手術はどこまで補償されるの?入院補償に特化したペット保険を知りたい!!

私たち人の場合、健康保険証を提示することで自己負担額が原則3割補償されますし、万が一高額な医療費(月21,000円以上)がかかったとしても、健康保険の「高額療養費(高額医療費支給制度)」を利用することで、支払う医療費が自己負担限度額を超えた場合に超えた分が払い戻されます。

しかし犬や猫の場合は、そのような制度がありません。かかった治療費は全て自費となるため、もしも手術をするようなことがあれば高額な治療費を払わなくてはいけません。
ただ唯一、それを回避できる手段としては各自がペット保険に加入すること。

だけど、毎月(年間)かかる保険料が高いと家計に響くのが心配ですよね。
「高額な治療費が発生する手術だけを補償してくれる保険はないのかな?」
「なるべく保険料は安く済ませたい…」
そんな方も多いのではないでしょうか。
そこでもし、手術に特化している且つ、保険料が手頃なペット保険があったらどうでしょう?
「ぜひ加入したい!」「検討したい!」と思う方もいるかも知れませんね。
そこで今回は、手術に特化したペット保険について詳しく見ていきたいと思います。

ペット保険、もしも愛犬・愛猫が手術をしなくてはいけなくなったら…色々と心配になりますよね


家族の一員でもあるペット。毎日私たちの疲れた身体を癒してくれるペットたちは、私たちのかけがえのない存在でもあります。
もし、そんな愛するペットが病気やケガを患い、手術をすることになったら…もちろん最善を尽くす方がほとんどかと思いますが、現実問題気になるのが手術費用。なんと、1回にかかる手術費用は平均6万4千円かかるそうです。(※ペット保険の方程式調べ)
もちろん、それ以上の金額が発生した方もいらっしゃいます。


この方の場合、愛犬2頭が骨折してしまい1頭あたり38万円の手術と入院費が発生してしまったそうです。
1頭でもかなり高額な保険料ですが、それが2頭で76万円…ペット保険に加入していなければ家計が火の車になっていてもおかしくはありません。
「今日は人の上、明日は我が身の上」という言葉があるように、いつ自分の愛するペットが病気やケガをするかはわかりません。
だからこそ、もしもに備えたペット保険の加入をするべきなのですが、そうはいっても月々の保険料が家計の負担になっては元も子もありません。
だったら、なるべく保険料を抑えた上で手術に特化したペット保険があれば嬉しいですよね。
「でもそんな保険あるの?」と思った方のために、おすすめのペット保険についてご紹介したいと思います。

なるべく保険料を抑えたい!手術補償はマストにしたい!!そんな人には【手術特化型ペット保険】がおすすめ


「ペット保険は検討してはいるものの、どれにしたらいいかわからない。」
「一度に高額な医療費がかかる手術だけでも手厚く補償を受けたい!」
「でも、保険料は抑えたい…」
そんな方には『手術特化型保険※』がおすすめです。手術の治療費に重点をおいたペット保険となります。
そのため、この保険には通院補償が含まれていません。あくまでも手術(入院)に対して補償するペット保険のため、月々(年間)の保険料を抑えることが可能なのです!!
では、そんな手術特化型保険は一体どれくらいあるのでしょうか。
※本記事内では一番掛け金が高くなっている要素である通院を補償対象としない保険のことを手術特化型保険と表現します。

手術補償に特化したペット保険があるのは全部で6社!補償内容と保険料をまずはチェック!!

手術特化型保険を販売している保険会社は全部で6社。通院補償は付いていないものの、高額な費用がかかると予想される手術に対し、各社手厚い補償内容でご提供しています。
では、各6社の補償内容を見てみましょう。

資料1:手術に特化したペット保険会社の補償内容一覧

保険会社 アニコム 日本アニマル倶楽部【プリズムコール】 楽天【あんしんペット保険】 アイペット 日本ペットプラス【いぬとねこの保険】 au損保【ペットの保険】
プラン名 どうぶつ健保ぷち ホワイトプランⅡ ペット手術保険S うちの子Light パールプラン 通院なしタイプ
補償対象 手術・入院 入院・手術 手術
(※手術を含んだ連続した入院を含む)
手術
(※手術を含んだ連続した入院を含む)
手術 入院・手術
補償割合 70% 100% 80% 90% 70% 70/50%
1回あたりの限度額(入院) 14,000円 15,000円 最大50万円
(※入院・手術と合わせて)
最大50万円
(※入院・手術と合わせて)
× ×
1回あたりの限度額(手術) 最大50万円 最大15万円 制限なし 制限なし
年間補償限度額 最大128万円 最大94万円 最大100万円 最大100万円 最大30万 70%:最大70万円
50%:最大50万円
年間支払限度回数(手術) 2回 2回 2回 2回 2回 制限なし
免責金額 × × 1回
14,000円
△※1 × ×

