得するコラム

猫エイズ(FIV)ってどんな病気?補償するペット保険はあるの?

「猫エイズってどんな病気なの?」「キャリアでも入れるペット保険は?」

完治が難しい猫エイズ。どんな病気なのかを知って、保険などで健康なうちから対策を行っておきたいですよね。

ここでは、猫エイズがどんな病気なのか説明し、補償するペット保険があるのかなどについて紹介していきたいと思います!

猫エイズってどんな病気?


猫エイズ(FIV)と呼ばれる「猫免疫不全ウイルス感染症」

愛猫家さんの中では広く知られている病気ですが、いったいどのような病気なのでしょうか。

猫エイズはどのようにして感染するのでしょうか。

猫エイズの感染経路は猫同士のケンカ

猫免疫不全ウイルスが原因で起こる症状のことを「猫エイズ」と呼び、そのウイルスを持つ猫のことを「キャリア」と呼びます。

キャリアとなる1番の原因は、キャリアとなった猫による咬傷(こうしょう)(かまれたときにできる傷)です。

猫エイズは人のエイズと同様で、空気感染や接触感染では発症しません。

また、例えキャリアになったとしても、キャリアの猫が全て猫エイズを発症するわけではありません。

ただし猫エイズは、体を防御する免疫機能を破壊する恐ろしい病気です。

一度発症してしまうと生涯に渡って治療を続けないといけません。

また 現在の獣医療では猫エイズを完治させることは極めて困難であるため、いかに発症を抑えることができるかがポイントとなります。

猫エイズは人のエイズである「ヒト免疫不全ウイルス(HIV)」と似たような性質をもっていますが、遺伝子の構造自体に類似点はありません。

 

そのため猫エイズは人には感染しませんし、反対に人のエイズも猫に感染することはないので安心しましょう。

 

また、犬にはエイズと呼ばれる病気は存在しません。

猫エイズを補償するペット保険はある?

7社は補償対象の場合も

主なペット保険会社13社について、重要事項説明書や約款に猫エイズが「補償対象外である」(×)と書かれているか、いないか(〇)を表にしました。

保険会社名 猫エイズ
au ×
FPC
PS
SBIいきいき少短 ×
アイペット
アクサ ×
アニコム
SBIプリズム少短 ×
イーペット
ペッツベスト ×
ペット&ファミリー
楽天
日本ペット ×

※実際の保険金支払いについては、「補償開始前からの症状か」などを含め保険会社が審査・査定を行ったうえでの判断となります。また、前提条件の相違等により補償内容が異なる場合があるので、実際に適用される補償内容について保険会社に問い合わせたうえで商品選択を行ってください。

※保険商品の内容の全てを記載しているものではありません。あくまで参考情報としてご使用ください。
※記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。

[open title=’各社の重要事項説明書等はこちら’]
アニコム|どうぶつ健保ふぁみりぃ 重要事項説明書
アイペット|うちの子 重要事項説明書
FPC|フリーペットほけん 重要事項説明書
PS保険 重要事項説明書
楽天|ずっといっしょ 重要事項説明書
ペッツベスト|セレクトBEST 重要事項説明書
ペット&ファミリー|げんきナンバーわん 重要事項説明書
アクサダイレクト 重要事項説明書
au損保|通院ありタイプ 重要事項説明書
SBIプリズム少短|プレミアムオレンジプランⅡ 重要事項説明書
SBIいきいき少短|スタンダードプラン ご契約のしおり・約款
日本ペット|プラチナプラン 重要事項説明書
イーペット|e-ペット 重要事項説明書
[/open]

重要事項説明書等に「補償対象外」と記載がないからと言って、必ず補償されるとは言えませんが、保険契約後に猫エイズを発症しても補償されるケースはあると分かります。

なお、すでに猫エイズを発症していた場合、ペット保険への加入は非常に難しくなります。
そして、加入はできたとしても、「特定疾病不担保特則」などといった特定の病気とその病気を原因とする病気への補償を行わないという条件が付けられ、たいていの場合で猫エイズの治療費は補償の対象外となります。

猫エイズに備えるためには、健康なうちにペット保険に加入しておく必要があります。

猫エイズを発症した後の保険加入は不可能ではないが難しい!

基本は入れない&補償されない…

あー!ペット保険入ろうと思ったけどすでに猫エイズ➕通院中だから入れないのか~!( ; ゚Д゚)💦

保険のことなんて考えてもなかった
でもうちに来た時点で病気だったししょうがにゃいか😺だはは

ということで
くしゃみ姫(左)は今から病院でーす#猫 pic.twitter.com/LMSN3j6Lls

— プラチャイル (@prachairu) February 17, 2020

影にゃんさんちのユキさんもおトイレの件は恐らくどこのペット保険も適応外になると思います。ちなみに発症してなくても猫エイズキャリアもダメなようです。なので私はペット保険諦めて引き続き猫貯金することにしました(´;ω;`)

— ハンドメイド専門店odd_eye☆minneにて活動中٩(ˊωˋ*)و動物大好き!! (@oddeye46233256) September 21, 2019

こんばんは。
うちは拾った時から猫エイズと診断されたのでペット保険に加入できなかったんです。
だから、お金かかります😭
注射50ccシリンジ1本(インターフェロンとか入って)3000円です💸
1日おきに来てって言われたけど無理です…次は土曜日くらいに行きます💦

— ミィ@保育園看護師 (@mamadaisuki2013) May 9, 2019

猫の飼い主さんたちがいうように、既に猫エイズのキャリアとなってしまっている場合は、基本的にペット保険に入ることはおろか、猫エイズを補償してくれる保険会社はありません。

しかし、ペット保険の中には上記で述べた「特定疾病不担保特則」付きなら加入を認める可能性がある会社はあります。

アニコムとアクサダイレクトなら「特定疾病不担保特則」で加入できるかも⁉


「アニコム」と「アクサダイレクト」のペット保険なら、猫エイズを発症していたとしても加入できるかもしれません。

というのも、この2社の重要事項説明書・約款には「猫エイズを発症していた場合は加入を認めない」という記載がないからです。

とは言え、確実に加入できるということではありません。加入が認められない場合もありますし、加入できたとしてもおそらく「特定疾病不担保特則」は付されることになるでしょう。

しかし、愛犬は猫エイズ以外にも様々な病気・ケガをするリスクがあり、ペット保険に入る価値はあると考えます。

早めの備えを!キャリアでもあきらめないで!

猫エイズは完治する有効な治療が見つかっておらず、生涯に渡って治療を続けなければいけません。

また、医療費が高額な病気として知られており、場合によっては20万円近くかかってしまった家庭もあるようです。

キャリアになってしまってからでは加入できる保険が非常に限られますし、入れたとしても猫エイズの治療費は補償されない条件が付けられる場合がほとんどです。

健康な猫を飼っていても「うちの子に限って猫エイズにはならないだろう」と高を括らず、もしもに備えて早めにペット保険を検討してみてはいかがでしょうか。

そして、キャリアの猫を飼っていても、アニコムやアクサなら保険加入ができる場合がありますので、申込してみてはいかがでしょうか。

[alert title=’注意事項’]
当記事は、保険商品の内容の全てを記載しているものではありません。あくまで参考情報としてご利用ください。
記載された保険商品の詳細な内容については、必ず重要事項説明書や約款にて全般的にご確認ください。
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2020年11月17日現在の内容です。

[/alert]

[kanren id=”2051″]

[kanren id=”2220″]

[kanren id=”4510″]