ペット保険比較の方程式の理念

このページではなぜペット保険比較の方程式を始めようと思ったのか?
サイトを運営するにあたり、理念や大切にしている事をご紹介します。
ペット保険比較の方程式 始めたきっかけと理念

ペット保険比較の方程式を始めたきっかけ

ある日、比較サイトのペット保険ランキングを見てみた

数年前のある日、運営者の私は飼っている5歳のペットと共にペット保険の加入を検討していました。
そこでまずはペット保険のランキングを調べて見ることに。

検索で出てきたいろんなサイトのランキングを見てみるものの、私が結果を見て感じたことは、
「なにこれ、ランキング1位のペット保険なのに、全然補償に魅力感じない、、」

という思いでした。そう、ランキング1位のペット保険の内容を見てみたけどあまり魅力を感じなかったのです。
「なんでこのペット保険が1位なの?」

ペット保険の知名度で選んでる人も少なからずいて、優れた保険が1位になっているわけではないようなのです。

どのサイトも人気ランキングのみ

他社のサイトのランキングの根拠を見てみると、どこもクリック数や流入数など当たりさわりない根拠に基づいています。

さらにペット保険各社の補償内容も、公式の内容をそのまま提示するのみで「この会社の注意点は通院補償が◯千円までで、手薄な補償なので注意!」など加入前に注意しておきたいデメリットが書いてありません。

「人気でランキングしてる保険比較サイトではどれが良いかわからない!」
それなら自分で比較して、自分が本当に良いと思った保険をみんなに伝えたいと思い、私はペット保険比較の方程式の運営をはじめました。

ペット保険比較の方程式の理念

贔屓(ひいき)なし

どのペット保険も公平に、贔屓なしで比較します。代理店契約を結んでいるなどの理由で一部の保険を贔屓することは一切なく本当に良いと感じたペット保険プランを根拠を添えて紹介します。

数字で徹底比較!

贔屓なしにどうやって比較と推奨をするのか?

先程申したように、他社のランキングではクリック数や流入数など当たりさわりない根拠、ペット保険各社の補償内容も、公式の内容をそのまま提示するのみで当たりさわりない内容になっています。

そこで当サイトでは、保険料や補償内容の数字で徹底比較します。
1日の補償限度額や年間の補償回数上限、年間補償限度額、免責金額などをみなさんに見やすい形で比較をおこないます。

さらに各社のデメリット(例えば、補償されない病気はこの会社はいくつあるか等)も同時に紹介し、許容できる範囲のデメリットなのか?ということも含めて比較していきます。

あなたに最適な保険を提案

ベストなペット保険は人によって違います。なぜかというと皆さん一人ひとり、ペット保険に求める事が違うからです。

例えば窓口精算のペット保険の中から選びたい、できるだけ安くて手厚いペット保険を選びたい、手術補償だけに特化したい等、いろいろな好みがあるでしょう。

そこでペット保険比較の方程式では様々な好みによっておすすめのペット保険をご紹介
しています。
【ペット保険の選び方】保険会社が隠したいデメリットとは?|ペット保険比較の方程式 【手術向けペット保険】おすすめのプランはここだ!ポイントは安さと補償 高齢の犬や猫におすすめのペット保険はSBI「スタンダード」!補償や保険料を比較 アニコムとアイペットの違いを徹底比較!結局どっちがいいの?大手のペット保険 あなたが最適な保険を選べるように、ペット保険比較の方程式がお役に立てれば幸いです。

注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。