リスにおすすめのペット保険、病気から治療費まで保険事情を徹底解説!

リスにペット保険をかける場合、どんなプランを選べば良いのでしょうか。

かかりやすい病気や治療費をざっくりと抑えた上で、おすすめのペット保険を選びましょう

リスにおすすめのペット保険はズバリ!?SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)の『プリズムコール』

 

リスが入れるペット保険を探してみると、中々見つからないのが現状ですよね。

そこでペット保険の方程式では、独自調査を実施!!
リスにおすすめのベストなペット保険について調べてみました。

なぜSBIプリズム少短のプリズムコールがおすすめといえるのでしょうか?

まずは特長と注意点を見てみましょう。

 

特長

・補償割合100%
・保険料が一律
・通院・入院・手術をフルカバーするプランが2種類ある

注意点

・終身継続ができない
・補償額に上限がある
・窓口精算に対応していない

SBIプリズム少短のサイトを見る

リスを飼う上で気を付けるべき3つの病気の治療費

 

野生動物としてのイメージが強いため、リスの病気やケガはあまり知られていませんが、もしもペットとしてお迎えするとしたら、どのような病気やケガに気を付けるべきなのでしょうか。

ここでは、リスがかかりやすい病気を3つご紹介したいと思います。

もちろん、今回ご紹介する以外の病気やケガもありますので、少しでもペットのリスの調子がいつもと違うなと感じたら、直ぐにかかりつけの動物病院に相談することをおすすめします。

切歯の噛み合わせが悪い『不正咬合』の治療費

不正咬合とは噛み合わせの悪さを意味とします。
げっ歯類と呼ばれるリスやウサギ、ハムスターなどによく見られ、前歯が発達して伸び続けてしまう症状です。

目安の治療費(うさぎの場合):約3,000~15,000円前後※1

金額の差がかなりありますが、麻酔をする・しないで大きく変わるようです。
治療を受ける際は、かかりつけの動物病院とよく考えた上で治療を進めていきましょう。

※1.診察料金や検査料金がかかるため、更に治療費が加算される場合があります。

皮膚病の治療費

犬や猫と同様に、リスの皮膚病も様々な原因が考えられ、その種類も多いとされています。
特にリスがなりやすい皮膚病は「細菌性皮膚炎」「皮膚糸状菌症」「内分泌性皮膚炎」などが挙げられます。

目安の治療費(ハムスターの場合):1回約2,000~3,000円前後※1

リスと同じぐらいのサイズであるハムスターの場合、皮膚病にかかった場合の治療費が1回の通院費で約2,000~3,000円前後。しかし、1回で皮膚病は完治しませんので、暫くは通院する必要が出てきます。

また処方箋も必要となってくるため、場合によっては総額1万円以上かかる場合があります。

※1.診察料金や検査料金がかかるため、更に治療費が加算される場合があります。

『呼吸器感染症』の治療費

若いリスがかかりやすい病気の1つ。症状が進行すると呼吸器困難になったり、食欲不振による脱水で死亡したりすることが多いと言われています。

治療費の目安は?

目安の治療費(検査料+処置料のみ):約4,000円

※2.診察料金や処方箋などが発生するため、更に治療費が加算される場合があります。

リスの治療費は手術で5万円以上かかることも

リスも私たち人間と同じで生き物ですので、100%病気やケガにかからないとは言い切れません。

もしもペットのリスが全身麻酔をする手術が必要になった場合は、最低でも1万円以上はかかってきます。

またがんなどの病気を患い、腫瘍除去手術を行う場合は約5,000~40,000円、子宮蓄膿症手術の場合は約15,000~50,000円近くかかる場合もあります。

しかもエキゾチックアニマル(小動物)に属するリスを診てくれる動物病院は、まだまだ全国的に少ないため、治療をしてくれる動物病院まで行く場合の交通費も考慮する必要があるでしょう。

リスは小さいし飼いやすそうに感じますが、購入金額よりも高い治療費がかかることもあります。

最後まで責任をもって飼うためにも、もしもの時に備えてペット保険を考えてみましょう。

リスにおすすめは、SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)の『プリズムコール』

 

