生活保護受給者はペット保険に入れる?入れない??

生活保護を受けることになった場合、一緒に住むペットと暮らせなくなる、またはペットを飼うことができなくなると思っていませんか。

結論、例え生活保護を受けることになったとしても、ペットと暮らすことは可能です。

では、ペット保険に入ろうと思った時、生活保護受給者でも入ることはできるのでしょうか。

生活保護であってもペットを飼う権利はある

生活保護ではペットは飼えないのか

生活保護を受けざるを得ない場合「今まで一緒に暮らしてきたペットと住むことができないのでは?」と不安になる方もいるかも知れません。

また「生活保護を受けたらペットを飼うことは一生無理だな…」と残念がる方もいるでしょう。

なかには福祉事務所からの指導を受けた際に「ペットは里親に出すか、処分するかどちらかを選択してくだい」を言われるかもしれません。

しかし、基本的に生活保護費として出るお金の使い道は保護受給者の自由

生活保護費の範囲でペットと生活ができるのであれば、ペットを飼うことに問題はありません

生活保護の原則は『私生活の自由を犯してはならない』

日本の法律には『生活保護法』という法律があり、その中の一部にこのように記されています。

第二十七条  保護の実施機関は、被保護者に対して、生活の維持、向上その他保護の目的達成に必要な指導又は指示をすることができる。

 

2 前項の指導又は指示は、被保護者の自由を尊重し、必要の最少限度に止めなければならない。

 

3 第一項の規定は、被保護者の意に反して、指導又は指示を強制し得るものと解釈してはならない。

つまり、どんなに行政からペットを飼うことを反対されたとしても、生活保護受給者の私生活の自由を奪ってはいけないのというのが、生活保護の原則です。

また行政から「処分しなさい」と強要された場合は『動物の愛護及び管理に関する法律』に反します。

そのため行政が自ら法律を違反することになりますし、行き過ぎた指導をしてはいけないとも記載がありますので、そこは安心して問題ないでしょう。

ペットが飼えるならペット保険も加入できる?

加入することはできる

生活保護でもペットを飼えることができるのなら、ペットのもしもに備えてペット保険に加入することはできるのでしょうか。

その答えとしては『加入することは可能』です。

生活保護受給者は、自身や家族の生命保険などの加入に関しては制限がかけられますが、ペットに対する保険の加入には制限がないため問題はありません。

加入することはできるが懸念点が…

生活保護であっても、ペット保険に加入することはできますが懸念点があります。

それは❝ペット保険に加入する=収入認定されてしまうということです。

もしもペットが手術や入院が必要となり、それに対する保険金を保険会社から受け取るとしましょう。

そうするとその保険金は、収入として見なされ生活保護費から差し引かれてしまうのです。


例えば、Aさんが生活保護費を毎月18万円支給されていると仮定し、ペット保険は補償割合70%のプラン(毎月3,160円)に加入していたとします。

 

そしてペットが病気で手術をすることになり、その治療費が20万円かかったとしましょう。

そうするとAさんの負担金額は6万円であり、保険金として14万円を受け取ることができます。

しかしその14万円は収入となってしまうため、次回の生活保護費としてもらえる金額は18万円から14万円を差し引いた4万円となってしまうのです。

ただでさえ生活が困窮している状況なのに、次回もらえる生活保護費が4万円ではとても生活はできませんね…

生活保護受給者はペット保険に入るべきではない

先述の話を聞くと「ただ単に毎月支払っているお金の分だけ損をしているのでは?」と思いますよね。

それはまさにその通りで毎月3,160円、年間37,920円を無駄に支払っているだけです。

●ペット保険(補償割合70%)の保険料=3,160円(毎月)

 

●保険金を受け取った金額=14万円

 

●翌月生活保護費から差し引かれる金額=マイナス14万円

良かれと思ってペット保険に入ったとしても、結果として自分自身を苦しめる結果となってしまいます。

そのため、生活保護でペットを飼っている人には残念ながらペット保険をおすすめすることはできません。

ペットを飼うのであれば、毎月少しずつ生活をやりくりしながら貯金をすること、そして生計を立て直すことを始めるようにしましょう。

まずは自分の生活を第一に考えて


そもそも生活保護費どこから捻出されているかご存知ですか。

そうです、国民の皆さんが支払っている税金からです。

なかには、その税金がペットの生活費に当てられているのに納得がいかない方も少なくないでしょう。

生活保護というのは、経済的に困窮する国民に対し、国や自治体が健康で文化的な最低限度の生活を保障する公的扶助制度です。

キツイ言い方になってしまいますが、ペットを飼育するために当てられたお金ではありません。

もし現在ペットを飼われている場合、生活保護費の中できちんとやりくりできるのであれば飼ってもよいかもしれません。

しかし、少しでも自分の生活が手一杯なのであれば自分のためにも、そしてペットのためにも、新しい飼い主を探すべきです。

どうしてもペットと一緒に住みたいのであれば、まずはご自身の生活基盤を整えた上で、安心して一緒に暮らせる環境を作るようにしましょう。

注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2020年6月26日現在の内容です。