モモンガにピッタリのペット保険は?かかりやすい病気や治療費から考えてみよう

モモンガをお迎えした際、気になるのが生涯かかるお金や医療費問題。ここでは、モモンガに関する健康&保険事情について詳しく解説します!
モモンガにおすすめのペット保険は?

モモンガのペット保険は日本アニマル倶楽部の『プリズムコール』のみ!!


現在飼われているモモンガのペット保険は選べる数は圧倒的に少なく、日本アニマル倶楽部の『プリズムコール』1社しかありません。

モモンガのかかりやすい病気や治療費などを踏まえた上で、ペット保険について詳しく解説してきます。

 

 

日本アニマル倶楽部の特長

・補償割合100%
・保険料が一律
・通院・入院・手術をフルカバーするプランがある

日本アニマル倶楽部の注意点

・終身継続ができない
・補償額に上限がある
・窓口精算に対応していない

モモンガを飼う上で気を付けたい病気やケガ

参照:LIFE LIST HOME’S:小さなペット「モモンガ」と一緒に。一人暮らしで癒しのタワマン生活

モモンガは警戒心が強くて臆病な性格から、環境の変化や大きな物音は過度のストレスを与えてしまいます。最悪の場合は、ショック死をしてしまうため注意が必要です。

また、とても小さくてデリケートな故、気を付けるべき病気やケガが多いのもモモンガの性質といえます。

モモンガをお迎えするのであれば、モモンガのかかりやすい病気やケガもきちんと熟知しておくと良いでしょう。

【モモンガがかかりやすい病気・ケガ一覧】
※表は横にスクロールできます。

病名 症状 原因
下痢(消化器系) 水分を多く含んだペースト状のうんちをする
また悪臭を放つことがある
ストレス、抵抗力の低下、細菌性感染
風邪 鼻水やくしゃみ、元気がない、食欲不振 細菌やウイルス、栄養不足、温度管理
皮膚病(脱毛含む) 皮膚が赤く腫れ上がったり、爪の恥部が取れてしまったりする
また非常にかゆがるため、皮膚を噛んでしまうこともある
ストレス、不衛生、栄養不足、金属ケージ、
感染症(ダニ・カビ・細菌・ウイルス)など
白内障 目ヤニが多くなる、涙が多い 遺伝、高齢化、ビタミンA欠乏症、糖尿病の合併症など
自傷行為 尻尾を何度も噛む ストレス。
低体温症 体温が急激に下がり、仮死状態に陥る
動きが鈍くなったり、鼻や手足が血流不足で白くなる
臓器が動かない
周囲の気温が急激に下がることで発症
ペニス脱 ペニスが出たままの状態になる
初期段階であれば処置が可能だが、赤黒く腫れ上がったり、真黒に壊死したりしてしまうとペニスの先端部を切除しなくてはいけない。
ストレス、被毛に引っ掛かり元に戻らなくなる
発情期などに出っ放しになり乾燥して戻らなくなるなど
クル病(代謝性骨疾患) 骨が歪む、弱くなる、麻痺して関節が腫れる ビタミン不足、カルシウム不足、日光不足
栄養性疾患 肥満、貧血、白内障、代謝性骨疾患、低タンパク血症などを発症する 果物や野菜、ナッツ類や種子類などの主食でない
ものを主食として与えることが原因
骨折・脱臼 骨が折れてしまう、あるいは脱臼してしまう 飼育環境の問題、爪の長さ

モモンガを飼っている飼い主さんたちの声を聞いてみよう

モモンガの動物病院探し&かかる費用について

ペットショップでは見かけることの多いモモンガですが、モモンガを診てくれる動物病院は全国的にまだまだ少ないのが現状です。ちゃむ家のイキモノたちによると、全国に約79医院しかありません。そのため、モモンガをお迎えする前に最寄りで診てもらえる動物病院を探すようにしましょう。

また、飼う前上でどれくらいかかるかも確認する必要があります。

※表は横にスクロールできます。

必要なもの 費用
ケージ・保温器具・床材・隠れ家・登り木・ステップなど 約20,000~30,000円前後
ごはん代 約1,000~3,000円前後

始めに用意するものとして、約2~3万円前後かかってきます。また毎月必要となるごはん代は数千円程度ですので、犬猫に比べたら安く済むかもしれません。

しかし、医療費についてはどうでしょうか。

手術内容と費用
白内障手術  約20,000~30,000円
去勢手術(オス)  約15,000~20,000円
骨折手術  約30,000~40,000円
尿道手術  約20,000~30,000円

