400円 43,700円
4歳 84,890円 61,600円
5歳 103,960円 75,720円
6歳 118,820円 85,110円
7歳 130,810円 93,680円
8歳 138,760円 99,360円
9歳 143,880円 103,010円
10歳 147,070円 105,290円

フェレットの平均寿命は約6~8年と言われています。なのにどうでしょうか、まず気になるのは日本アニマル倶楽部。保険に加入できる期間はわずか3年間。平均寿命の半分までしか加入ができないのです。

フェレットは高齢になるにつれて、インスリノーマや副腎腫瘍などの病気にかかりやすくなります。それにも関わらず、その年齢では退会を余儀なくされてしまうのです。これでは、保険料が無駄になってしまいます。

では、アニコムについてはどうでしょうか。

アニコムの場合、終身継続をすることは可能ですが、4歳以降は急激に保険料が増額します。3歳と4歳での保険料の差はふぁみりぃ70%プランで25,490円も違ってきます。平均寿命8歳の時点でふぁみりぃ50%プランでみても年間10万円近い保険料を支払うことになるのです。

これではさすがに保険料が高すぎです。それであればフェレットのために「もしも貯金」をしてあげた方がよいかもしれません。

そのため、フェレットの場合は結論『貯金』をすることが1番のおすすめと言えるのではないでしょうか。

アニコムや日本アニマル倶楽部で記載のない小動物の場合どうなるの?やっぱりペット保険は入れない??

今回ご紹介した対象の動物や品種以外のペットを飼われている方もいるかと思います。その際「記載のなかった動物は補償対象外なの?」と疑問に思われた方も多いはず。

この件に関しては、アニコムと日本アニマル倶楽部では対象動物以外の品種は加入ができなさそうです。

「うちの子はどうなのかな?」「どうしてもダメなのかな?」と思われた方は、一度各保険会社に問い合わせてみるとよいかもしれません。

小動物が入れるペット保険は2社。鳥とうさぎなら『アニコム』がおすすめ。フェレットは貯金をしよう!!

今回は、うさぎやフェレット、鳥類や爬虫類などのエキゾチックアニマルと呼ばれる小動物たちにベストなペット保険についてご紹介しました。

現状、犬や猫と比べて選べる保険会社やプランが少ないですが、それぞれの保険会社によって特長が異なりますので、ご自身とペットに1番ベストなものを比較しながら検討してみるとよいでしょう。
また、各保険会社によって注意点や決まりごと、保険約款なども異なってきます。そのため、加入する前に必ず一度は確認をするようにしてくださいね。後で「知らなかった」「聞いていない」といったトラブル防止にもなります。
今回の内容をもとにぜひ、大切なペットのためにもペット保険に加入しましょう!

ウサギと鳥類のペット保険は『アニコム』がおすすめ、フェレットなら貯金がおすすめ

アニコムの特長とメリット
・通院+入院+手術をカバー
・窓口精算とLINE請求が可能
・ペット賠償責任特約の付帯ができる
・付帯サービスとして“腸内フローラ測定”が無料で付いてくる

アニコムの注意点とデメリット
・加入できるの小動物は「うさぎ」「フェレット」「鳥」の3種類のみ
・全額補償でなく、補償割合は2種類から選ぶ
・新規加入は満3歳11ヶ月までだが終身継続が可能
・前年の利用回数によって保険料が下がったり上がったりする

日本アニマル倶楽部の特長とメリット
・100%補償
・うさぎ等小動物プランは全部で4つ。鳥類・爬虫類プランは全部で2つ。それぞれ目的ごとに応じたプランがある
・保険料が一律の定額制
・新規加入可能年齢は種類ごとによって異なる
・診断書費用保険がある
・通院と入院の回数制限はアニコムと比べて優れている

日本アニマル倶楽部の注意点とデメリット
・終身保険ではない
・後日精算
・アニコムと比べ、100%補償にも関わらず全体的に日額補償が低い

注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2020年1月30日現在の内容です。

うさぎにペット保険は必要?かかりやすい病気とおすすめの保険を紹介! Private: 鳥におすすめのペット保険とその理由。鳥類は全ての種類加入できる?【2019年最新版】 ハムスターにおすすめのペット保険はアニコム!終身継続補償が比較のポイント! 【フェレットにおすすめのペット保険】フェレットに保険は必要? インコのおすすめペット保険|各社の補償を徹底比較!治療費や掛かりやすい病気から考える