アメックスのペット保険は終身継続可能なサービス満載の保険

ハイステータスなクレジットカードといえば“アメックス”でお馴染みのアメリカン・エキスプレス・カード。

「一度は手にしてみたい!」と思ったこともあるでしょう。そんな世界中で人気の高いクレジットカードですが、ペット保険を販売しているのはご存知でしたか。

今回はそんなアメックスが販売しているペット保険の補償内容や気になる保険料、サービス内容まで詳しく解説したいと思います。

American Expressのサイトをみる

アメックスはクレジットカードだけじゃない!

全部で12カテゴリの保険商品を販売している

アメリカン・エキスプレス(以下:アメックス)は、保険会社の代理店としてクレジットカード会員さま向けの保険会社・保険商品を選定しています。

その中の1つであるペット保険は、ペット保険会社大手であるアニコム損保「どうぶつ健保ふぁみりぃ」という商品を代理店として販売しています。

アメックスから保険に入るメリットはあるのか

ペット保険がアニコムの商品なら、わざわざアメックスから加入しなくてはも良いのでは?と思った方もいるかも知れません。

その考えは正しく、アメックスからアニコムのペット保険に加入することで保険料が安くなる、または特別なサービスが付くことは一切ありません。

ただし「どんな保険に入ったらいいのかな…」「自分で調べるのはめんどくさい」と思うアメックス会員の方にとっては、嬉しい4つのメリットがあります。

①アメックス厳選の幅広い商品がある
⇒数ある保険会社の中からアメックスが厳選した12カテゴリの保険商品をご案内。

 

②保険のプロによる相談窓口を併設
保険市場にて多彩な保険商品の中から保険プランナーがあなたにピッタリの保険を無料で紹介。

 

③ポイントが貯まる
⇒保険料をアメックスで支払うと「メンバーシップ・リワード®」のポイントを貯めることができます。

 

④特別プランに加入ができる

⇒傷害補償・がん補償・個人賠償責任・所得補償に関しては、アメックス限定の特別プランを用意。通常よりもお得に加入することができます。

そのため、これから保険を検討していたい人にとってはうれしいサービス内容となっているのではないでしょうか。

アニコム損保『どうぶつ健保ふぁみりぃ』とはどんな保険?

犬・猫だけじゃない!小動物も加入ができる

ペット保険といえば、犬や猫だけのものだと考えがちですが、アニコムの場合は鳥・うさぎ・フェレットといった小動物も加入することができます。

しかも、原則加入後の継続は終身OK!なので、生涯に渡り愛するペットたちの“もしも”に備えておくことができます。

選べる2つのプランをご用意

どうぶつ健保ふぁみりぃは【通院・入院・手術】をフルカバーしてくれる総合型保険であり、70%補償プラン50%補償プランといった2つのプランから選ぶことができます。

【70%補償プラン】

※1.保険期間内に支払われる保険金の上限額

70%補償プランは、自己負担額が30%で済むプラン。
例えば1万円の治療費がかかった場合、自己負担額は3,000円で済みます。

そのため「ペット保険をきちんと活用したい」「ペットの医療費をなるべく保険で補いたい」という人にはおすすめのプランです。

【50%補償プラン】

※1.保険期間内に支払われる保険金の上限額

もう1つのプラン、50%補償プランは自己負担額が50%で済むプランです。
簡潔に説明すると、かかった治療費の半額を自己負担すればOK!

「なるべく保険料を抑えたい」という人にとっては、おすすめのプランとなっています。

American Expressのサイトをみる

気になる保険料は…まずは愛犬のクラスをチェック!

「補償内容も気になるけど、やっぱり保険料は外せない!」
そう思った方も多いことでしょう。

では、アニコムの月々の保険料はどれくらいなのでしょうか。
アニコムの場合、犬は犬種別によって保険料が変わり、A~Eクラスに分けられます。

そのため、ご自身の愛犬がどのクラスになるかによって保険料も変わってきますので、まずは下記の分類表から確認をすることをおすすめします。

【犬の品種別クラス分類表】

※上記表をタッチすると拡大されます。

保険料は月々いくら?

