飼い主が選ぶペット保険人気ランキング 通院・入院・手術を補償【補償割合50%】

皆さんはペット保険を選ぶ時の基準はなんですか?補償内容?保険料?
口コミや人気?それとも販売している企業?それぞれ選ぶポイントはバラバラかと思います。でも、どうせ選ぶならバランスよく備わったペット保険に入りたいですよね。
今回はそんな人のために、人気ペット保険ランキングをご紹介したいと思います!

ペット保険って結局どれがいいの?
どれも同じような内容でよくわからない!
ペット保険を検討中の方は、必ず一度や二度思ったことはあるのではないでしょうか。
確かに『ペット保険』と検索すると、色々な保険会社や口コミランキングがヒットして、どれが結局よいのか分からなくなってしまいますよね。
また、補償内容が手厚いものはどうしても保険料が高くなるし、かといって保険料が安いものはなんだか心配…
そんな時、ペットを飼われている飼い主さんたちの声がダイレクトに入った人気ペット保険ランキングがあったら、大分参考になると思いませんか?
今回は、犬猫を飼われている飼い主さん366人にご協力いただき『補償割合50%、通院・入院・手術補償』が備わったペット保険を重点におきあなたならどのペット保険を選ぶ?でアンケート調査を行ってみました!
どのなペット保険が上位3位に挙がったのでしょうか。

愛犬家&愛猫家が選ぶペット保険はどんな保険?

は・か・せぇ~!!あーっ!!(ドンッ!)

なんじゃ?また派手に転んだのぉ。
あいたたたっ…この年で派手に転ぶとは。あっ!そんなことより聞いてくださいよぉ。

どうしたんじゃ?またなにか困りごとかのぉ?
そうなんです!ペット保険を調べていたんですけど、補償内容がよいものは保険料が高いし、かといって保険料が安いのはイマイチ補償内容が薄くって…

なにを重点におくかで、ペット保険の選び方は大きく変わってくるからのぉ。
私としては、ペット保険の補償内容は通院・入院・手術の3点はマストにしたいんです!

でもなるべく保険料は抑えたいんですよねぇ。

それじゃ、補償割合を50%のペット保険を選んでみたらどうかのぉ?それならそこそこ保険料は抑えられるぞ?
それも考えたのですが、実際そういうペット保険ってたくさんあるじゃないですか?どれにしたらよいかわからなくて…

ペットを飼っている飼い主さんたちが『これ、いいじゃん!』って思えるようなペット保険がわかれば、それを参考にして選ぶのになぁ…

なんじゃ、他の人の意見を参考にしたいのか。ならとっておきのがあるぞ!
えっ!?とっておき?!博士、なんですか?なんですか?

そう急かすでない!今回犬猫を飼っている366人の飼い主さんを対象としたアンケートを実施してみたんじゃ。
今回のアンケートでは、ペットにかかる治療費の実態についても把握してもらいつつ、補償割合と補償対象が何がいいか選んでもらったんじゃよ。
そして本題である内容としてはズバリ、あいちゃんが求めている『補償割合50%、通院・入院・手術の補償が付いているペット保険ならどれを選ぶか』じゃ。
今の私にピッタリのアンケートじゃないですか!!博士、私の心が読めるんですか!?

ほっほっほ、さぁ~どうじゃろうなぁ。
ちなみに補償割合と補償対象って何が違うんですか?

補償割合は、治療費としてかかった金額に対して何%か保険金が支払われることじゃ。
そして補償対象とは、保険会社から支払われる保険金の対象通院・入院・手術にかかる費用のことじゃな。
詳しくは、ペット保険、高補償割合には落とし穴がある?補償の基礎知識からおさらい!
そういうことだったのですね!博士、今回アンケートを取ったランキング結果を知りたいです!