参照:日本獣医師会:小動物診療料金
※診察料、検査料、麻酔料などは含まれておりません。また治療の難易度によって料金が異なる場合もあります。 

例えば、飼っているモモンガが手術をする必要が出た場合、数万円の治療が発生します。そして更に薬代や通院代、交通費など、病気やケガが完治するまでにかかる総額の費用は10万円を超える場合もあるのです。

これらのことを考えると、モモンガは小さいからと言ってお金が全くかからないというわけではないのです。

だからこそ、もしもに備えてペット保険の加入も視野に入れる必要があると言えるのではないでしょうか。では、モモンガでも入れるペット保険は一体どんなものがあるのでしょうか。

モモンガが加入できるペット保険は、日本アニマル倶楽部の『プリズムコール』のみ

 

犬猫を対象としたペット保険は多くありますが、果たしてモモンガでも入れるペット保険はあるのでしょうか。

答えは、もちろんあります!!

しかし選べる数は圧倒的に少なく、満4歳未満まででいつでも加入できるペット保険は残念ながら、日本アニマル倶楽部の『プリズムコール』1社しかありません。

「それじゃ、選択の余地がないってこと?」
と思った人もいるかもしれませんが、日本アニマル倶楽部の『プリズムコール』は4つのプランの中から選ぶことが可能です。

では、どのようなプランがあるのか早速見ていきましょう!

4つのプランから自分に合ったものを選べる!!プリズムコールの補償内容と保険料

プリズムコールにはモモンガを含めた小動物が加入できる『うさぎ等小動物プラン』があり、全部で4つのプランの中から選ぶことができます。

まずは4つのプランの属性について見てみましょう。
※表は横にスクロールできます。

プラン名 プラン内容
グリーンプランⅡ 通院・入院・手術をトータルカバー。
充実の補償体制にしたい方向け。
オレンジプランⅡ 通院・入院・手術をカバー。
補償割合はグリーンプランⅡより劣るが、保険料を抑えたい方にピッタリ。
ブループランⅡ 通院・入院のみカバー。
利用する頻度の高い通院を重点に置きたい人向け。
ホワイトプランⅡ 入院・手術のみカバー。
高額な治療費に備えておきたい人向け。

「医療関係は全てカバーしたい!」「なるべく保険料は抑えたい」「頻度の高い通院に重点をおきたい」など、それぞれの要望に合わせて選ぶことができるのは大きなメリットの1つつではないでしょうか。

さらに補償内容についても見てみましょう。

※表は横にスクロールできます。

プラン名 うさぎ等小動物プラン
グリーンプランⅡ オレンジプランⅡ ブループランⅡ ホワイトプランⅡ
保険料(月払い) 4,230円 3,670円 2,270円 1,910円
通院補償 ×
1日の限度額 5,000円 4,000円 3,000円
年間限度日数 60日 30日 20日
入院補償
1日の限度額 10,000円 8,000円 5,000円 10,000円
年間限度日数 60日 30日 20日 30日
手術補償 ×
1日の限度額 90,000円 60,000円 150,000円
年間限度回数 年2回 年2回 年2回
診断書費用保険金 年間10,000円まで 年間10,000円まで なし 年間10,000円まで
年間最大補償額※2 109万円 49万円 16万円 61万円

※2.保険期間内に支払われる保険金の上限額のことを指します。

プリズムコールは、通院・入院の補償日数が多いため、万が一、長期的な治療が必要な場合があっても安心して治療に専念することができます。

次にプリズムコールの特長と注意点についても着目していきましょう。

日本アニマル倶楽部の『プリズムコール』をおすすめしたい3つの理由とは?【特長】

 

モモンガでも加入できる『プリズムコール』には大きく分けて3つのおすすめすべき点があります。

①補償割合が100%
病気やケガの治療費に対し、各プランの補償限度額まで保険金を支払います。※3

そのため、支払いした治療費が補償限度額の範囲内で済めば、自己負担額が発生しないのです。※4

※3.補償限度日数(回数)があります。
※4.補償対象外の治療費に関しては、自己負担額となります。詳しくは重要事項説明書、または約款をご確認ください。

②保険料が一律の定額制
プリズムコールの各プランは、年齢が上がっても保険料が一律のため上がることはありません。※5

※5.社会環境の変化等に応じ、収支状況を検証した結果、日本アニマル倶楽部の定めにより、 保険契約の更新時に保険料の増額または保険金額の減額をする場合があります。

通院・入院・手術をフルカバーするプランが2種類ある
4つのプランの中で「グリーンプランⅡ」と「オレンジプランⅡ」に関しては、通院・入院・手術をカバーすることができます。