ご自身の愛犬のクラスが分かったところで、次は肝心の保険料についてです。
アニコムの場合、犬はA~Eクラスに分類、それ以外の猫・鳥・うさぎ・フェレットは犬のように分類されていません。

【70%補償プラン】

※上記表をタッチすると拡大されます。

【50%補償プラン】

※上記表をタッチすると拡大されます。

【メリット】アメックスがアニコムを推奨する最大の訳は『サービスの手厚さ』


世界のアメックスが何故、数あるペットの保険の中からアニコムを推奨しているのでしょうか。その理由は、アニコム独自のサービスが充実しているから。

では、そのサービスとはどのようなものなのでしょうか。

飼い主の負担を減らしてくれる4つの安心?

アニコムでは「せっかくペット保険に入るなら、飼い主さんの使い勝手を良くしたい!」そんな思いから4つの心配を改善するための対策を取っています。

では、4つの安心について詳しく解説したいと思います。

①最低診療費の設定なし

アニコムでは、最低診療費の設定がありません。

例えば「補償の対象となる診療費が5,000円以上に達しないと、保険金が受け取れません。」というのが最低診療費なのですが、アニコムの場合はその最低診療費がないため、少額の診療費に対してもきちんと保険料が支払われます。

②免責金額の設定なし

免責金額とは、保険加入者が自己負担する金額のことを指します。

例えば、愛犬の手術費用が30万円発生し、免責金額が3万円だった場合は、3万円は自己負担となり、残りの27万円が保険会社から保険金が支払われます。

アニコムではその免責金額がないため、安心してペットの治療に専念することができます。

ペット保険にある「免責」とは?免責金額や免責期間があると補償や保険金がおりないケースもある!

③保険金請求の待ち時間なし

アニコムの保険金請求は『窓口精算型』。

そのためアニコム対応の動物病院であれば、窓口で保険証を提示するだけで加入しているプランに応じた補償を受けることが可能!つまり、自己負担分を支払うだけでOK!

後から自分で保険会社に保険金請求する手間もないため、とても簡単です。

④継続拒否は原則なし

アニコムの場合、0歳~7歳11ヶ月までに加入すれば原則として終身継続することが可能です。

そのため、契約後は途中解約しない限りは生涯に渡って補償してくれます。

充実した+αのサービスは満足度◎!!

アニコムの場合、なんといっても他社には負けない+αのサービスが充実しています。


※上記表をタッチすると拡大されます。

③④に関しては、皆さんのスマホにインストールされている『LINE』を利用することが可能で、LINEで保険金請求をすることができたり、どうぶつホットラインで獣医師にペットのことを相談したりすることができます!

気軽に手続きから相談までできるのは、毎日忙しい飼い主さんにはとても助かりますね。


参照:アニコムより

さらにアニコムでは⑤のどうぶつ健活『腸内フローラ測定』無料で受けることができます。

この腸内フローラ測定とは、愛犬・愛猫などのうんちで病気のリスクを判定することができ、検査の結果、病気のリスクが高いと判定された場合は、アニコム指定の動物病院で健康診断※2を無料で受診することができます。

また腸内フローラ測定は毎年受けることが可能ですので、 愛するペットたちの健康管理にも役立ちます。

※2 腸内フローラ測定はすべてのどうぶつが対象ですが、健康診断サービスの対象は犬・猫に限ります。

月々140円プラスするだけで1事故につき最大1,000万円まで補償

保険料に+140/月(年払:1,500円)で『ペット賠償責任特約』を付帯することができます。

このペット賠償責任特約というのは、ペットが他人にケガさせたり、他人の物を破損させてしまったりした時などに補償することができ、1事故につき最大1,000万円まで補償されます。(※1事故につき3,000円の免責(自己負担)あり)

いたずら好きの子や噛み癖のある子、または大型犬がいるご家庭にはおすすめ。
また、損害保険に未加入の方が新たに加入を検討するのであれば良いかもしれません。

ペット保険の「特約」って本当に必要?有料オプションとして追加するほどではない!

American Expressのサイトをみる

【デメリット】見過ごしてはいけないアニコムの3つの落とし穴


手厚い補償内容に加え、サービスも充実しているなら入らなきゃ損でしょ!と思った方も多いかも知れませんが、ちょっと待ってください!

