ハリネズミが加入できるペット保険は「SBIプリズム少短」のみ!でも本当に加入するべき? 

比較的飼いやすいといわれる小動物のハリネズミ。しかし、間違った飼育から病気になることも珍しくありません。万が一、症状が重症化すると治療費は高額になることも…だからこそ、もしもに備えてペット保険を検討してみてもよいかもしれません。

本記事では「そもそもハリネズミはペット保険に入れるの?」「ペット保険は本当に必要なの?」という疑問にお答えしながら、ハリネズミが加入できるペット保険について解説していきたいと思います!

ハリネズミのペット保険

ハリネズミが加入できるペット保険は「SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)」だけ!

「犬や猫ならわかるけれど、ハリネズミもペット保険に入れるの?」と疑問を抱く飼い主さんも多いでしょう。結論からいうと、ハリネズミもペット保険に加入できます!

ただし、加入できるペット保険は「SBIプリズム少短※」の1社のみとなっています。1社だけという結果に驚いたかもしれませんが、ハリネズミを飼育する前であれば選択肢の幅を広げることはできます。

では、なぜここではハリネズミが加入できるペット保険はSBIプリズム少短の1社のみと断言したかというとそれには理由があるのです。

※2020年7月1日(木)より日本アニマル倶楽部株式会社は、社名を『SBIプリズム少額短期保険株式会社』に変更となりました。本件によるお客様のご契約への影響やサービス体制などに変更はございません。

SBIプリズム少短のペット保険を申し込む

ハリネズミは、SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)しか入れないの!?

ハリネズミが加入できるペット保険は「SBIプリズム少短」の1社のみだと説明しましたが、ハリネズミを飼育する前であれば、ペットショップが提携している「アニコム」or「アイペット」に加入することが可能です。ただし、購入先のペットショップがアニコムやアイペットと提携していることが条件となります。

つまり、すでにハリネズミを飼育している飼い主さんは、アニコムやアイペットには加入できないので注意が必要です。

現在ハリネズミを飼育している飼い主さんが唯一加入できるペット保険は、SBIプリズム少短の「プリズムコール」です。このプランなら、満4歳未満であればいつでも加入できます。

しかし、ここで確認しておきたいことが1つ。そもそもハリネズミにペット保険は必要なのでしょうか。

ペット保険の必要性を考えるにあたって、まずはハリネズミが発症しやすい病気や必要になる医療費をチェックしてみましょう!

小さいからといって侮るな!ハリネズミの治療費は意外と高額…

治療費は動物病院によって大きく異なる

はじめに、アニコムの保険金請求データからハリネズミがかかりやすい病気を確認してみましょう。

引用:anicom you

このように、ハリネズミは皮膚疾患にかかる割合が非常に高いことがわかります。さらに詳しく見ていくと…

引用:anicom you

皮膚疾患の中でも特に「ダニ症」の発症率が高く、ハリネズミの約4割が悩まされています。ダニ症になると激しいかゆみに襲われ、ハリや毛が抜け落ちたり、食欲が落ちて元気がなくなったりすることも。早急に動物病院で診察してもらわないといけません。

しかしそうは言っても、ハリネズミにかかる医療費が実際どれくらいなのかよくわかりませんよね。

そこでペット保険比較の方程式は、日本獣医師会の「小動物診療料金の実態調査結果」に基づき、実際にハリネズミが皮膚疾患にかかった場合のおおよその医療費を割り出してみました。

ただし、この調査結果は犬猫にも該当するため、あくまでも目安として参考にしてみてください。

ハリネズミが皮膚疾患にかかった場合の医療費

初診料 1,000~1,499円
皮膚検査 1,000~1,499円
処方料 500円未満
調剤料 500~999円
内服薬 2,000~2,999円
合計金額 5,000~7,496円

※診療料金に関する事項で最も回答数の多かった金額にて算出。500未満に関しては500円として計算。

初診料や皮膚検査、処方料を含めると、おおよそ5,000~7,496円かかることがわかります。これはあくまでも1回の通院費用なので、もしも通院が長引いたり、手術が必要になったりした場合の治療費はさらに高額になります。

続いて、腫瘍の手術をした場合の医療費を見てみましょう。

ムーアさんとこつめの日々」の管理人モミの木さんのブログによると、手術~抜き糸までで87,524円かかったそうです。ちなみに、この金額は比較的安い方なのだとか…

ハリネズミの治療費は動物病院によっては大きく異なるため、場合によっては10万円以上かかることもあるそうですよ。

その他にも、子宮蓄膿症で腎臓を悪くしてしまい、毎月9,000円弱の薬代が掛かってビックリしている飼い主さんの声も。

ハリネズミの治療費ね…半端ないんですよ…子宮蓄膿症の時に腎臓を悪くしてしまったので、毎月9000円弱薬代が掛かり、さらに何かあると3〜4万が一回でぽんと飛ぶんですよ…恐ろしい…

