ペット保険に入ってよかった体験談|早めに加入しないと損してしまう!?

投稿者の猫は2歳の時にペット保険に加入しました。子猫のときは元気でも急に病気やケガをしてしまいペット保険に入れなくなるのを避けるためでした。3際の頃から保険金を受け取った投稿者は、できるだけ早めに加入するのが損しないポイントといっています。

体験者プロフィール

・ニックネーム:chisato
・年代:30代
・性別:女性
・職業:パートタイム主婦
・お住まいの都道府県:広島県
・犬/猫の種類 :猫 mix
・犬/猫の年齢 : 5歳
・ペット保険:アクサダイレクト ペット保険 プラン70

ペット保険に入っていてよかったこと

ペット保険を利用した経験

季節の変わり目などに換毛する際、毛づくろいのしすぎで後ろ足の脛に傷ができていました。
3歳くらいの時だったと思いますが、それまで病気や怪我等しなかった元気な子なので驚いてすぐ病院へ。病院に行くまでは毛づくろいによる傷だとは全く考えなかったので診断に驚いたのを覚えています。
換毛期などによるホルモン異常が原因と考えられるらしく、(他にも可能性はあるので一概には言えないと獣医師さんはおっしゃっていました。)左右対称に傷のようなもの(皮膚が少し見え、ピンク色になっている、人間でいうかさぶたのような感じ?がありました。)がある際には換毛期などのホルモンバランスの乱れが原因のようで、癖になる子もいるようです。
診察ののちホルモン注射と投薬をしてもらい数日薬を投与しました。

ペット保険の保険料を請求する際の保険会社の対応

上記のような、病気とは言えない症状だったので、申請が通らないだろうと思い数日考えましたが、申請できるかどうかを聞いてみるためにアクサダイレクトへお電話しました。
請求可能だとお伺いしたので、すぐ書類を獣医師さんのもとへ渡して記入してもらいました。
個人的な話になりますが、この際娘(当時2歳)が熱を出すなどをして期限がギリギリになってしまいました。ですが、アクサのスタッフの方は「大変でしたね。」と優しい言葉をかけてくださった上に提出期限を1日過ぎてしまいましたが受け付けていただけました。
書類送付後は、覚えている範囲ですが1週間以内に入金してもらいました。全体を通してスムーズな処理だったと覚えています。

動物病院から請求された額と、保険金として返ってきた金額

病院では、ホルモン注射と薬液の入った薬を渡されて、3,000円以内だと覚えています。
アクサダイレクトさんから保険金としてかえってきた金額は病院処置と薬に対してだったので、2,000円程度の保険金が返ってきたと思います。
 保障内容が、治療費の50%または、70%を支払いということだったので、通院などがある猫ちゃんのためにはありがたいなと思ったことを覚えています。予防接種等にはこの保障は対応していないところが多いので、気を付けておいてください。

新しくペット保険に入る人にアドバイス

ペット保険は早めの加入がおススメ

これから新しく保険に入ろうか迷っている方に言えるのは、ただ一つ!早めの加入がオススメです。猫ちゃん(もちろんワンちゃんも)は1年で人間換算8歳年をとっていきます。子猫のときは元気いっぱい走り回っていても、急に病気や怪我をしてしまうことはあると思います。
猫ちゃんは特に病気を隠したがる傾向にあるので、日々きちんとチェックしておかないと通院が増えてしまうことになりかねませんよね。
人間と一緒ですが、猫ちゃんに持病がある際にはペット保険に入れない可能性もでてきてしまいます。健康な子猫ちゃんのうちにペット保険の加入をぜひ検討してみてください。

ペット保険加入の基準は、支払い方法と補償内容

我が家はうちの猫が2歳の時にペット保険加入を決めました。その際に選んだ基準は、
「クレジットカード払いで年間の支払が1回でできる」
「保障がなるべく手厚いもの」
という2点です。
1点目は単純に月々の支払というのが手間というのもありますが、アクサダイレクトさんは1年間分の支払にすると1,000円引きという特典があったので良かったです。
また、ネットで申し込んだ初年度は3,000円引きという特典もあります!
2点目は、人間にも言えると思うのですが、病気になったときや入院になったときは、高額の治療費にビックリしませんか?
人には健康保険というものがついていますが、ペットには残念ながらそういった形態はありません。
突然ご自身の可愛い家族が病気にかかったときに手厚く治療してあげたいという気持ちは誰にもあると思います。
我が家もそういう思いがあります。そこで、アクサダイレクトの保険は通院も入院も投薬などもカバーしてくれるという手厚い保障タイプだったので決めました。
今は2年前よりもっとたくさんの保険会社さんがペット保険を始めています。月々500円以内というリーズナブルな保険もありますし、獣医師が24時間対応してくれるホットラインを設けているような保険会社もあります。
調べてみたところ、ペット保険はネットのものが多いようなので、スマホ等ですぐ調べることができますよ!
大体の動物病院さんは保険会社に対応していますが、まずはかかりつけの獣医師さんのところがどの保険会社に対応しているか、などを見てみるのもオススメします。
まずはゆっくり、色々な保険会社を比べてみることをオススメいたします。ご自身の猫ちゃんワンちゃん、ともに毎日を楽しく暮らすためにどういった保障が必要かを考えてみてください。

注意事項
本記事は投稿者様の体験談に基づいた記事となります。ペットが病気やケガにかかるリスクや治療方針、ペット保険に関する考え方には個人差があります。
あくまでも参考としてご覧ください。
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。

あなたにおすすめの記事

【ペット保険の選び方】保険会社が隠したいデメリットとは?|ペット保険比較の方程式 ペット保険のトラブル11選‼知っておくべき回避方法とは? ペット保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 ペット保険会社一覧 特徴・注意点もまるわかり!