実は見過ごしてはならないアニコムの3つの注意点があるのはご存知ですか。

他社に比べて保険料が高い!!

様々なサービスを展開し、窓口精算も対応なアニコムですが、そのサービスの充実さが故にどうしても保険料が他社よりも割高になりがち…

特に注意したいのがCクラスに属する犬種たちです。

Cクラスに分類されるポメラニアンの場合、他社の保険では小型犬に分類されるのに対し、アニコムでは中型犬の分類に属するため、保険料がどうしても高くなりがちです。

例えば、同じ窓口精算対応のアイペットの保険料(補償割合70%)と比較してみましょう。

【補償割合70%の各保険料】

※上記表をタッチすると拡大されます。

0歳の保険料を見ると年払で10,960円の差額。この金額は結構な痛手になる方も多いのではないでしょうか。

さらに0~7歳までの7年間、加入し続けた場合の保険料(年払)を見てみましょう。

アニコムの場合、年払の合計が407,300円。それに対しアイペットの場合は合計332,850円

なんと、74,450円もの差額があることがわかります。
7万円の差額はかなり大きいですよね…

さらに後日精算対応のペット保険にはなりますが、FPCのペット保険(補償割合70%)とも比較してみましょう。

【補償割合70%の各保険料】

※上記表をタッチすると拡大されます。

4歳の年払で比較すると、その差額は31,240円!!アニコムは保険料がかなり高いことがわかります。

さらに0~7歳までの7年間、加入し続けた場合の保険料(年払)を見てみると、アニコムは年払の合計が407,300円に対し、FPCは202,100円

驚くべきことに、アニコムとFPCの保険料の差額が7年間で205,200円も違うことが分かります。

これだけ違うと、なるべく保険料を抑えたい方にとっては悩んでしまうのではないでしょうか。

アニコムは+αのサービスと窓口精算が大きい利点でもありますので、その点にあまり魅力を感じていない方は違うペット保険を検討してみても良いかも知れません。

アイペット保険の加入前に知っておきたいデメリットは?目的で選べる2プラン魅力!口コミ・評判付き 【FPCのペット保険】デメリットは手術回数|補償内容や口コミは?

加入後すぐに補償が開始されるわけではない

アニコムの「どうぶつ健保ふぁみりぃ」は、加入をすればすぐに補償が開始されるわけではありません。

ペット保険の契約が開始してもアニコムが定める所定の期間は、万が一ペットが病気やケガをしたとしても保険金が支払われないのです。

そのことを『待機期間』と呼ぶのですが、アニコムの場合は下記の様な待機期間が設けられています。


※上記表をタッチすると拡大されます。

アニコムの場合、ケガに関しては待機期間を設けていませんが、病気やがんでは30日間の待機期間があります。

そのため、約1ヶ月間は例えペットが病気やがんを患ったとしても100%全額自己負担となりますので注意が必要です。

ペット保険、待機期間なしで加入できるプランは?全社を徹底比較!

保険を使いすぎると翌年の保険料が割高に!?

アニコムには「健康割増制度」という制度が存在します。
この制度は、保険の利用状況に応じて翌年の保険料が変わってしまうんです。

「え?それってどういうこと?」と思った方は、下記の表をご覧ください。


※上記表をタッチすると拡大されます。

1年間、アニコムの保険を利用しなければ翌年の保険料は10%割引がされますが、通院の回数が多かった場合には最大50%の割増がされてしまうのです。

年間40回以上も動物病院に通院される方はそこまでいないかとは思いますが、1年間で月に2回以上動物病院に通い、尚且つ保険を利用すると翌年の保険料が20%割増になってしまいますので注意が必要です。

多彩なサービスを受けたい人はアメックスからアニコムのペット保険を申し込もう!


今回はアメックスが販売するペット保険、アニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ』について解説しました。

アメックスからアニコムのペット保険に加入するメリットは正直ありませんが、アニコム独自の多彩なサービスや窓口精算ができるところに魅力を感じたならば、一度検討してみる余地はあるかと思います。

ただし、保険料を重視している人にとってはあまりおすすめできませんので、他社のペット保険と比較しながら検討してみてはいかがでしょうか。

American Expressのサイトをみる

注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2020年5月31日現在の内容です。