保険比較

アニコムとアイペットのペット保険を徹底比較!どちらが手厚いのか

今回のテーマは、アニコムとアイペットです。

両者のペット保険の内容を比較検討し、違いや特徴を探っていきます。

ペット保険を探し始めたばかりで、アニコムやアイペットという名前を聞いたことあるだけ!という方でも理解できるように詳しく説明していきます。

是非最後まで読んでいただいて、どちらのペット保険が自分に合っているのか探る参考にしてください。

オススメだと思う点に関しては赤字で、イマイチだと思う点に関しては青字で示しています。

アニコムとアイペットの比較

早速本題に入ります。まずは各保険会社について知りたいという方は、それぞれの会社について説明している記事をご覧ください。

今回は通院・入院・手術をいずれも補償する「フルカバー型」のプランを取り上げます。

すなわち、
アニコム「ふぁみりぃ」とアイペット「うちの子」というプランです。

アニコム「ふぁみりぃ」:新規加入は満8歳未満
アイペット「うちの子」:新規加入は満13歳未満

 

他のプランに関しては、会社毎のページなどで詳しいので、そちらをご参照ください。また、ここではいずれのプランも「犬・猫の加入」を前提として話をしていきます。

補償割合

まずは補償割合です。
これは補償の手厚さを示す重要な要素です。
実際に支払われる保険金額は、補償の対象となる診療費に補償割合が掛け合わされて計算されるからです(他の要素が影響することもあります)。

補償割合70% アニコム「ふぁみりぃ」
アイペット「うちの子」
補償割合50% アニコム「ふぁみりぃ」
アイペット「うちの子」

※保険商品の内容の全てを記載しているものではありません。あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。

アニコム「ふぁみりぃ」重要事項説明書
アイペット「うちの子」重要事項説明書

いずれのプランも補償割合は70%と50%の2種類です。
70%は「3割負担」、50%は「半分負担」と考えれば分かりやすいと思います。

ちなみに、アニコムのHPでは、補償割合70%は「しっかり備えて安心な」、50%は「ちょっとお手頃な保険料で備える」と形容されています。
そして、アイペットのHPでは「“補償を充実させたい方”には70%プラン、“保険料を抑えたい方”には50%プラン」がおすすめされています。

つまり、70%の方が補償が充実しているけど、その分保険料は高いよってことです。

当サイトは、手厚い70%の方をまず検討するのが良いのではないかと考えています。しかし、先々のことまで考えたときの保険料負担やその他の事情で50%が良いと思うなら、50%でも問題ないでしょう。優劣はないので、自分に合った方を選んでください。

なお、ペット保険は途中で乗り換えるという手もあるのですが、ペットの健康状態などによっては乗り換えができない場合もあります。ですので、新規加入時から継続加入を前提として、将来のことも見据えて検討するのが良いと思います。

補償内容

補償内容も重要です。
上で「実際に支払われる保険金額は、補償の対象となる診療費に補償割合が掛け合わされて計算される」と述べましたが、実際に支払われる保険金額は「支払限度額」や「限度日数(回数)」が上限となります。
つまり、補償割合を掛け合わせた額が限度額を上回っていた場合、上回った分は自己負担になるということです。また、限度日数を超えた診療費はすべて自己負担になります。

重要な要素であることは分かっていただけると思います。
補償割合別で見ていきましょう。

・補償割合70%

アニコム「ふぁみりぃ」 アイペット「うちの子」
通院 支払限度額 14,000円/日 12,000円/日
限度日数 20日 22日
入院 支払限度額 14,000円/日 30,000円/日
限度日数 20日 22日
手術 支払限度額 140,000円/回 150,000円/回
限度回数 2回 2回

※保険期間は1年間、満期返戻金なし。

※表は保険商品の内容の全てが記されているものではありません。あくまで参考情報としてご利用ください。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。
※記載された保険商品の詳細な内容については、必ず重要事項説明書や約款にて全般的にご確認ください。
アニコム「ふぁみりぃ」重要事項説明書
アイペット「うちの子」重要事項説明書

通院の支払限度額はアニコム「ふぁみりぃ」の方が高いのですが、その他の要素は同じか、アイペット「うちの子」の方が高い&多いです。
総合的にみれば、アイペット「うちの子」の方が手厚いと言えるでしょう。

