ハムスターにおすすめのペット保険はアニコム!終身継続補償が比較のポイント!

犬や猫に続くメジャーなペットと言えばハムスター♪小さくてかわいらしい存在ですよね。

でも実は病気やケガを患うと結構な治療費がかさむって知っていましたか?

今回はそんなハムスターでも加入できるペット保険のメリットと注意するべき点について詳しく解説していきます。

意外と治療費が高いハムスター!

ハムスターも生き物である以上、病気やケガは決して避けることはできません。

「手のひらサイズで小さいし、そこまで医療費はかからないでしょ!」

と高を括っていると、後々請求書に書かれた金額を見て驚くことも…

この方が仰る通り、ハムスターの身体はとてもデリケート。

一度病気になると、進行も早いことから治療費が数万円以上かかる場合もあります。

だからこそ、ペット保険への加入が重要になってくるのです。

今飼っているハムスターが入れるペット保険は1社のみ!!

ハムスターは犬や猫に続いて人気があるペットのため、犬猫同様にペット保険が充実しているかと思いきや、実際はとても少ないのが現状です。

ハムスターが対象になるペット保険を販売している保険会社は以下の通りです。

  • SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部※1
  • アイペット
  • アニコム

しかし、この3社のうちアイペットとアニコムに関しては、加入条件があるんです。

  • アイペット
    一部のペットショップとブリーダーのみで販売している「うちの子キュート」を、ペットをお迎えした当日に加入しなくてはいけない
  • アニコム
    当社代理店であるペットショップ等動物取扱業者より、どうぶつをお迎えになると同時にご契約いただける商品です。

上記の加入条件があることから、既にハムスターをお迎えしているご家庭はアイペット・アニコムのペット保険に加入することができないのです。

そのため、飼い始めた後にハムスターが加入できるペット保険は実質「SBIプリズム少短」の1社のみということになります。

では「SBIプリズム少短」のペット保険はどんな補償内容なのでしょうか。

プランの詳細を見ていきましょう。

※1.2020年7月1日より、日本アニマル倶楽部株式会社は、社名をSBIプリズム少額短期保険株式会社に変更いたしました。お客様のご契約への影響やサービス体制などに変更はございません。

ハムスターのペット保険、SBIプリズム少短の補償内容

SBIプリズム少短のおすすめポイントとは?

SBIプリズム少短は “プリズムコール” と呼ばれるペット保険を販売しています。

詳しいプラン比較表はこちら

おすすめポイント
  1. 補償割合が100%!!
  2. 保険料は年齢が上がっても変動なし!
  3. 選べるプラン内容

①補償割合が100%!!

小動物(エキゾチックアニマル)のプランは全部で4種類。各プランの補償限度額まで治療費を実質支払いに応じてくれます。

②保険料は年齢が上がっても変動なし!

通常ペット保険は年齢に応じて保険料が上がっていきますが、SBIプリズム少短の“プリズムコール”に関しては、いくつになっても保険料は上がりません。

③選べるプラン内容

4つのプランからご自身に合った保険プランを選ぶことができるため、お財布事情や重点におきたい補償内容から選ぶことが可能です。

メリットだけじゃない!注意する点も見逃さないで!!

注意点
  1. 100%補償といっても実際は限度額がある
  2. 他社と比べてどれも保険料が高い
  3. 終身継続することができない

①100%補償といっても実際は限度額がある

一見「補償割合が100%」はとても魅力的ですが、実際は限度額が設けられているんです。

そのため、各プランの補償限度額を超えてしまった治療費は全て自己負担となるため注意が必要です。

例えばオレンジプランⅡの場合「通院は1日に4,000円まで」の上限があります。もしも、通院費に1万円発生した場合、6,000円は自己負担になります。

②他社と比べてどれも保険料が高い

ここでは、アニコムの “どうぶつ健保はっぴぃ” と比較してみましょう。

例えば2社とも「通院・入院・手術補償」が付いているプランで見てみると…

【通院・入院・手術補償が備わった保険プラン】

保険料 プリズムコール どうぶつ健保はっぴぃ
オレンジプランⅡ グリーンプランⅡ はっぴぃ70%プラン はっぴぃ50%プラン
月払 4,230円 3,670円 1,680円 1,240円
年払 46,560円 40,400円 18,300円 13,500円

月払・年払のどちらを見ても歴然!アニコムよりもSBIプリズム少短の保険料の方が断然高いのです。

数百円の差であれば、誤差と言えますが年払いで数万円の開きがあるのは大きいですね。

③終身継続をすることができない

ハムスターの平均年齢が2~3歳なのに対し、 小動物の場合の “プリズムコール” の継続可能年齢は「満2歳未満」です。

もしもペットのハムスターが平均よりも長生きした場合、補償されないのです…

そのため、終身継続できないことが注意点となってしまいます。

老後こそペット保険が重要になってくるのに関わらず、加入することができない・継続することもできないのは正直痛いですね。

プリズムコールの料金プラン

※表は横にスクロールできます。

商品名 保険料 補償割合 年間補償限度額 通院 入院 手術
オレンジプランⅡ 月払:4,230円 100% 49万円 4,000円/日
年間30日まで
8,000円/日
年間30日まで
60,000円/回
年間2回まで
年払:46,560円
グリーンプランⅡ 月払:3.670円 100% 109万円 5,000円/日
年間60日まで
10,000円/日
年間60日まで
90,000円/回
年間2回まで
年払:40.400円
ホワイトプランⅡ 月払: 2.270円 100% 61万円 10,000円/日
年間30日まで
150,000円/回
年間2回まで
年払:24,940円
ブループランⅡ 月払:1,910円 100% 16万円 3,000円/日
年間20日まで
5,000円/日
年間20日まで
年払: 21,080円

今飼ってるハムスターが加入できるペット保険は “SBIプリズム少短” の1社のみ!!

ハムスターが加入できるペット保険は1社!SBIプリズム少短です。

小動物が加入できるペット保険は今のところ少なく、選択肢が限られてしまいます。

それでも、高額な医療費に備えてきちんと対策しておくことは大事です。

体が小さいとはいえ、病気やケガの治療費は犬や猫に引けを取らないくらい高額になるので、ペット保険に加入してそのリスクに備えておきましょう。

注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2019年9月30日現在の内容です。
【ペット保険の選び方】保険会社が隠したいデメリットとは?|ペット保険比較の方程式 ペット保険でよくある「トラブル・免責」まとめ!知っておくべき回避方法とは? ペット保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 ペット保険会社一覧 特徴・注意点もまるわかり!