では、家族であるリスのためにペット保険の加入を検討するとしたら、どこのペット保険を選べばよいのでしょうか。

ペット保険の方程式では、SBIプリズム少短の『プリズムコール』をおすすめします。

その理由は「リスが満4歳未満までで、いつでも加入できるペット保険は1社しかない」から。

それを言ってしまうと「じゃ、選ぶ余地がないってことじゃん!」と思われてしまいますが、実はSBIプリズム少短の『プリズムコール』は4つのプランから、ご自身に合ったプランを選ぶことが可能なのです!!

では、4つのプランにおけるそれぞれの特徴について見ていきましょう。

自身に合ったプランを選ぼう!!プリズムコールの補償内容と保険料

SBIプリズム少短の『プリズムコール』でリスが加入できる保険は、ズバリ『うさぎ等小動物プラン』です。

※5.保険期間内に支払われる保険金の上限額のことを指します。
この「うさぎ等小動物プラン」には全部で4つのプランがあり、それぞれ用途に合わせて選ぶことができます。

SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)の『プリズムコール』ってどんなペット保険なの?特長

 

エキゾチックアニマル(小動物)であるリスでも加入できる『プリズムコール』とは、実際どのようなペット保険なのでしょうか。主な3つの特長についてまとめてみました。

①補償割合が100%
リスが病気やケガをして掛かった治療費に対し、各プランの補償限度額まで保険金を支払ってくれます。※6

そのため、支払いした治療費が補償限度額の範囲内で済めば、自己負担額が発生しないのです。※7

※6.補償限度日数(回数)があります。
※7.補償対象外の治療費に関しては、自己負担額となります。詳しくは重要事項説明書、または約款をご確認ください。

②保険料が一律
プリズムコールの各プランは、年齢が上がっても保険料が一律のため上がりません。※8
そのため、急に保険料が上がったとビックリすることもありません。

※8.社会環境の変化等に応じ、収支状況を検証した結果、SBIプリズム少短の定めにより、 保険契約の更新時に保険料の増額または保険金額の減額をする場合があります。

通院・入院・手術をフルカバーするプランが2種類ある
4つのプランの中で「グリーンプランⅡ」と「オレンジプランⅡ」に関しては、通院・入院・手術をカバーすることができます。
そのため、万が一大きな病気やケガをして、手術や通院回数が増えたとしても安心して治療に専念することが可能です。