※1.最低支払対象治療費:3万円(補償対象となる金額が3万円以上に達しない場合は保険金が支払われません)
手術+入院のセットで補償するものもあれば、手術を含んだ連続した入院を含むもの、手術のみに補償しているものと3パターンあります。
また、保険会社が補償してくれる割合率も50~90%と幅広く、自身に合ったペット保険を選ぶことが可能です。
次に保険料について見てみましょう。
今回、日本で最も登録頭数の多いトイプードルで各社の保険料について調査してみました。

資料2:保険料がトイプードルの場合(月払)

保険会社 アニコム 日本アニマル倶楽部【プリズムコール】 楽天【あんしんペット保険】 アイペット 日本ペットプラス【いぬとねこの保険】 au損保【ペットの保険】
プラン名 どうぶつ健保ぷち ホワイトプランⅡ ペット手術保険S うちの子Light パールプラン 通院なしタイプ
年齢:0歳 1,180円 1,980円 570円 1,030円 630円 70%:1,240円
50%: 990円
年齢:1歳 1,120円 580円 990円 600円 70%:1,150円
50%: 920円
年齢:2歳 1,130円 620円 1,100円 560円 70%:1,070 円
50%: 860円
年齢:3歳 1,170円 670円 1,480円 500円 70%:1,210円
50%: 960円
年齢:4歳 1,290円 720円 1,760円 550円 70%:1,350円
50%:1,060円
年齢:5歳 1,470円 770円 2,140円 590円 70%:1,480円
50%:1,160円
年齢:6歳 1,660円 810円 2,370円 630円 70%:1,910円
50%:1,460円
年齢:7歳 1,710円 860円 2,620円 880円 70%:2,330円
50%:1,760円

6社の中で最安値なのが楽天のあんしんペット保険「ペット手術保険S」。0歳で加入の場合月々570円で加入することが可能です。
また、年齢が上がっても保険料が変わらない日本アニマル倶楽部「プリズムコール」では、何歳になっても一律の金額で加入することができるので、急に「保険料が高くなった!」とビックリすることはありません。
そして各社共、それぞれに良さがあるため補償内容や保険料を見ても、どれも目移りするばかり。結局どれがいいのかこれだけではよくわかりませんよね。
そこで、ペット保険の方程式が最もおすすめするペット保険をこの6社の中から厳選して1社をご紹介したいと思います。
※2.年齢7歳までの表記については、アニコムが8歳以降の保険料を一般掲載していないため。

手術向けおすすめNO. 1のペット保険!!アイペットの『うちの子Light(ライト)』に注目!その理由はなぜ?


先述でご紹介した6社の保険会社の中で特におすすめしたいのが、アイペットの『うちの子Light(ライト)』。
値段は一番高いものの、補償内容が充実しているのでおすすめです。
どのように補償内容が充実しているかおすすめの理由を見ていきましょう。

理由その①:補償割合が90%!6つのプランの中で1番補償割合が高い

アイペットは高額になりがちな手術に対し、手術費用を含む連続した入院費用(手術1回につき10日まで)も含め、最大90%補償してくれます。そのため、お客さま負担は10%のみ!!
これだけ補償割合が高いのは6つのプランの中でアイペットのみとなります。

理由その②:1回あたりの限度額が最大50万円まで補償

アイペットの「うちの子Light(ライト)」の場合、手術と手術を含んだ連続した入院の場合、最大50万円まで補償してくれます。※3
この補償内容は、楽天のあんしんペット保険『ペット手術保険S』と同等ではありますが、楽天のあんしんペット保険『ペット手術保険S』には1回14,000円の免責金額がついています。
また、他4社と比較してみるとアイペットの方が1回あたりの限度額は手厚いということがわかります。
※3.入院・手術を含む