・補償割合50%

アニコム「ふぁみりぃ」 アイペット「うちの子」
通院 支払限度額 10,000円/日 12,000円/日
限度日数 20日 22日
入院 支払限度額 10,000円/日 12,000円/日
限度日数 20日 22日
手術 支払限度額 100,000円/回 100,000円/回
限度回数 2回 2回

※保険期間は1年間、満期返戻金なし。

※表は保険商品の内容の全てが記されているものではありません。あくまで参考情報としてご利用ください。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。
※記載された保険商品の詳細な内容については、必ず重要事項説明書や約款にて全般的にご確認ください。
アニコム「ふぁみりぃ」重要事項説明書
アイペット「うちの子」重要事項説明書

手術の支払限度額と限度回数に関しては同じですが、その他の要素はアイペット「うちの子」の方が高い&多いです。
総合的にみれば、アイペット「うちの子」の方が手厚いと言えるでしょう。

補償対象外の病気

補償対象外の病気などについても知っておきましょう。
何が補償されて、補償されないのか知らないと、トラブルになりかねませんからね。

とはいえ、全ての病気を網羅することはできません。また、実際の保険金支払いは、補償開始前からの症状か、などを含め保険会社が審査・査定を行ったうえでの判断となります。
ですので、どの病気やケガでも補償されない可能性があることは注意してください。

ここでは約款の「保険金を支払わない場合」の項目に記載のある病気を「補償対象外」として紹介します。

アニコム「ふぁみりぃ」

犬パルボウイルス感染症、犬ジステンパーウイルス感染症、犬パラインフルエンザ感染症、犬伝染性肝炎、 犬アデノウイルス2型感染症、狂犬病、犬コロナウイルス感染症、犬レプトスピラ感染症、フィラリア感染症、 猫汎白血球減少症、猫カリシウイルス感染症、猫ウイルス性鼻気管炎および猫白血病ウイルス感染症など
※ただし、その疾病の発症日がその予防措置の有効期間内で あった場合および獣医師の判断により予防措置を講じることができなかったと認められる場合を除きます。

アイペット「うちの子」

犬パルボウイルス感染症、犬ジステンパーウイルス感染症、犬パラインフルエンザ感染 症、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス2型感染症、狂犬病、犬コロナウイルス感染症、犬レ プトスピラ感染症、猫汎白血球減少症、猫カリシウイルス感染症、猫ウイルス性鼻気管炎 および猫白血病ウイルス感染症など
※ただし、その疾病の発症日がその予防 措置の有効期間内であった場合および獣医師の判断により予防措置を講じることがで きなかったと認められる場合を除きます。

アニコム約款
アイペット約款

改めての注意ですが、上記はあくまで一部です。詳細は約款や重要事項説明書で確認してください。

精算方法

いずれのプランも「窓口精算」に対応しています。

窓口精算・・・動物病院の窓口でペット保険の保険証を提示すると、その場で自己負担分のみを支払うことによって診療を受けられる制度

 

ペット保険は、一旦診療費を全額支払い、その後会社に保険金を請求するという「後日精算」のペット保険が多いです。この方法だと請求が比較的面倒ですよね。窓口精算は手続きが簡単で楽です。

ただし、窓口精算は対応病院でしか利用できないので注意してください。以下のページから検索できるので、加入前に確認しておきましょう。

アニコム対応動物病院を探す
アイペット対応動物病院を探す

保険料

保険料も重要ですよね。しっかり確認しましょう。

「トイプードル(1歳・4歳・7歳)、月払、各種割(増)引制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない」という前提条件で、保険料を比較しました。

・補償割合70%

プラン名 1歳 4歳 7歳
アニコム「ふぁみりぃ」 3,420 4,470 5,650
アイペット「うちの子」 2,850 3,600 4,900

・補償割合50%

プラン名 1歳 4歳 7歳
アニコム「ふぁみりぃ」 2,560 3,310 4,150
アイペット「うちの子」 2,300 2,840 3,780

【前提条件】
・各社の保険料表に基づいて作成。
・トイプードル(1歳・4歳・7歳)、月払、各種割引(割増引)制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない。
アニコム「ふぁみりぃ」保険料表
アイペット「うちの子」保険料表

※保険料は、今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※ペットの健康状態等による引受基準は各社によって異なります。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社にご確認ください。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。

