犬猫の花粉症治療はペット保険の対象になる?ならない?

春や秋頃になると悩まされる症状『花粉症』。日本人の4人に1人が花粉症に悩まされているといわれています。

くしゃみや鼻水、目のかゆみ、だるさなど辛い症状が続く花粉症ですが、実は身近なペットたちも花粉症になる可能性があるってご存知でしたか。

今回はそんなペットたちの花粉症について解説しつつ、ペット保険の必要性についても合わせてお伝えしていきたいと思います。

犬や猫も花粉症ってなるの?

花粉症は人だけがかかる症状だと思っていませんか。実は私たちの身近に生活する犬や猫も花粉症にかかる場合があります。

症状としては、私たち人と同様にくしゃみや鼻水、目のかゆみなどです。

なかには、あまりにも目のかゆみが気になってしまい、誤って眼球を引っ掻いてしまう恐れなどもあります。

場合によっては、結膜炎や角膜炎になるリスクもあるため注意が必要です。

症状で多いのが「アレルギー性皮膚炎」

先述でもお伝えした通り、犬や猫も人と同様の症状を引き起こしますが、特に一番多いのが皮膚や耳の発赤、かゆみといった『アレルギー性皮膚炎』の症状です。

このアレルギー性皮膚炎は、食物やノミダニなどの様々なものが原因として挙げられますが、花粉症もその原因の1つ。一度発症してしまうと完治は難しく、長期的な治療が必要とされます。

また、アトピー性皮膚炎を発症しているペットが花粉症を引き起こしてしまった場合、花粉が原因でさらに症状が悪化してしまうことも…

スギの木などの飛散時期に合わせて症状が悪化した場合は、花粉症を疑ってみましょう。

プードルやフレンチブルドッグ、ペルシャなどの長毛種の猫は特に要注意!

私たち人の場合、花粉症になる人・ならない人がいますが、犬や猫も同様で花粉アレルギーを引き起こす子と、引き起こさない子がいます。

犬の場合は、生まれつき皮膚が弱かったり、素因となる遺伝子の有無などによって様々な原因が挙げられたりしますが、特に注意すべき犬種は以下の通りです。

≪花粉症になりやすい犬種≫

・キャバリア

・ゴールデンレトリーバー

・柴犬

・シーズー

・ダックスフント

・ビーグル

・プードル

・フレンチブルドッグ

・マルチーズ

・ラブラドールレトリーバー

など

参照:わんちゃんホンポ:犬の花粉症は皮膚に出る!主な症状と対策法

また猫の場合は、食物アレルギーを持つ1歳以上の猫は要注意!食物アレルギーがあると、花粉症を始めとした様々なアレルギーを併発しやすい傾向にあるからです。

そして長毛種の猫の場合、短毛種に比べて花粉が毛に絡まりやすい傾向があるので注意が必要しましょう。

≪花粉症になりやすい猫種≫

・スコティッシュフォールド

・ソマリ

・ペルシャ

・メインクーン

・ラグドール

など

参照:ねこのきもち:猫にも花粉症にかかる?! 症状やかかりやすいタイプなど詳しく解説

アレルギー性皮膚炎を発症したら治療費はどれくらい?

年間の診療費用は9万円を超えることも

愛するペットがアレルギー性皮膚炎を発症した場合、その症状を完治させることは難しい場合もあり、投薬や処方食、注射や薬用シャンプーなどの治療やケアを継続的に続けていく必要があります。

1回の治療費に関しては数千円で済みますが、年間で算出すると費用はかさみがち。アレルギー検査を行った場合は2~3万円かかることも…

アニコムで毎年発表している『家庭どうぶつ白書2019』によると、アレルギー性皮膚炎を発症した犬の場合、年間診療費が96,850円と高額な費用が発生していることがわかります。

安価な治療法もありますが、ステロイド治療と併用して免疫抑制剤などを行っていくと、高額な治療費がかかることもあるため、もしかしたらそれ以上の治療費がかかる恐れもあるかもしれません。

そもそも花粉症治療って保険はきくの??

アレルギー性であれば補償対象内

「ペット保険を検討するべきとは分かるけど、花粉症ってペット保険で対応してもらえるの?」
と思った方も多いことでしょう。

花粉症の症状でもペット保険は補償されるのか否かとしては、ペットにアレルギー反応の症状があり、治療の一環として行う場合は原則保険の補償対象となります。(例:アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アレルギー性皮膚炎など)

ただし、健康体に施される検査や予防目的での検査、または免疫療法などの代替的処置については保険の対象外となる場合があります。(※個別に対応となるケースもあります)

例えば「予めアレルギー検査を受診しておきたい」といった場合は、予防目的の検査にあたりますので、保険対象外となります。

しかし、その検査結果によって病名が判明した場合は、治療にかかる費用や薬代は補償対象となります。

ペット保険を選ぶとしたら何を重視するべき?

通院補償に特化したペット保険の検討を

花粉症によるアレルギー性疾患の場合、その多くは通院治療による診療がほとんどです。

そのため、ペット保険を検討するならまずは通院補償に特化した手頃なペット保険から選んでみてはいかがでしょうか。

通院はどこまで補償されるの?通院補償に特化した手ごろなペット保険を知りたい!! 飼い主が選ぶペット保険人気ランキング 通院・入院・手術を補償【補償割合50%】 飼い主が選ぶペット保険人気ランキング 通院・入院・手術を補償【補償割合70%】 飼い主が選ぶペット保険人気ランキング 通院・入院・手術を補償【補償割合80%以上】

高額な治療費で困らないためにもペット保険の検討を

花粉症という病気は、私たち人間だけではありません。

私たちの身近な存在であるペットたちも花粉症で悩まされています。

特に犬や猫の場合は、花粉症からアレルギー性皮膚炎を引き起こすことが多く、長期的な治療が必要不可欠となってきます。

またペットの治療は自由診療のため、どうしても高額な治療費になりがちです。

先述でもお伝えした通り、年間9万円以上の治療費が発生する場合があります。

もしペット保険に加入していれば、5~7割を保険会社が負担してくれますので、飼い主としては金銭面、そして精神面としても大変助かるのではないでしょうか。

ペット保険はもしものお守りとして加入しておけば、万が一の時にはその力を発揮してくれます。

まだペット保険に加入していない人は、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2020年6月23日現在の内容です。