チンチラのペット保険3社を解説!保険選びの注意点とかかりやすい病気の治療費付き

チンチラのかかりやすい病気って知っていますか?また、かかる治療費も気になりますよね。

もちろん、大切なペットの病気やケガに備える『ペット保険』も加入できるのかも大きなポイント!

ここでは意外と知らないチンチラの病気のことから治療費、ペット保険の加入可否まで詳しくご紹介。

チンチラはアニマル倶楽部のプリズムコールがおすすめ!!

ペット保険比較の方程式ではチンチラでも加入ができるペット保険はないか探してみました。

その結果挙がって来たのが3社の保険会社。

その中でも特におすすめしたいのが、日本アニマル倶楽部のプリズムコールです。

特徴
  • 補償範囲内なら100%補償される
  • 生後30~満5歳未満まで新規加入ができる
  • 診断書費用を年間10,000円まで補償してくれる
  • 福祉手帳をお持ちの方は5%割引が適用される

注意点
  • 窓口精算ができない
  • 終身継続ができない
  • 補償額に上限がある
  • 保険料が高い

なぜ日本アニマル倶楽部のプリズムコールが良いのでしょうか?

3社の保険を分析し、なぜオススメなのかをご紹介していきたいと思います。

なぜペット保険に加入すべきなの?チンチラのかかりやすい病気に理由が隠されている

ここでは、チンチラがかかりやすい病気を2つ取り上げ、どれくらいの治療費がかかるのかをご紹介いたします。

一部ウサギの治療費を挙げていますが、同じ小動物として目安の金額として参考にしていただければと思います。

また、ここに掲載されている金額はあくまで目安ですので、詳しい治療費はかかりつけの動物病院で相談してくださいね。

【不正咬合】歯が必要以上に伸び続けてしまう

不正咬合(ふせいこうごう)とは、簡単に言えば噛み合わせがうまくいっていない状態のことです。

その結果ごはんを食べられなくなってしまうのです。

治療は、歯を切断することで行います。

毛づくろいが原因!?胃の中に異物があると【胃のうっ滞】を引き起こすことも

胃のうっ滞は、食べたごはんが胃の中で停滞し腸に流れにくくなった状態のことを言います。

食欲不振はもちろんのこと、腹痛、軟便、下痢などお腹の調子が悪くなり、動かなくなったり元気がなくなったりするなどの症状が見られます。

多くの場合は薬で治療する内科的治療を行いますが、それでも改善しない場合は外科的治療にて胃に詰まった毛球を取り除きます。

胃や腸に毛玉が溜まって引き起こす【毛球症】

毛球症(もうきゅうしょう)とは、毛づくろいなどで口から接取した毛が胃や腸などの消化器官で毛玉となり、溜まってしまうことで発症する病気のことを言います。
チンチラは、猫のように毛玉を吐き出すことができません。また、胃から十二指腸への出口である幽門が小さいことから、毛球症が起こりやすいと言われています。
毛球症はストレスが原因で極度に毛づくろいを行ったり、何らかの原因で胃腸の動きが悪くなり、飲み込んだ毛の排出ができなかったりすることが考えらえています。

【治療費:内科的治療~毛球を除去する外科的治療まで】

13,000~61,000円
引用:ぽふらいふ!:うさぎの医療費ってどれくらい?~飼い主さんがするべき事~
毛球症の治療は軽度のものであれば、毛球除去剤やタンパク分解酵素材の投与やウンチと一緒に排出させる内科的治療を行います。
しかし、内科的治療でも改善が見られない場合は、毛球を除去する手術を行います。
–>

なかにはこれだけチンチラに治療費がかかった人も…

実際ご家庭にチンチラがいる方は、医療費がどれくらいかかっているのでしょうか?

治療費が50万ほどかかったのは、生涯にかかった費用なのでしょうか。

どのような病状だったかはわかりかねますが、小動物も犬や猫と同じくらい高額な費用がかかることがあると言うことがわかりますね。

治療費が週1回で1万円は結構な金額です。

またチンチラなどのエキゾチックアニマルを診てくれる動物病院も限られてくるとなると、そこまで行く交通費もバカになりませんね。

この方はケガで治療費が10万円を超えたようです。

命は確かにお金に変えられません。

もし今後チンチラをお迎えしようと検討している人は、数十万以上の治療費もかかる場合があることを念頭に入れなくてはいけませんね。

チンチラでも入れるペット保険は何社あるの?どんな補償内容がついているの?

チンチラの病気は数万円で済む場合もあれば、数十万円以上の治療費がかかる場合があります。

常に余裕のある貯蓄が出来ていればよいのですが、中々現実的には難しいもの…

かといってエキゾチックアニマルと呼ばれるチンチラにも加入のできるペット保険はあるのでしょうか。

結論:3社あります!!

