通院はどこまで補償されるの?通院補償に特化した手ごろなペット保険を知りたい!!

「ペット保険に加入しようかなぁ。でもなるべく保険料は抑えたいし、頻繁に通う通院はカバーしておきたいんだよな。」

そうお考えの方に必見!

実は、なるべく保険料を抑えた上で通院に特化したペット保険が存在するんです!!

その名も

『通院特化型』!

一体どんなペット保険なのでしょうか。

ペット保険の約9割は通院がメイン!ペット保険を選ぶ際に重要なのは通院補償の手厚さが大事!!

ペット保険には、主に3つの補償があります。

  • 通院補償
  • 入院補償
  • 手術補償

その中で最も保険金支払率が高いのは『通院補償』といわれているのはご存知ですか。

PS保険でお馴染みのペットメディカルサポート株式会社の調べによると、約9割以上が通院による保険金請求をしているそうです。※1

犬や猫を始めとするペットには健康保険がないため、ちょっとした通院であっても高額な医療費がかかるもの。

また高齢になると免疫力の低下が原因で、病気やケガにもなりがちです。

そう考えると、入院や手術よりも頻繁に通う『通院』に対する補償を手厚くするべきといえるでしょう。

※1.参照:ペット保険の通院補償

「手頃な保険料で通院に備えたい!」そんな人には“通院特化型保険”がおすすめ

「ペット保険に加入したいけど、なるべく保険料を抑えたいんだよね」

「通院に特化したペット保険ってないのかな?」

など、保険料を抑える且つ、通院に特化したペット保険をお探しの方には『通院特化型保険』をおすすめします。

通院特化型保険とは、その名の通り「通院を重点においたペット保険」のことを指します。

しかしそんな都合よく通院に特化し、尚且つ、保険料を抑えられるペット保険は果たしてあるのでしょうか。

通院に特化したペット保険は、日本ペットプラスのいぬとねこの保険1社のみ!!



通院特化型保険にマッチしているペット保険は、なんと1社のみ。

その保険会社は「日本ペットプラス少額短期保険株式会社(以下:日本ペットプラス)」です。

では、日本ペットプラスはどのようなペット保険を販売しているのでしょうか。

ペット保険『いぬとねこの保険』は3つのプランから選べる!!その中でも“ゴールドプラン”は通院のみに特化した保険プラン

日本ペットプラスのペット保険は『いぬとねこの保険』という名称で保険を販売し、3つのプランの中から保険を選ぶことができます。

その中で、通院特化型保険に該当するプランは“ゴールドプラン”

通院のみを補償するプランとなっています。

では、ゴールドプランの補償内容を見ていきましょう。

資料1:補償内容

補償内容 90%プラン 70%プラン 50%プラン
補償対象 通院
年間補償限度額 900,000円 700,000円 500,000円
日額・回数制限 制限なし
免責金額 なし

ゴールドプランは「90%・70%・50%」といった3つのてん補割合からご自身に合ったものを選ぶことができます。

そして1日あたりの通院にかかる制限(日額・回数)がなく、年間補償限度額の範囲であれば何度でも利用することが可能です。

また、契約者が負担しなくてはいけない「免責金額」の設定がないのも嬉しいところです。

てん補割合とは?
病気やケガにより生じた治療費(通院)を保険金として支払われる金額の割合のこと。

では、気になる保険料についてはどうでしょうか。

ここでは、小型犬での保険料についてまとめてみました。

資料2:保険料(小型犬の場合)

90%
プラン
70%
プラン
50%
プラン
小型犬
0歳 月払 2,340円 1,820円 1,300円
年払 26,020円 20,240円 14,470円
1歳 月払 2,180円 1,700円 1,210円
年払 24,220円 18,840円 13,470円
2歳 月払 2,170円 1,690円 1,210円
年払 24,110円 18,760円 13,400円
3歳 月払 2,130円 1,660円 1,180円
年払 23,640円 18,400円 13,130円
4歳 月払 2,180円 1,700円 1,210円
年払 24,220円 18,840円 13,470円
5歳 月払 2,200円 1,710円 1,220円
年払 24,400円 18,980円 13,560円
6歳 月払 2,470円 1,920円 1,380円
年払 27,490円 21,380円 15,290円
7歳 月払 2,710円 2,110円 1,510円
年払 30,110円 23,400円 16,730円
8歳 月払 3,030円 2,360円 1,690円
年払 33,710円 26,200円 18,730円
9歳 月払 3,330円 2,590円 1,850円
年払 37,000円 28,780円 20,560円
10歳 月払 3,770円 2,930円 2,090円
年払 41,840円 32,530円 23,240円
※満11歳以上の保険料を知りたい方はコチラをチェック!