※保険商品の内容の全てを記載しているものではありません。あくまで参考情報としてご使用ください。
※記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。

アニコム「ふぁみりぃ」重要事項説明書
アイペット「うちの子」重要事項説明書

付帯サービスや特約

次は、付帯サービスや選択可能なオプション特約などを見ていきます。

会社名 選択可能なオプション特約 付帯サービス
アニコム「ふぁみりぃ」 ・ペット賠償責任特約
(月払140円・年払1,500円、
1事故につき
最大1,000万円、1事故につき3,000円は自己負担)
・LINEでの保険金請求
どうぶつ健活(腸内フローラ測定)
・どうぶつライフサポートサービス
・Travel With Dog 特典サービス
・どうぶつホットライン
・しつけ・健康相談
・迷子捜索サポート
・ペット探偵による迷子捜索サービス
アイペット「うちの子」 ・ペット賠償責任特約
(月払130円・年払1460円、
1事故につき最大500万円)
・クラブアイペット
・獣医師がお届けする予防情報
・ドッグトレーニングの無料体験
・ペット迷子札の提供

※表は保険商品の内容の全てが記されているものではありません。あくまで参考情報としてご利用ください。
※記載された保険商品の詳細な内容については、必ず重要事項説明書や約款にて全般的にご確認ください。

アニコム「ふぁみりぃ」重要事項説明書
アイペット「うちの子」重要事項説明書

アニコムの「どうぶつ健活」とは、腸内フローラ測定が毎年受けられるという制度です。腸内フローラ測定を行うと、病気のなりやすさが判定され、場合によっては健康診断を受けることができます。

保険と言えば「ケガや病気をした後」に補償を受けることができる制度ですが、どうぶつ健活は「ケガや病気する前」の予防に役立ちます

他にも様々なサービスがあり、アニコムの付帯サービスは充実しています。

 

「ペット賠償責任特約」(個人賠償責任特約)について説明しておきます。
「ペット賠償責任特約」とは、ペットが他人のものを壊してしまったり、相手にけがをさせてしまったりしたときに補償される特約です。
賠償は非常に高額になることがあるから、つけておくと安心だと思います。

ただ、この特約は自動車保険や火災保険など様々な保険でつけることができる特約です。自身が加入している保険で既にカバーされているということもありますし、ペット保険ではなく自動車保険や火災保険で加入した方が広範囲でカバーできるということもあります。

ちょっと手間ですが、既に個人賠償責任特約を付帯している保険に加入していないかどうか、加入しているとしたら内容はどうなっているかを確認してから、付帯するかどうか決めるようにしましょう。

割引

割引制度を見ていきます。

アニコム「ふぁみりぃ」

・健康割増引制度
→判定期間の利用回数に応じて割増引。0回:10%割引、1~5回:5%割引、20~39回:20%割増、40回以上:50%割増
・多頭割引
→2頭目以降:月払50円・年払600円割引。

アイペット「うちの子」

・無事故継続割引
→過去1年間保険金の支払いがなかった場合、継続契約の保険料が5%割引。
・多頭割引
→2契約目以降の契約について、契約数が2~3なら2%、4以上なら3%割引。

※保険商品の内容の全てを記したものではありません。あくまで参考情報としてご利用ください。
※記載された保険商品の詳細な内容については、必ず重要事項説明書や約款にて全般的にご確認ください。

アニコム「ふぁみりぃ」重要事項説明書
アイペット「うちの子」重要事項説明書

アニコム「ふぁみりぃ」の「割増引」には注意が必要です。
判定期間中の保険利用が5回以下ならば、次回の保険料が割引になるのですが、逆に保険利用が多く、20~39回だった場合、次回の保険料が20%割増になってしまいます。また、あまりないとは思いますが、1年間で40回以上保険を利用すると、次回の保険料がなんと50%も割増になってしまいます。

アイペット「うちの子」にも無事故継続割引はありますが、割増はありません

まとめ

以上です。
自分に合ったプランは見つかったでしょうか?
補償内容に関してはアイペット「うちの子」が総合的にみて手厚いと思いますが、その他の要素もしっかり考慮したうえで保険選びをしましょう。

また、ここで取り上げなかったペット保険についても、他のページで詳しく解説しています。このページの内容だけで決断するのではなく、他の様々なプランについても検討してみることをオススメします。

表示内容は特別に記載のない限り2021年2月24日現在の内容です。