旭化成のペット保険|3つのプランから選べる補償と注意点は?

旭化成といえば、ユニークなCMで毎回話題になりますね。

メインキャラクターの「へーベル君」を始め、一時期話題を呼んだ「イヒ!君」や「ひつじのラム」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

また旭化成の場合、住宅販売のイメージが強いですが、実はペット保険も販売しているのをご存知でしたか?

今回は旭化成が販売するペット保険 『+わん+にゃんNEWあんしんペット保険』について解説していきたいと思います。

旭化成がペット保険を販売‼どんな保険なの?

医療、医薬品、エレクトロニクス、化学、建材、繊維、住宅などの事業を行う日本の大手総合化学メーカーの『旭化成』

実は保険事業も行っています。

旭化成ホームズグループの引受保険会社である「旭化成ホームズ少額短期保険株式会社」が生命保険や賃貸住宅保険などを取り扱っています。

その中の1つ、ペット保険に関してはペット&ファミリーの代理店会社として販売しています。

旭化成の「+わん+にゃんNEWあんしんペット保険」について知りたい‼

旭化成が販売する『+わん+にゃんNEWあんしんペット保険』は、ペット&ファミリーの❝げんきナンバーわんSlim(スリム)❞のことを指します。

新規契約は、生後45日以上~満7歳以下まで加入することができます。

加入後は終身継続が可能なので、生涯に渡って補償されるので安心できそうですね。

では、補償内容や保険料はどのような内容になっているのでしょうか。早速みていきましょう‼

ナンバーわんスリムのデメリットは免責の病気が多いこと?評判口コミ付【ペット&ファミリー保険】

3つのプランからニーズに合わせて選べる‼

+わん+にゃんNEWあんしんペット保険では、通院・入院・手術の3つを補償する総合型保険です。

まずは補償内容についてみていきましょう。


※上記表をタッチすると拡大されます。

+わん+にゃんNEWあんしんペット保険は、プラン80・プラン70・プラン50の3つのプランから選ぶことができます。

そして保険対象となる治療費に対し、補償割合を乗じた保険金額を支払うスタイルです。

他社と違うポイントとしては、保険金の1日あたりの限度額、そして支払回数に制限がないこと。

そして年間最大補償額の範囲内であれば、何度でも保険金を受け取ることが可能なことです。

ペット保険の「補償限度額」って?補償が手厚い保険選びはここが重要!【初心者向け】

『コスト面はどうなの?安い?やっぱり高い⁉』保険料について

次に保険料についてみていきましょう。

【プラン80の場合】(単価/円)

※上記表をタッチすると拡大されます。
※1.保険期間の開始日時点のペットの満年齢となります。10歳までは継続時の年齢で保険料が変更になります。
※2.犬の加入タイプ(小型犬・中型犬・大型犬・超大型犬)は、加入時・継続時の体重で決まります。ただし、1歳未満の幼犬の場合「犬種分類表」を参考に1歳時のおおよその予測体重で加入タイプを選択してください。

【プラン70の場合】(単価/円)

※上記表をタッチすると拡大されます。

【プラン50の場合】(単価/円)

※上記表をタッチすると拡大されます。

1歳の小型犬がプラン50に加入したら、月々1,360円から始めることができます。

また加入タイプとしては、小型犬・中型犬・大型犬・超大型犬と分かれています。

ご自身のワンちゃんがどこに分類されるか分からない場合は、下記の犬種分類表をご覧ください。

犬種分類表に掲載されていない犬種の場合は、愛犬の体重を目安に選ぶようにしてくださいね。


※上記表をタッチすると拡大されます。


※上記表をタッチすると拡大されます。


※上記表をタッチすると拡大されます。


※上記表をタッチすると拡大されます。

旭化成の+わん+にゃんNEWあんしんペット保険を申し込む

【メリット】5つのお得でペットも飼い主もハッピーに♪

10歳以降の保険料に変動がない

一般社団法人ペットフード協会の「全国犬猫飼育実績調査」によると、犬猫の平均寿命は以下の通りです。

 

 

 

 

