このページでは「FPCのペット保険ってどんな内容?」「FPCにはどんなメリット・デメリットがあるの?」という疑問にお答えします。

FPCは通院・入院・手術をカバーする「フルカバー型」のペット保険を販売しており、生後30日~満9歳未満のペットの犬・猫が新規で加入することができます。

大きな魅力はお手頃な保険料です。フルカバー型は補償範囲が広い分保険料が高いものもあるのですが、FPCの保険料は比較的抑えられています。

とはいえ、いいところばかりではありません。例えば、手術補償。FPCは手術の補償が比較的手薄になっており、万が一高額な手術費用が掛かったら満足いくほどの補償を受けることができないかもしれません。

何に注目すべきか、どのように考えてペット保険を選んでいくべきか、というポイントも含め説明していきます。

補償内容:通院手厚いが手術は比較的手薄

まずは補償内容をチェックしましょう。
FPCは日額・回数制限があるタイプの中では、通院補償が手厚いことがメリットとして挙げられます。ただし、手術の補償は比較的手薄です。

同じタイプのアニコムをベンチマークとして比較してみます。

FPC「フリーペットほけん」アニコム「ふぁみりぃ」
補償割合70%70%
通院支払限度額12,500円14,000円
限度日数30日20日
入院支払限度額125,000円14,000円
限度日数3入院(注1)20日
手術支払限度額100,000円140,000円
限度回数1回2回
年間の最大補償額85万円84万円
FPC「フリーペットほけん」アニコム「ふぁみりぃ」
補償割合50%50%
通院支払限度額12,500円10,000円
限度日数30日20日
入院支払限度額125,000円10,000円
限度日数3入院(注1)20日
手術支払限度額100,000円100,000円
限度回数1回2回
年間の最大補償額85万円60万円

(注1)入院に日数制限はない。1入院とは、入院から退院までをいう。

※保険商品の内容の全てを記載しているものではありません。あくまで参考情報としてご利用ください。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。
※記載された保険商品の詳細な内容については、必ず重要事項説明書や約款にて全般的にご確認ください。

アニコム重要事項説明書
FPC重要事項説明書

補償割合70%だと、通院診療費が約17,800円までなら補償割合通り3割負担で済む計算になります。

支払限度額12,500円÷補償割合0.7=約17,857円

PS保険の調査によれば、1日あたりの通院費は平均で1万円を切っているので、この限度額は十分と言わないまでも、特に不満なく利用していける水準にはあると思います。

一日あたりの通院費(円)
9,000
大型犬11,000
中型犬10,000
小型犬9,000
8,000
全体9,000

FPCの補償のネックは、手術の限度回数が1回というところです。犬は猫と比べて手術が必要になるケースも多いので、年に2回手術が必要になるケースは考えられますよね。
もし、「FPCが良いと思うけど手術はやっぱり不安・・・」ということなら、手術特化型のプランと掛け持ちするのもアリだとは思います。
逆に、猫なら犬より通院がメインになるので、手術補償が手薄なことを割り切って加入するのもアリかもしれません。

免責金額や待機期間はないので、補償内容で気になる箇所と言えばこの手術補償くらいですね。

補償対象外は多くない

補償対象外項目は非常に重要な項目なのですが、見落としがちなポイントでもあります。加入前は必ず確認するようにしましょう。

以下で、会社によって補償対象外か否かが異なっている主な病気やケガなどについて、補償対象外と定められているかどうかを表にしました。ここはアニコムとアイペットをベンチマークとして比較してみます。

病気やケガFPCアニコムアイペット
睫毛乱生××
涙やけ×
歯科治療(注1)
猫エイズ
膝蓋骨脱臼
先天性疾患(注2)
股関節形成不全症
レッグペルテス
てんかん
チェリーアイ
気管虚脱
椎間板ヘルニア
鍼灸治療×
時間外診療×××
減感作療法××

(注1)不正咬合、歯列矯正など病気・ケガにあたらないもの、治療に該当しないものは含まない。
(注2)保険期間が始まった後に発見された先天性疾患。

【上表の前提条件】
・ここでの補償対象外とは、重要事項説明書や約款で「保険金をお支払いできない主な場合」などとして記載のある病気やケガのことを指します。
・重要事項説明書や約款で補償対象外として記載のある病気やケガが「×」、記載のないものは「ー」で表示しています。実際の保険金支払いについては、保険会社が審査・査定を行ったうえでの判断となりますので、「ー」でも補償されない場合があります。

【注意事項など】
※表は補償対象外となる全ての病気・ケガを記したものではありません。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。
※実際の保険金の支払いについては、「補償開始前からの症状か」などを含め保険会社が審査・査定を行ったうえでの判断となります。また、前提条件の相違等により補償内容が異なる場合があるので、実際に適用される補償内容について保険会社に問い合わせたうえで商品選択を行ってください。

※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。

アニコム重要事項説明書
アイペット重要事項説明書
FPC重要事項説明書

ちらほら違いはありますが、歯科治療や膝蓋骨脱臼(パテラ)、股関節形成不全症、先天性疾患、椎間板ヘルニアなどは同様にカバーしています。

お手頃な保険料

FPCは保険料の値上がりが段階的なのが良いですよね。
また、12歳以上は一定なので、保険料負担に悩まされる心配はあまりないでしょう。

ペットの年齢小型犬中型犬大型犬
4歳以下21,250円
5~8歳31,950円
9~11歳31,950円38,850円42,550円31,950円
12歳以上40,200円48,500円51,800円34,700円
ペットの年齢小型犬中型犬大型犬
4歳以下16,950円
5~8歳25,500円
9~11歳25,500円31,200円34,150円25,500円
12歳以上32,250円38,900円41,550円27,950円

まとめ:手ごろな保険料で充実の通院補償

付帯サービスや割引、オプション特約などはなく、シンプルな保険だと思います。

FPCのネックは手術補償が手薄なことです。
先にも述べましたが、犬は猫と比べても手術が必要になることは一般的に多いので、慎重に検討した方が良いのではないかと思います。
しかし、犬と比べて普通手術は少ない猫、また手術特化型の保険と掛け持ちするなどと言った場合は、オススメできるペット保険だと考えます。

ぜひ参考にしてペット保険選びに役立ててください。

表示内容は特別に記載のない限り2021年5月7日現在の内容です。