— KOP-SSS(※名字)景都?酒&業?22世記までなど待てぬ!!! (@katexstarmica) December 4, 2018

まだまだ小動物を診られる動物病院は少なく、特にハリネズミのようなエキゾチックアニマルと呼ばれる部類が通える動物病院は限られています。

また、動物病院によって治療費は大きく異なり、場合によっては1回の治療で数万円かかることもあるそうなので、小動物だからといって決して安い医療費で済むわけではなさそうです。

生涯かかる医療費は20万円を超えることも!?

先述では1回の治療にかかる医療費を算出しました。もしも慢性的な疾患にかかり、生涯に渡って治療が必要になったとしたら、一体どれぐらいの医療費が必要になるのでしょうか。

ハリネズミ ベビの日記」の管理人カシュ―さんのブログによると、生涯にかかった医療費・サプリ費用の合計額は201,970円になったそうです。

ハリネズミの平均寿命は2~5歳といわれていますが、その間にかかってくる医療費だけで合計20万円以上と考えると、かなり高額であることがわかりますね。

「SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)」はこんなペット保険!

体はとても小さいハリネズミですが、かなりの医療費が必要ということがわかりました。

ハリネズミをお迎えするなら、たとえ病気になったとしても適切な治療を受けさせることができるよう、きちんと医療費について考えておく必要があります。

では、もしもに備えてハリネズミでも入れるペット保険「SBIプリズム少短」に加入した場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。また、どのプランを選ぶべきなのでしょうか。

早速、SBIプリズム少短「プリズムコール」の補償内容をチェックしてみましょう!

SBIプリズム少短の補償内容

うさぎ等小動物プラン
プラン名 グリーンプランⅡ オレンジプランⅡ ブループランⅡ ホワイトプランⅡ
保険料(月払い) 4,230円 3,670円 2,270円 1,910円
保険料(年払い) 46,560円 40,400円 24,940円 21,080円
補償割合 100%
補償範囲 通院・入院・手術 通院・入院 入院・手術のみ
※通院補償なし
通院補償 日額5,000円まで
(年60日)
日額4,000円まで
(年30日)
日額3,000円まで
(年間20日)
入院補償 日額10,000円まで
(年60日)
日額8,000円まで
(年30日)
日額5,000円まで
(年20日)
日額10,000円まで
(年30日)
手術補償 1回900,000円まで
(年2回)
1回600,000円まで
(年2回)
1回150,000円まで
(年2回)
診断費用保険金 年間10,000円まで 年間10,000円まで 年間10,000円まで
最高補償限度額 109万円 49万円 16万円 61万円
新規加入・継続可能年齢 満5歳未満
健康割増引 なし

100%補償!SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)のメリット

SBIプリズム少短が販売しているペット保険「プリズムコール」には、以下のように5つのメリットがあります。

【プリズムコール】5つのメリット
①4つのプランから選べる
②免責金額の設定なし。補償割合が100%
③保険料が一律
④休日診療費・時間外診療費を補償
⑤葬祭費用、診断書費用、高度後遺障害までも補償

1つ目のメリットは、ニーズに合わせて4つのプランから選べることです。

プランはグリーンプランⅡ・オレンジプランⅡ・ブループランⅡ・ホワイトプランⅡに分かれており、それぞれ補償内容が異なります。

2つ目のメリットは、免責金額の設定がないうえに補償割合が100%であることです。

保険会社によっては、保険を利用する際に自己負担をしなくてはいけない免責金額の設定や、補償割合50%や70%のものが多いですが、プリズムコールの場合、飼い主さんの負担をできるだけ抑えてくれる安心の補償内容となっています。

また、年齢が上がっても保険料が一律であることや、休日診療費・時間外診療費も補償されることも魅力です。さらに、葬祭費用・診断書費用・高度後遺障害までも補償されるプリズムコールは、充実した補償が受けられるペット保険だといえるでしょう。