近年、ペットに対する健康管理が高まっていることから寿命も伸びています。

そのため『ペットの高齢化』というワードも上がってきているほど。

年を取ると、若い頃よりも免疫力が下がり病気やケガをしがちです。

だからこそ、もしもに備えてペット保険に加入することが大切なのですが、気になるのは高齢になるにつれて保険料が上がること。

+わん+にゃんNEWあんしんペット保険は、10歳以降の保険料に変動がありませんので、安心して契約し続けることが可能です。

WEBからの申し込みなら最短翌日から補償を開始することができる‼


郵送での申し込みの場合、お申し込み手続きが完了した翌月1日から補償が開始されます。

しかしWEBから申し込めば、お申し込み手続きが完了した最短翌日(午前0時)から補償が開始‼

パソコンやスマートフォンからの申込みに抵抗がなければ、郵送よりもWEBからのお申し込みをおすすめします。

休日・夜間診療も安心‼時間外診療が補償される


突然の発作や体調不良で、ペットを休日・夜間診療で受診してもらったことがある飼い主さんもいるかと思います。

その際、診療明細書を見ると『時間外料金』が割増料金として治療費に加算されていませんでしたか。

私たち人が受診する病院と同じで、動物病院でも休日・夜間に診療を受けると時間外診療が加算されます。

【時間外診療時に加算される料金】

※上記表をタッチすると拡大されます。
参考:家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査(平成27年度)

本来、ほとんどのペット保険会社ではこの時間外料金は補償されませんが、+わん+にゃんNEWあんしんペット保険なら時間外診療も補償対象内!

急な事態でかかってしまった割増金額も補償されるのは助かりますね。

ペット保険で夜間診療費はカバーできる?対応していない会社も【一覧表付き】

保険金請求したら20日以内に支払われる

+わん+にゃんNEWあんしんペット保険は、窓口精算に対応していないため後日精算となります。

そのため、保険金請求をその都度しなくてはいけないのですが、必要書類が保険会社に到着した日から20日以内に契約者の指定口座に保険金が支払われます。

他社の場合1ヶ月かかるところもありますので、20日以内に保険金が支払われるのはとても助かりますね‼

ただし、書類などに不備があると20日以内に支払われない場合があります。

一度書類を送る前に、不備がないか保険会社に問い合わせてみても良いかもしれませんね。

2つの専用サービスが受けられる

+わん+にゃんNEWあんしんペット保険に加入すると、2つのサービスを受けることができます。


出典:旭化成(取扱代理店)/ペット&ファミリー

T&Dクラブオフは、宿泊施設の料金が最大90%オフで利用することができたり、ペット関連の商品をオンラインショッピングでお得に買い物をすることができたりします。

さらにワンニャン相談室では、ペット(犬猫)と暮らす上で困ったことや相談したいことなどを、専門アドバイザーに直接相談することができます。

ペットの医療補償以外にも、手厚いサービスが受けられるのは嬉しいですね。

旭化成の+わん+にゃんNEWあんしんペット保険を申し込む

【デメリット】細かな注意点を見逃さないで‼意外な落とし穴が隠れているかも…

保険料の払込方法はクレジットカードのみ‼

+わん+にゃんNEWあんしんペット保険(げんきナンバーわんSlim)をWEBから申し込む場合には注意点が1つあります。

それは保険料の払込方法は『クレジットカードのみ!』ということ※3

そのため、クレジットカードをお持ちでない方は残念ながらWEBからの申し込みができません。

※3.契約者本人の方が名義人となる個人名義のクレジットカードに限ります。

保険金請求は後日精算のみ‼


+わん+にゃんNEWあんしんペット保険は、ペット&ファミリーの❝げんきナンバーわんSlim(スリム)❞のことを指すとお伝えしましたが、げんきナンバーわんSlim(スリム)の場合、保険金請求は『後日精算』のみ。

窓口精算に対応していないので後日、必要書類を明記の上、保険会社に請求をしなくてはいけません。

もしも「どうしても窓口精算がいい‼」という場合は、ペット&ファミリーの『げんきナンバーわん』であれば窓口精算に対応しています。

しかし、アニコムやアイペットよりも窓口精算に対応している動物病院数がかなり少ないので、かかりつけの動物病院が対応しているかわかりません。

そのため、ほぼ保険金請求は後日精算で対応するしかないということになります。

初年度の契約には待機期間がある


WEBから申し込みをすれば、最短翌日から補償が開始されますが、すぐに補償されるわけではありません。

初年度の契約に関しては「待機期間」が設けられているからです。

待機期間とは、保険開始日から一定の期間中は、保険金を支払いませんよという期間のことを指します。

【+わん+にゃんNEWあんしんペット保険の待機期間】

※上記表をタッチすると拡大されます。</span

ケガは約2週間、病気は約1ヶ月、ガンの場合は約3ヶ月の間は、例えそれらのケガや病気になったとしても補償がされません。

初年度の契約に関しては注意が必要です。

ペット保険、待機期間なしで加入できるプランは?全社を徹底比較!