小型犬は、トイプードルやチワワなどの人気犬種が該当するプラン。

例えば3歳のトイプードルなら、月々下記の保険料で抑えることが可能であり、50%プランであれば月々1,180円でもしもに備えることができます。

90%プラン 2,130円
70%プラン 1,660円
50%プラン 1,180円

また3歳の猫で50%プランを選択した場合、月々820円で加入することができます。

1,000円未満で抑えることができるのは嬉しいですね。

もしも賠償責任特約を付帯したい場合は、特約保険料(年払910円 /月払80円)を加算すれば付帯することができます。

そして日本ペットプラスの場合、各種割引制度※2が用意されているので、更に月々の保険料を抑えることが可能ですよ。

賠償責任特約とは?
ペットが誤って他人をケガさせたり、他人の物を壊したりしてしまった場合に賠償金やっ弁護士費用などを補償する特約制度のこと。
 
日本ペットプラスの場合は年間で最高500万円まで補償可能。

※2.各種割引制度の詳細はコチラから

【注意!】通院に特化しているペット保険だけど…全ての費用が補償されるわけではない

「通院に特化した保険、保険料も手頃だしいいんじゃない?」

と思った方、確かにとても良いペット保険ではあるのですが、注意すべき点があります!

それは『全ての通院が補償対象ではない』ということ。

日本ペットプラスでは、下記の内容は補償対象外となります。

補償の対象とならない事由(抜粋)
予防 ワクチン接種、マイクロチップの装着
出産、避妊など 交配、妊娠、出産、早産、帝王切開、流産及び人工流産、不妊手術、去勢
病気以外の処置 爪切り(狼爪除去も含む)、乳歯or歯牙に関する処置、歯石取り、断耳、断尾、美容整形手術、声帯の除去、肛門腺しぼり
病気 停留睾丸、睫毛乱世、涙やけ、臍ヘルニア、鼠径ヘルニア、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、レッグペルテス、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱、不正咬合
ケア関連 トリミング、トリミング用品、シャンプー、薬用シャンプーor医薬品シャンプーorイヤークリーナー、動物病院で治療時における処置以外のノミ・ダニ駆除、または発生予防措置やその薬品
健康体に施された処置 ●傷病予防のための投薬、注射、外科的手術その他医療、検査処置及びそれらの処置
●検査後に症状原因または診断名が確定した場合のその検査(加療の効果を計るために治療の一環を構成する検査は含まない)
入院中 食餌に該当しない食物や療法食、獣医師が処方する医薬品以外のもの
代替医療、減感作療法 中国医学(鍼・灸を除く)、インド医学、ハーブ療法、アロマテラピー、ホメオパシー、温泉療法、酸素療法等
動物病院、ペットホテル関連 夜間・早朝等時間外診療(加算部分)、往診(加算部分)、予防目的のための初診・再診、ペットホテルまたは同様の施設での預かり・散歩
その他 保険金請求のための文章作成、郵便・電話等による通信費、カウンセリング、相談または指導、安楽死・遺体処置または解剖検査、医療行為の補助者やトリマー等を要請する施設における教材
役務に従事させることにより生じたもの ①公式・非公式問わず、競技(闘争行為も含む)、曲技、演技またはそれらのための訓練
②狩猟、公的機関の捜査や救助等の補償、またはそのための訓練
参照:重要事項説明書

これらの補償対象の有無は、各保険会社によって基準が異なりますが、予防目的のものや妊娠・出産・不妊手術などの費用は対象外としている所が多いです。

また、一般的に国内の治療のみに補償されるため、海外での病気やケガに関する治療は補償対象外となります。

詳しくは各保険会社にお問い合わせいただくか、約款(やっかん)や重要事項説明書をご確認ください。

まとめ|「保険料を抑えたい」「通院に備えたい」そんな人にピッタリな保険は『通院特化型保険』がおすすめ!!

今回は、なるべく保険料を抑える且つ、保険金請求の使用率が高い通院補償に特化したペット保険をご紹介しました。

日本ペットプラスのいぬとねこの保険『ゴールドプラン』は、年間補償限度額の範囲内であれば何度でも保険金請求が可能な通院特化型保険

もちろん、免責金額の設定もないことから、長引く可能性のある通院期間も安心して治療に専念することができます。

ただし気を付けて欲しいのは、全ての通院が補償されるというわけではないこと。

あくまでも、病気やケガの医療における治療において補償されます。(※但し一部の病気やケガは補償対象外)

そのため、契約前は必ず約款(やっかん)や重要事項説明書を熟読し、納得した上で加入するようにしてくださいね。

注意事項

記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2019年11月20日現在の内容です。

【2020年版比較】ペット保険のおすすめはこれだ!40以上のプランから選ぶ方法とは? ペット保険でよくある「トラブル・免責」まとめ!知っておくべき回避方法とは? ペット保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 ペット保険会社一覧 特徴・注意点もまるわかり!