犬猫が中心のペット保険の中に、なんと3社がチンチラ対応のペット保険を販売しています。

一体どのような保険内容なのでしょうか。

生後30日から満5歳未満まで加入ができる日本アニマル倶楽部のプリズムコール【小動物プラン】

日本アニマル倶楽部のプリズムコールは犬や猫はもちろんのこと、うさぎやハムスターなどの小動物や鳥類、爬虫類(イグアナ、カメ)などが加入のできるペット保険です。

その中でチンチラが加入できるプランが『小動物プラン』。

チンチラ、フェレット、デグーは生後30日から満5歳未満までが新規加入することができます。

またグリーンプランⅡ、オレンジプランⅡ、ブループランⅡ、ホワイトプランⅡの4つの中からご自身に合ったプランを選ぶことが可能です。

特徴
  • 補償範囲内なら100%補償される
    補償限度額までであれば、自己負担はありません。
  •  

  • 生後30~満5歳未満まで新規加入可能
    後程ご紹介する保険と違い、4歳までの間であればいつでも加入することができます。
  •  

  • 診断書費用を年間10,000円まで補償
    診断書は1回につき約3,000円かかる場合があるので、約3回分は自費がかからないのは嬉しいですね。(※ブループランⅡは適用外)
  •  

  • 福祉手帳をお持ちの方は5%割引が適用される
    小動物プランの場合、福祉手帳をお持ちであれば月々(年払)の保険料から5%の割引が適用されます。

注意点
  • 窓口精算ができない
    保険金を請求したい場合は後日必要書類を揃えた上で保険金請求手続きをしなくてはいけません。
  •  

  • 終身継続ができない(4歳まで)
    平均寿命が約10~15年※2のチンチラにとっては心もと無いかもしれませんね。
  •  

  • 補償額に上限がある
    限度額以上の治療費が発生した場合は自費となります。
  •  

  • 保険料が高い
    チンチラを補償対象とするペット保険3社の中で保険料が最も高い金額となっています。

プリズムコール:うさぎ等小動物プラン

うさぎ等小動物プラン
プラン名 グリーンプランⅡ オレンジプランⅡ ブループランⅡ ホワイトプランⅡ
保険料(月払い) 4,230円 3,670円 2,270円 1,910円
通院補償 ×
1日の限度額 5,000円 4,000円 3,000円
年間限度日数 60日 30日 20日
入院補償
1日の限度額 10,000円 8,000円 5,000円 10,000円
年間限度日数 60日 30日 20日 30日
手術補償 ×
1日の限度額 90,000円 60,000円 150,000円
年間限度回数 年2回 年2回 年2回
年間最大補償額※1 109万円 49万円 16万円 61万円

※1.保険期間内に支払われる保険金の上限額

各プランの特徴とおすすめしたい人は以下の通り。

特徴

プラン名 特徴
グリーンプランⅡ 通院・入院・手術全てを補償。
充実な補償内容で安心を手に入れたい人におすすめ。
オレンジプランⅡ 通院・入院・手術全てを補償。
全ての補償を受けたいが、なるべく費用を抑えたい人におすすめ。
ブループランⅡ 入院と通院を補償。
頻繫に通うであろう通院を重視し、保険料を抑えたい人におすすめ。
ホワイトプランⅡ 入院と手術を補償。
高額な費用が発生する時の為に保険に加入したい人におすすめ。

これからチンチラをお迎えする予定の方は他のペット保険にも加入できる

先述では日本アニマル倶楽部のプリズムコールについてご紹介しましたが、チンチラを補償対象とする保険会社はあと2社あります!

それは、アニコムの『どうぶつ健保はっぴぃ』とアイペットの『うちの子Cute(キュート)』です。

ここでは2社それぞれの特徴と注意点をご説明していきます。

2019年3月1日よりチンチラも補償対象に!アニコムの【どうぶつ健保はっぴぃ】

アイコムの『どうぶつ健保はっぴぃ』は、エキゾチックアニマルを対象としたペット保険となり、治療費の70%or50%を支払限度額の範囲で補償してくれます。

資料3:どうぶつ健保はっぴぃのプラン内容

はっぴぃ70%プラン はっぴぃ50%プラン
保険料(月々) 1,680円 1,240円
通院・入院補償
支払限度額 1日最大14,000円まで 1日最大10,000円まで
限度日数 1年間:20日まで
手術補償
支払限度額 1回あたり最高140,000円まで 1回あたり最高100,000円まで
限度日数 1年間:2回まで
特徴
  • 終身継続が可能
  • どうぶつ健活「腸内フローラ測定※3」が無料で受けられる(対象年齢0~1歳11ヶ月まで)
  • ペット賠償責任特約※4を月々の保険料に+140円付帯するだけで、1事故につき1,000万円まで補償してくれる
  • 多頭割引※5や健康割増引制度※6がある