特にモモンガの場合、下痢や代謝性疾患など、通院が必要な病気にかかりやすいとされています。そのため、通院費を日額5,000円まで補償してくれるのは心強いですね。

日本アニマル倶楽部の『プリズムコール』に加入する上で気を付けるべき3つの理由を抑えておこう【注意点】

次に3つの注意すべき点について見ていきましょう。

①終身継続ができない
通常犬猫のペット保険の場合は、終身継続ができるペット保険がほとんどですが、プリズムコールの「うさぎ等小動物プラン」は年齢制限があります。

モモンガなどの小動物の場合、新規・更新可能年齢が生後30日~満4歳11ヶ月までしか加入することができません。そのため、満5歳以上のリスは加入することができなければ、終身継続することもできないのです。

モモンガの平均寿命が7~8年と言われています。病気やケガをしやすくなる高齢の頃には何も補償されず、医療費は100%自己負担となるため注意が必要です。

補償額に上限がある
補償割合は100%とありますが、実は補償限度額を過ぎた分は補償されません。

特に通院補償限度額は「グリーンプランⅡ」でも1日の限度額が最大5,000円までと、他社よりも低めに設定されているため、5,000円を超えた治療費分は自己負担となります。

③窓口精算に対応していない
日本アニマル倶楽部での保険金受け取りは「後日精算」のみとなっています。そのため、窓口精算には対応していません。一度、かかった治療費は全額自己負担した後、日本アニマル倶楽部に保険金請求をする手続きが必要があります。

手間と時間がかかるプラス、一旦は全額支払わなくてはいけないため、ある程度貯蓄がないと急な出費はかなり痛手になることでしょう。

手厚い補償内容にしたい人は『グリーンプランⅡ』がおすすめ!

4つのプランの内、どれを選べばいいか考えた時「実際どれが良いのだろう?」って悩みますよね。

先述でもお伝えした通り、各プランの属性を見た上で自分に合ったプランを選んでみると良いかもしれません。

例えば、通院・入院・手術の補償が含まれた手厚い補償内容にしたい人は『グリーンプランⅡ』がおすすめ!特にモモンガは、ストレスが溜まると様々な病気を引き起こすリスクを抱えているため万が一、通院や手術が必要になった際も慌てる必要はありません。

しかし、グリーンプランⅡの保険料が高いなとネックに感じている方もいるかと思います。そんな人には『オレンジプランⅡ』がおすすめです。グリーンプランⅡよりも保険料が560円も安く済みます。多少補償内容は下がりますが、保険料を抑えた上で通院・入院・手術を補償がされるのでおすすめです。

是非、以上のことを参考にしていただき、ご自身に合ったプランを選んでみてくださいね。

これからモモンガをお迎えする方に朗報!!まだ間に合う!日本アニマル倶楽部以外に加入できるペット保険を2社ご紹介

参照:CHINTAI情報局:【モモンガ×二人暮らし】気になる飼い方やニオイ対策をリアルカップルに取材

生後30日~4歳11ヶ月までの期間で、モモンガが加入できるペット保険は日本アニマル倶楽部しかありませんが、これからモモンガをお迎えする予定の方は、+2社の中からペット保険を選ぶことが可能です。

それは、モモンガをおうちにお迎えする日までにお申込みが可能なペットショップ代理店限定商品のペット保険です!!