SBIプリズム少短のサイトを見る

加入前によく確認!!SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)の『プリズムコール』の注意点

先述では3つの特長について説明をしましたが、注意すべき点はあるのでしょうか。

①終身継続ができない
犬猫のペット保険の場合、終身継続ができるペット保険がほとんどですが、プリズムコールの「うさぎ等小動物プラン」は年齢制限があります。

リスの場合は、新規・更新可能年齢が生後30日~満4歳11ヶ月まで。そのため、満5歳以上のリスは加入することができなければ、終身継続することもできません。

シマリスの平均寿命が7~8年と言われていますので、病気やケガをしやすくなる高齢期は何も補償されないので注意が必要です。

補償額に上限がある
補償割合は100%とありますが、補償限度額を過ぎた分は補償されません。

特に通院補償限度額は「グリーンプランⅡ」でも1日の限度額が最大5,000円までと、低めに設定されているため注意が必要です。

③窓口精算に対応していない
SBIプリズム少短での保険金受け取りは「後日精算」のみ。そのため、窓口精算には対応していません。

一度、かかった治療費は全額自己負担した後、SBIプリズム少短に保険金請求をする必要があるため、ある程度貯蓄をしておく必要があると言えるでしょう。

4つのプランの中で1番おすすめしたいのは『グリーンプランⅡ』

ここまでにプリズムコールの特長や注意点などを説明してきましたが、ではこの4つのプランの中で1番おすすめしたいプランは『グリーンプランⅡ』です。

その理由はズバリ『通院・入院・手術』をフルカバーすることができるため。

リスのかかりやすい病気を見てみると、通院回数が多くなる病気が複数散見されますし、万が一、手術が必要になった場合もグリーンプランⅡで補うことができるからです。

但し、グリーンプランⅡは他の3つのプランの中で保険料が1番高いため「少しでも保険料を抑えたい」と考えている人は『オレンジプランⅡ』を検討してみるとよいでしょう。

オレンジプランⅡは保険料が安い分補償額は少し控えめですが、それでも通院・入院・手術の際の負担は大きく軽減することができるからです。

是非、これらを参考にしてご自身とリスにピッタリのプランを選んでみてくださいね。

これからリスをお迎えするなら、まだ間に合うかも!?SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)以外に加入できるペット保険を2社ご紹介

生後30日~4歳11ヶ月までの期間で、リスが加入できるペット保険はSBIプリズム少短しかありませんが、これからリスをお迎えする予定の人にとっておきの情報があります!

それは、リスを自宅にお迎えになる日までにお申込みすることができる、ペットショップ代理店限定商品のペット保険があるんです!!

ここでは、そのペット保険について簡単にご紹介したいと思います。

大手ペット保険会社アニコムの『どうぶつ健保はっぴぃ』(通称ミニまる)

 

特長

・終身継続可能
・通院・入院・手術を満遍なくカバー
・選べる補償割合(70%、50%)
・ペット賠償責任特約を付帯することができる(月払140円/年払1,500円)
・引渡日から2ヶ月目以降は「窓口精算」が可能
・腸内フローラ測定を無料で受けることができる(どうぶつ健活)

注意点

・ペットショップにてお迎えになる日までに申し込みをしなくてはいけない
・新規加入の対象年齢が0~1歳11ヶ月までと加入できる年齢が短い
・月払での口座振替はできない
・お引渡日から1ヶ月間は「後日精算」となる
・2年目以降の契約継続時に、保険の利用状況によって保険料が変わる場合がある(健康割増引制度)

※詳しくは、どうぶつ健保はっぴぃの【パンフレット兼重要事項説明書】をご確認ください。

手頃な保険料でしっかりサポート!アイペットの『うちの子Cute(キュート)』

 

特長

・終身継続可能
・通院・入院・手術を満遍なくカバー
・選べる補償割合(70%、50%、30%)
・窓口精算対応
・3社の中で最も保険料が安い(通院・入院・手術補償プラン)
・割引が充実(多頭割引、無事故継続割引)
・アイペット指定の診療明細書をコンビニでプリントする場合は、印刷代が無料

注意点

・お申込みいただけるのは、対象ペットの引渡しの時まで
・新規加入の対象年齢が0~1歳11ヶ月までと加入できる年齢が短い
・窓口精算は初回保険料の払込み確認(口座振替日から5営業日程度)ができ次第対応可(口座振替の場合)

※詳しくは、うちの子Cute(キュート)【重要事項説明書・ご契約のしおり】や【約款】をご確認ください。

【おさらい】おすすめのペット保険、SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)の“プリズムコール”

 

今回は、リスにおすすめすべきペット保険についてご紹介しました。
ペットでリスをお迎えしようと思っても、中々病気やケガのことなどが掲載されている所が少ないと思いますので、少しでもお役に立てれれば光栄です。

リスはとてもデリケートな生き物です。環境の変化がストレスとなり、風邪などの体調不良を引き起こすこともあります。

また特に気を付けたいのが下痢。げっ歯類であるリスにとって命を奪うほど恐ろしい病気でもあります。

もしもの時のためにも、家族の一員となったリスのためにぜひペット保険を検討してあげることをおすすめします。

SBIプリズム少短のサイトを見る

【おさらい】おすすめのペット保険、SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)の“プリズムコール”について


特長

・補償割合100%
・保険料が一律
・通院・入院・手術をフルカバーするプランが2種類ある

注意点

 

・終身継続ができない
・補償額に上限がある
・窓口精算に対応していない

SBIプリズム少短のサイトを見る

SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)ペット保険の口コミ・評判【デメリットは加入の手間と保険料?】
注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2020年3月3日現在の内容です。