SBIプリズム少短のペット保険を申し込む

終身継続ができない!?SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)のデメリット

メリットだけに注目すると、とても魅力的に映るSBIプリズム少短のプリズムコール。しかし、実際はいくつか注意点もあります。

それでは、SBIプリズム少短のプリズムコールのデメリットを見ていきましょう。

【プリズムコール】2つのデメリット
①終身継続ができない
②補償額に上限がある

1つ目のデメリットは、終身継続ができないことです。

犬や猫は終身更新が可能ですが、ハリネズミが加入できる「うさぎ等小動物プラン」は新規加入や継続可能年齢に限りがあるので注意しましょう。

2つ目のデメリットは、補償額に上限があることです。

補償割合100%は魅力的ですが、他社と比べると日額補償金額がかなり少ないのです。例えば、アニコムと比べると1日あたりの補償限度額が2倍も違うことも。

補償限度額を超えた分は補償されず、場合によっては自己負担額がかかってくるので要注意です。

安さ重視なら「ホワイトプランⅡ」、手厚い補償に備えたいなら「グリーンプランⅡ」がおすすめ

ハリネズミが加入できるプランは、グリーンプランⅡ・オレンジプランⅡ・ブループランⅡ・ホワイトプランⅡの全部で4つです。果たして、その中でどれを選べばいいのでしょうか。

それぞれのプランの特長から、向き不向きをまとめてみました!

プラン名 こんな人におすすめ
グリーンプランⅡ 通院・入院・手術をトータルカバー。
充実の補償体制にしたい方向け
オレンジプランⅡ 通院・入院・手術をカバー。
補償割合はグリーンプランⅡより劣るが、保険料を抑えたい方にピッタリ。
ブループランⅡ 通院・入院のみカバー。
利用する頻度の高い通院を重点に置きたい人向け。
ホワイトプランⅡ 入院・手術のみカバー。
高額な治療費に備えておきたい人向け。

なるべく保険料を抑えたい人には、月々1,910円から始められる「ホワイトプランⅡ」がおすすめです。

数万~数十万円かかる高額な手術補償をメインとした保険プランなので、もしもに備えておくにはいいでしょう。

ただし通院補償は補償対象外のため、ハリネズミがかかりやすい皮膚疾患のような通院がメインの治療に関しては、全額自費となるので注意が必要です。

もしもに備えて手厚い補償が欲しい人には、通院・入院・手術の3つをフル補償してくれる「グリーンプランⅡ」がおすすめです。

通院は日額5,000円まで、年間60日まで補償してくれますし、手術は1回90,000円までを年2回まで補償してくれる手厚さが魅力です。ただし補償が手厚い分、保険料が高くなります。

例えば、グリーンプランⅡの保険料は月々4,230円に対しホワイトプランⅡは月々1,980円。なんと2,320円も違ってきます。

ペット保険に求めるものは飼い主さんごとによって異なるため、しっかり検討して自分にぴったりのプランを選びたいものですね。
SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)ペット保険の口コミ・評判【デメリットは加入の手間と保険料?】

ハリネズミは「ペット保険に入らない」という選択肢もある!

ここまでSBIプリズム少短の「プリズムコール」について説明してきました。ぴったりのプランは見つかりましたか。

プラン内容によっては自分に合ったものもあるかも知れませんが、いまだに悩んでいる飼い主さんも多いでしょう。

ここで改めて、ハリネズミには本当にペット保険が必要なのか考えてみましょう。

いいよー(о´∀`о)
いいよー(о´∀`о)
シナモンが元気になるなら
手術費用が総額15万でも現金で払うよー(о´∀`о)

………ハリネズミ貯金しといて良かった
ヽ(;▽;)ノ pic.twitter.com/CaKmyBOC0x

— みぃこ(える*) (@O3fR8) June 24, 2017

SBIプリズム少短のデメリットを思い出してみてください。終身継続ができないこと、ハリネズミの加入は満4歳(3歳11ヶ月)までと制限があることそれ以降は全額自費になること。

このツイートの飼い主さんのように、ハリネズミの医療費は高額なので15万円以上かかってくることもありますが、支払う余裕があれば無理にペット保険に加入する必要はないともいえます。

しかし「すぐに支払う余裕がない…」「治療費を気にせず、気兼ねなく治療を受けさせてあげたい!」理由があるのなら、ペット保険に入っておいて損はないでしょう。

ハリネズミのペット保険は「SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)」のみ。自身のライフスタイルから加入を検討しよう!

結論として、ハリネズミにはペット保険が絶対に必要というわけではありません。貯蓄がある人や、こつこつとペット貯金できる人ならそれで補えるでしょう。

しかしそれが難しい場合は、SBIプリズム少短の中でも最も保険料が安い「ホワイトプランⅡ」に加入しておくことをおすすめします。

ペット保険に入るべきか、それとも貯蓄するべきか悩んだ時は、自身のライフスタイルを見直しながら検討してみてくださいね。

SBIプリズム少短のペット保険を申し込む

 

SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)ペット保険の口コミ・評判【デメリットは加入の手間と保険料?】
注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2020年1月30日現在の内容です。