1日あたり3,000円の免責金額がある


+わん+にゃんNEWあんしんペット保険(げんきナンバーわんSlim)には、免責金額の設定があります。

免責金額とは、自己負担しなくてはいけない金額のこと

ペット保険を使用する場合、1日あたり3,000円の自己負担が発生します。

できるだけ、自己負担額を減らしたいと思っているのであれば、+わん+にゃんNEWあんしんペット保険(げんきナンバーわんSlim)はなく、免責金額のないペット保険を検討することをおすすめします。

もしも、1円でも自己負担額を減らしたい方は、ペット&ファミリーで販売している「げんきナンバーわん」にも検討してみてもよいかもしれません。

ペット保険にある「免責」とは?免責金額や免責期間があると補償や保険金がおりないケースもある!

年間支払限度額までの範囲でないと補償されない


先述では、「保険金の1日あたりの限度額、そして支払回数に制限がない」とお伝えしましたが、決して補償され放題というわけではありません。


※上記表をタッチすると拡大されます。

年間最大補償額という『保険期間内に支払われる保険金の上限額』が設けられているため、1年の間に各プランの上限額まで到達してしまえば、医療費は全額自己負担となります。

一見、1日あたりの限度額や支払回数に制限がないのは魅力的に感じますが、年間最大補償額は他社と比べて比較的低めの設定です。

ペット保険を検討する際は、年間最大補償額にも目を向けるようにしましょう。

補償割合80%のプランがある2社の中ならどれが1番手厚くてお得?

補償割合80%のプランがある保険会社は、ペット&ファミリー以外にも1社あります。

それは、ペッツベストです。

では、ペット&ファミリーとペッツベスト2社の補償内容や保険料を比較した場合、どれが一番手厚くてお得な保険なのでしょうか。

補償内容の手厚さは『ペット&ファミリー(旭化成)』

補償割合80%のプランがある2社の補償内容を比較してみましょう。


※上記表をタッチすると拡大されます。
※4.保険金金額(年間限度額):ワイド(年間100万円)、免責金額:5万円、支払割合:80%、プレミアム特約ありで選択した場合

ペット&ファミリーとペッツベストは「通院・入院・手術」の3つの補償に対応しています。

2社とも、年間最大補償額の範囲であれば1回あたりの限度額、支払回数に制限がありません。

しかもペッツベストの場合は、年間最大補償額が最大100万円まで付きます。

一見、そうするとペッツベストの方がペット&ファミリーよりも補償が手厚く感じますが、免責金額は5万円です。

一方ペット&ファミリーファミリーの免責金額は3,000円ですので、小まめにかかる通院費用にも補いやすいですし、気軽に保険を利用できるといえるでしょう。

結論:補償内容の手厚さは『ペット&ファミリー』

保険料が手頃なのも『ペット&ファミリー(旭化成)』

次に保険料を比較してみましょう。

【例】小型犬:チワワの場合


※上記表をタッチすると拡大されます。
※4.保険金金額(年間限度額):ワイド(年間100万円)、免責金額:5万円、支払割合:80%、プレミアム特約ありで選択した場合

0歳からペット保険に入り、12年間保険に加入した場合の合計金額を算出したところ、ペット&ファミリーが400,470円、ペッツベストは479,940円という金額に。

ペッツベストよりもペット&ファミリーの方が79,470円も保険料が安い結果となりました‼

少しでも保険料を抑えたいのであれば、断然ペット&ファミリーだということがわかりますね。

結論:保険料の安さは『ペット&ファミリー』

補償割合80%は、旭化成の『+わん+にゃんNEWあんしんペット保険』で申し込もう‼

今回は、ペット&ファミリーの保険を代理店販売している旭化成の『+わん+にゃん NEWあんしんペット保険』の補償内容から保険料までお伝えいたしました。

+わん+にゃん NEWあんしんペット保険という名称は、ペット&ファミリーの「げんきナンバーわんslim(スリム)」の愛称だったということもわかりましたね‼

ここで、再度メリットとデメリットについておさらいしておきましょう。


※上記表をタッチすると拡大されます。

どのペット保険にも必ずメリットとデメリットがあります。
ご自身が求めている保険商品なのか今一度、よく検討した上で申し込みをしましょう。

また、ペット&ファミリーのホームページからでは「プラン80」を申し込みすることができません。

そのため、補償割合80%の「プラン80」を申し込みをしたい場合は、旭化成の下記のリンクから申し込みができますので、そちらから契約に進んでくださいね。

旭化成の+わん+にゃんNEWあんしんペット保険を申し込む