理由その③:新規加入年齢が12歳11ヶ月まで可能

アイペットは5社のペット保険の中で、新規加入可能年齢が1番高い保険商品です。
下記の資料をご覧ください。

資料3:新規加入可能年齢について

保険会社 アニコム 日本アニマル倶楽部【プリズムコール】 楽天【あんしんペット保険】 アイペット 日本ペットプラス【いぬとねこの保険】 au損保【ペットの保険】
加入可能年齢 7歳11ヵ月まで 満9歳未満まで 満10歳まで 12歳11ヵ月 満10歳まで 満10歳まで

他社と比較すると、最高で満10歳までの保険会社が多い中、アイペットは12歳11ヶ月まで新規加入OK!高齢な犬猫であっても、アイペットの径契約条件を満たしていれば加入することができます。
さらに終身まで継続可能なので、生涯安心!また、1年ごとの自動継続なのでうっかり契約が切れてしまう恐れもありません。

アイペットには最低支払対象治療費が…それでもおすすめっていえるの?

アイペットの場合「最低支払対象治療費3万円」という決まりがあります。
これは、補償対象となる治療費が3万円以上に達しないと保険金請求の対象にはならないのです。
「え…それじゃ、3万円以下は入院補償されないの?」と思われる方がいるかと思います。
下記の円グラフをご覧ください。

※ペット保険の方程式調べ
これは、ペット保険の方程式が独自調査した『1度の手術でかかった治療費』のデータ結果です。
実際ペットが手術をした際にかかった治療費を見てみると、平均6万4千円かかっていることがわかります。
そのため、アイペットの最低支払対象治療費の3万円は超える確率が高いため、まず補償対象外という心配は少ないかと思います。

手術向けペット保険は全てが補償されるわけではないって知ってた?気を付けるべき注意点について


今回、ペット保険の方程式では手術補償型保険の中で1番おすすめをアイペットとご紹介しました。
しかし、気を付けなくてはならない注意点があります!
それは「手術補償は全ての手術が補償されるわけではない」ということです。
例えば予防目的とされる「妊娠・出産、不妊手術」などに関しては補償対象外です。それはほぼ全てのペット保険を販売する保険会社にいえる内容となります。
アイペットの場合、下記の傷病にあたらないものには保険の対象外となります。

傷病にあたらないもの ●正常な妊娠・出産、交配、早産、帝王切開、流産、人工流産ならびにそれらによって生じた症状および傷病等
●去勢、避妊、乳歯遺残、停溜睾丸、臍ヘルニア、鼠径(そけい)ヘルニア、歯石取り、歯切り、歯削り(不正咬合を含む)、爪切り(狼爪除去含む)、耳掃除、肛門腺しぼり、断耳および断尾等
※他の傷病の治療の手段として、これらの処置またはこれらに対しての処置を行った場合を除く。

※引用:うちのこLight:重要事項説明書
また、それ以外にも保険金をお支払いできないケースがありますので、各保険会社の約款(やっかん)や重要事項説明書をきちんと確認するようにしてください。

低コストで手術に特化したペット保険をお探しの方は『手術補償型保険』がおすすめ


今回は、手術補償に特化したペット保険についてご紹介しました。
現在手術に特化したペット保険を販売しているのは全部で6社。その中でも特におすすめしたいのがアイペットの『うちの子Light(ライト)』です。

◆(おさらい)うちの子Lightがおすすめの理由◆

①補償割合が90%!6つのプランの中で1番補償割合が高い
②1回あたりの限度額が最大50万円まで補償
③新規加入年齢が12歳11ヶ月まで可能

月々の保険料を見ると他社の方が安い場合もありますが、入院補償を重点に考えて選ぶのであれば、補償割合や限度額、加入年齢などのトータル的に見ればアイペットの『うちの子Light(ライト)』がおすすめと言えます。
もちろん、個々の生活スタイルや必要な補償などが異なる場合は、これに属さない可能性があります。
その際は、ご自身で今一度よく各保険会社の内容を比較した上で、ピッタリなペット保険を見つけていただければと思います。
その際、約款や重要事項説明書はきちんと確認して契約を行うようにしてくださいね。

注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2019年11月20日現在の内容です。

あなたにおすすめの記事

【2020年版比較】ペット保険のおすすめはこれだ!40以上のプランから選ぶ方法とは? ペット保険でよくある「トラブル・免責」まとめ!知っておくべき回避方法とは? ペット保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 ペット保険会社一覧 特徴・注意点もまるわかり!