ペット保険で夜間診療費はカバーできる?対応していない会社も【一覧表付き】

夜中に突然ペットの容体が急変!

でも夜間診療に対応している動物病院は、割増料金での対応がほどんどですよね。

お会計時に高額請求にビックリしてしまった!なんてことも。

保険会社によっては夜間診療に対応してないところもあるので要注意!

高額な治療費が急に発生!

そんな時頼りになるのが『ペット保険』です。

しかし、ペット保険は夜間診療費(時間外診療)の補償対象内に入っているのでしょうか。

また、補償対象のペット保険はどれぐらいあるのでしょうか。

愛するペットが夜中にぐったり…あなたならどうする?

愛するペットが夜中にこんな症状を見せた時、あなたならどうしますか?

  • 呼吸が苦しそう(ゼーゼーいっている)
  • 咳が止まらない
  • 激しく嘔吐する
  • けいれんを繰り返す
  • ぐったりしている

「すぐにでも動物病院へ!」って思いますよね。

でも…夜中の23時。

「どうしよう…」とあたふたしてパニックに。

そんな時、あなたとペットの救世主となるのが夜間診療(時間外診療)に対応している動物病院や夜間対応の往診専門の動物病院です。

夜間対応の動物病院は全体の3割

日本全国の動物病院で夜間診療(時間外診療)を行っている動物病院はどれぐらいあるのでしょうか。

平成27年6月に発表された「家庭飼育動物(犬・猫)の 診療料金実態調査及び飼育者意識調査」によると、夜間診療に対応している動物病院は全体の3割程度という結果でした。※1

年々動物病院の数は増えている一方、まだまだ夜間対応を可能とする動物病院は少ないのが現状です。

※1.http://nichiju.lin.gr.jp/small/ryokin_pdf/h27.pdfを参照

夜間診療は通常よりも割高

もし夜間や時間外で動物病院を受診した場合、どれくらいの料金がプラス加算されるのでしょうか。

「家庭飼育動物(犬・猫)の 診療料金実態調査及び飼育者意識調査」※2で見ると、通常の診察料と比べ時間外診療の料金は約30~50%高いことがわかります。

動物病院によっては時間外料金を設けていない所もあるようですが、多くの動物病院では夜間や時間外に診療をした場合割増になることがわかります。

※2.http://nichiju.lin.gr.jp/small/ryokin_pdf/h27.pdfを参照

なぜ動物病院の夜間診療は高いのか

どうして動物病院は夜間や時間外診療が割高で、動物病院によって金額がバラバラなのでしょうか。

時間外診療が昼間に比べて高い理由の1つは、獣医師や動物看護士たちを深夜の時間帯に確保する必要があるからです。

また、動物の治療には公的保険制度がないため、獣医師が自由に価格設定をすることができます。

それによって、病院によって同じ治療内容でも料金がバラバラで、病気によっては想像以上に高額になってしまうことがあるんです。

ペット保険は夜間診療費にも対応できるの!?

現在、ペット保険の販売を行っている保険会社は多数あります。

その中で、夜間診療費が補償されるペット保険はどれぐらいあるのでしょうか。

■夜間診療費が補償されるペット保険
○→対象 ×→対象外

ペット保険会社
(順不同)
夜間診療の
割増費用
日本アニマル倶楽部
ペッツベスト
ペット&ファミリー
SBIいきいき少短
アイペット
×
アクサダイレクト
×
アニコム※3
×
イーペット
×
日本ペットプラス
×
楽天
×
au損保
×
FPC
×
PS保険
×

※3「どうぶつ健保すまいるべいびぃ」、「どうぶつ健保べいびぃ」・「どうぶつ健保はっぴぃ」の 最初の1ヶ月期間を除きます。

現時点で夜間診療費(時間外診療費)が補償対象となるのは4社となっています。

夜間診療費や時間外診療費、休日診療費など時間外診療費として診療費に加算された料金に関しても補償対象となるようです。

そのためペット保険を選ぶ際は、この夜間診療費を補償してくれるか、してくれないかも選ぶ大きなポイントといえますね。

夜間診療に対応している動物病院はどこにある?

夜間診療費を補償してくれるペット保険に加入していても実際、「夜間診療可能な動物病院が近くにあるのかわからない…」そんな方もいるかと思います。

そんな時は下記のサイトを活用して、ご自宅に夜間や時間外対応している動物病院を探してみるとよいかもしれません。

【caloo ペット】

夜間診療対応の動物病院を探す

【EPARK ペットライフ】

夜間診療対応の動物病院(20時以降)

もしも見つからなかった場合は、かかりつけの動物病院に「この辺りで夜間診療に対応している動物病院ってありますか?」と聞いてみてもよいでしょう。

動物病院によっては「診療時間外の診療はこちらに連絡してください」と夜間診療対応の動物病院を事前に教えてくれることもあります。

ペット保険で夜間診療費はカバーできる。対応していない会社もあるから注意

人間の生命保険と同様、ペット保険も「もしも」に備えて入るものです。

そのため、入院・通院・手術などの手厚い補償が受けられるのか確認することも大事ですが、夜間診療費を含めた医療費負担の有無についても視野に入れ、ペット保険を選んでいくとよいでしょう。

何よりも飼い主の負担が軽減されるのと、大切なペットを守るためのペット保険です。

それぞれの保険会社の特長を見た上で、あなたにとって最適なペット保険を選んでくださいね。

注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2019年7月18日現在の内容です。

あなたにおすすめの記事

ペット保険でよくある「トラブル・免責」まとめ!知っておくべき回避方法とは? ペット保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 ペット保険会社一覧 特徴・注意点もまるわかり! 【2020年版比較】ペット保険のおすすめはこれだ!40以上のプランから選ぶ方法とは?