ここでは、そのペット保険について簡単にご紹介したいと思います。

大手ペット保険会社アニコムの『どうぶつ健保はっぴぃ』(通称ミニまる)

※表は横にスクロールできます。

保険会社名 アニコム損害保険株式会社
「どうぶつ健保はっぴぃ」
プラン名 はっぴぃ70%プラン はっぴぃ50%プラン
保険料(月払い) 1,680円 1,240円
保険料(年払い) 18,300円 13,500円
補償割合 70% 50%
補償範囲 通院・入院・手術
通院 14,000円(20日/年) 10,000円(20日/年)
入院 14,000円(20日/年) 10,000円(20日/年)
手術 140,000円(2回/年) 100,000円(2回/年)
年間支払限度額 84万円 60万円
新規加入可能年齢 1歳11ヶ月まで
継続可能年齢 終身継続可能

特長

・終身継続可能
・通院・入院・手術を満遍なくカバー
・選べる補償割合(70%、50%)
・ペット賠償責任特約を付帯することができる(月払140円/年払1,500円)
・引渡日から2ヶ月目以降は「窓口精算」が可能
・腸内フローラ測定を無料で受けることができる(どうぶつ健活)

注意点

・ペットショップにてお迎えになる日までに申し込みをしなくてはいけない
・新規加入の対象年齢が0~1歳11ヶ月までと加入できる年齢が短い
・月払での口座振替はできない
・お引渡日から1ヶ月間は「後日精算」となる
・2年目以降の契約継続時に、保険の利用状況によって保険料が変わる場合がある(健康割増引制度)

※詳しくは、どうぶつ健保はっぴぃの【パンフレット兼重要事項説明書】をご確認ください。

手頃な保険料でしっかりサポート!アイペットの『うちの子Cute(キュート)』

※表は横にスクロールできます。

保険会社名 アイペット損害保険株式会社
「うちの子Cute(キュート)」
プラン名 70%プラン 50%プラン 30%プラン
保険料(月払い) 1,480円 1,210円 1,030円
保険料(年払い) 17,200円 14,150円 12,040円
補償割合 70% 50% 30%
補償範囲 通院・入院・手術
通院 12,000円(22日/年) 12,000円(22日/年) 9,000円(22日/年)
入院 30,000円(22日/年) 12,000円(22日/年) 9,000円(22日/年)
手術 150,000円(2回/年) 100,000円(2回/年) 40,000円(2回/年)
年間支払限度額 122.4万円 72.8万円 47.6万円
新規加入可能年齢 1歳11ヶ月まで
継続可能年齢 終身継続可能

うちの子Cuteの特長

・終身継続可能
・通院・入院・手術を満遍なくカバー
・選べる補償割合(70%、50%、30%)
・窓口精算対応
・3社の中で最も保険料が安い(通院・入院・手術補償プラン)
・割引が充実(多頭割引、無事故継続割引)
・アイペット指定の診療明細書をコンビニでプリントする場合は、印刷代が無料

うちの子Cuteの注意点

・お申込みいただけるのは、対象ペットの引渡しの時まで
・新規加入の対象年齢が0~1歳11ヶ月までと加入できる年齢が短い
・窓口精算は初回保険料の払込み確認(口座振替日から5営業日程度)ができ次第対応可(口座振替の場合)

※詳しくは、うちの子Cute(キュート)【重要事項説明書・ご契約のしおり】【約款】をご確認ください。

モモンガをお迎え前ならペット保険会社を選べる!既にお迎えしている人はプリズムコールの4プランから検討しよう!!

今回は、モモンガにスポットを当てて病気からペット保険までご説明してきました。
モモンガはとても繊細な生き物ですので、少しの変化でも体調不良を起こしてしまいがちです。場合によっては死に至ることもあるため、注意しながら飼育する必要があります。

治療費に関しても決して安くはなく、数万円以上することも稀です。中には総額10万円以上する恐れも出てきます。

もしもに備えたリスク抑止をするためにも、ペット保険の検討をしていただくことをおすすめします。

特にこれからお迎え予定の方は、お迎えする前であれば3社の中からペット保険を検討することができます。特にアニコムとアイペットは終身継続することができますので、長くペット保険に入ることを考えているのであれば、その2社から選ぶのをおすすめします。

既にお迎えしている方は、日本アニマル倶楽部の「プリズムコール」にある4つのプランから検討してみてくださいね。

【おさらい】おすすめのペット保険、日本アニマル倶楽部の“プリズムコール”について

日本アニマル倶楽部の特長

・補償割合100%
・保険料が一律
・通院・入院・手術をフルカバーするプランが2種類ある

日本アニマル倶楽部の注意点

・終身継続ができない
・補償額に上限がある
・窓口精算に対応していない
日本アニマル倶楽部ペット保険の口コミ・評判【デメリットは加入の手間と保険料?】
注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2020年3月4日現在の内容です。