注意点

・引渡日から1ヶ月間の保険金請求は後日精算。2ヶ月目以降から窓口精算になる。
・保険料は年齢に関わらず一律金額
・口座振替は年払のみ
※3.どうぶつのうんちを採取して送付すると、健康状態を確認することができるサービス。
※4.他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりした場合に補償する特約のこと。
※5.2匹以上保険加入をした場合、次年度の継続契約手続き時に契約頭数を確認の上、月払50円、年払600円を保険料から割引される。
※6.保険の利用状況によって割増引が適用される制度のこと。

3つのプランはどれも通院・入院・手術が補償!アイペットの【うちの子Cute(キュート)】

アイペットの『うちの子Cute(キュート)』は、チンチラ・鳥・うさぎ・フェレットなどのエキゾチックアニマルを対象としたペット保険です。

3つのプランから選ぶことができ、どのプランも「通院・入院・手術」の補償がついてきます。

70%プラン 50%プラン 30%プラン
保険料(月々) 1,420円 1,240円 1,000円
通院補償
支払限度額 1日最大12,000円まで 1日最大10,000円まで 1日最大9,000円まで
限度日数 1年間:22日まで
入院補償
支払限度額 1日最大30,000円まで 1日最大12,000円まで 1日最大9,000円まで
限度日数 1年間:22日まで
手術補償
支払限度額 1回あたり最高150,000円まで 1回あたり最高100,000円まで 1回あたり最高40,000円まで
限度日数 1年間:2回まで
年間補償限度額 最大122.4万円 最大72.8万円で 最大47.6万円

特徴

・全てのプランに通院・入院・手術の補償が付いてくる
・終身継続が可能
・多頭割引※7や無事故継続割引※8がある
・アイペット対応動物病院なら窓口精算が可能

注意点

・支払限度額や回数(日数)の規定があること
※7.2契約目以降の契約に割引が適用される。2~3契約で2%、4以上の契約で3%割引。n※8.過去1年間保険金請求をしなかった場合、継続契約の保険料が5%割引。

アニコム&アイペットは代理店限定商品!後日加入はできず、0歳~1歳11ヶ月までのお申込み

アニコムとアイペットのプラン内容を見てみると、「日本アニマル倶楽部より良いかも」と思った方もいるかもしれません。

しかし、この2社のペット保険はいつでも加入することができないのです。
その理由は3つあります。
1.購入先のペットショップ代理店でないと加入ができない
2.ご自宅にお迎えになる日までに申し込みしないといけない
3.新規契約は0~1歳11ヶ月まで

そのため、購入先のペットショップがアニコム、またはアイペットの代理店として保険を取り扱っていないと加入ができませんし、お迎えしてしまった後では加入することはできません。

しかも加入できる年齢制限がとても短いため、気軽に入ることができないのです。

3社を比較した結果:5歳未満のチンチラならいつでも加入ができる日本アニマル倶楽部のプリズムコールがおすすめ!


日本アニマル倶楽部、アニコム、アイペットの3社を比較すると、それぞれに特徴があり、注意点があることがわかりました。

その中でチンチラを飼っている方に是非おすすめしたいのが、日本アニマル倶楽部の“プリズムコール”です。

その理由はチンチラが満5歳未満であれば、いつでも好きなときに加入することができるからです。

更に4つのプランの中からご自身に合ったものを選べますし、治療費が補償限度額以内の場合は自己負担が発生しないからです。

現在チンチラを飼っていてペット保険に未加入な方、ペット保険を諦めてしまっている方は是非一度、日本アニマル倶楽部のプリズムコールを検討してみてはいかがでしょうか。

●特徴

・補償範囲内なら100%補償される
・生後30~満5歳未満まで新規加入ができる
・診断書費用を年間10,000円まで補償してくれる
・福祉手帳をお持ちの方は5%割引が適用される

●注意点

・窓口精算ができない
・終身継続ができない(満4歳まで)
・補償額に上限がある
・保険料が高い

チンチラのペット保険加入もはお迎え前に検討しよう!

今回はチンチラのかかりやすい病気から、加入できるペット保険までご紹介しました。

比較的マイナーなペットでもありますが、環境に気を付けてきちんと育ててあげれば15年近く長く付き合える最高のパートナーとなります。

ただし、環境の変化にとても敏感でストレスを溜めやすい性格のため、病気やケガなどには注意する必要があります。

お迎えしてから1ヶ月は病気になりやすいと言われていますので、なるべく早いうちに3社のペット保険を比較し、ご自身に合ったペット保険を選んでみてくださいね。

注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2019年10月17日現在の内容です。

あなたにおすすめの記事

【2020年版比較】ペット保険のおすすめはこれだ!40以上のプランから選ぶ方法とは? ペット保険でよくある「トラブル・免責」まとめ!知っておくべき回避方法とは? ペット保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 ペット保険会社一覧 特徴・注意点もまるわかり!