では、早速アンケート集計したランキング結果をみてみよう。

第1位 アニコムの
『どうぶつ健保ふぁみりぃ/50%プラン』

  • 窓口清算ができる
  • 保険料は月額2,340円~
  • 保険金請求が多いと割増に


第2位 アクサダイレクトの
『プラン50』

  • 日額・回数制限なし
  • 保険料は月々1,260円~
  • 免責対象の病気やケガに注意


第3位 au損保の
『通院ありタイプ/50%コース』

  • 獣医師診断サービスあり
  • 保険料は月々1,600円~
  • 待機期間に注意

今回のアンケート調査で最も人気が高かったのが、アニコムから販売しているどうぶつ健保ふぁみりぃの『50%プラン』じゃ。
アニコムってペット保険では大手の会社ですよね?2位のアクサダイレクトって自動車保険のCMでおなじみのあのアクサですか?

そうじゃよ。
しかもauって携帯販売会社ですよね?!ペット保険もやっているんですか?あとあと…!!

落ち着くんじゃ!
あっ、はい…すみません。

今回のアンケートで上位3位に挙がったプラン内容についての特徴と注意点、あとは選んだ飼い主さんたちの声もまとめてみたぞ!
ぜひ知りたいです!!

ふぉっふぉっふぉっ。では、早速1位から順にみていこう。

366人の飼い主が選んだ第1位!!アニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ/50%プラン』


第1位は、アニコムが販売している『どうぶつ健保ふぁみりぃ』じゃ。日々の通院から、もしもに備えた入院・手術も補償する充実した保険内容なんじゃ。
また保険以外にも『+αのサービスも受けたい!』といった声に応えたサービスも展開しているんじゃよ。
まさにそれは私にピッタリの保険じゃないですか!

しかも、動物病院でそのまま保険金の清算ができるんじゃ。また万が一、アニコムが対応していなくても、LINEで簡単に保険金請求ができるのはアニコムならではじゃな!
めんどくさがりの私にはピッタリだわ!

アニコムの場合補償割合は70%、もしくは50%から選べるんじゃが、50%の補償割合であれば月々の保険料も抑えることができるんじゃよ。
ちなみに補償割合50%のプランだと保険料はいくらになるんですか?

例えば1歳のチワワの場合、月々2,340円からじゃ。アニコムの場合、犬種別にクラスがA~Eと分類されておるから、一度確認してみるとよいかもしれんのぉ。
詳しくはアニコム:スタンダートタイプ(限度日数あり)基本保険料表から確認ができるぞ!
ん~っ…博士、すごくよい保険内容だってわかったんですけど、注意する点はあったりします?

そうじゃのぉ。まずは補償割合が50%じゃから、治療費の半分は飼い主負担じゃ。そのため高額な医療費が発生しても大丈夫なように、ある程度の貯蓄は必要じゃな。
また、アニコムの保険は利用回数に応じて翌年から保険料が増減する『健康割増制度』があるから注意が必要じゃ。

健康割増制度?

保険を一度も利用しなければ翌年の保険料が割引されるが、何度も利用した場合はそれに応じて保険料が上がる可能性があるんじゃ。
健康で過ごせば安くなるけど、病気やケガをした保険を利用したら翌年保険料が上がる…いいのか悪いのか…

よい点もあれば気を付けなければいけない点もあるってことじゃ。では、これを選んだ飼い主さんたちの声も聞いてみよう。

アニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ/50%プラン』を選んだ飼い主さんたちの声

毎月の保険料と補償内容のバランスが良いように感じた。また、アニコムは昔からペット保険を取扱っているので他社よりも安心感があるし、何よりも信頼できるように感じた。(40代男性、猫)

1番費用がかさむのは通院費なので、通院が入っているプランがよかった。 また窓口清算ができる保険ではないと、いちいち請求しなければいけないし面倒だから。(30代女性、小型犬)
アニコムは10年以上ペット保険を販売している実績があるし、なによりも有名どころは安心感があるわね。

あとは、なんといっても窓口清算ができるのは何よりも嬉しいところかもしれんのぉ。

アニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ/50%プラン』のまとめ

特徴

  • 保険料が月々2,340円から(※1歳、犬Aクラスの場合)
  • 窓口精算ができる
  • LINEで保険金請求が可能
  • +αのサービスが充実(例:多頭飼い、どうぶつホットライン、迷子捜索サポートなど)
  • 免責金額の設定がない※1

注意点

  • 保険金請求の回数が多いと割増になる可能性がある(健康割増引制度)
  • 病気やがんには30日間の待期期間がある※2
  • 1日の限度額や日数がある
  • 犬種別によって保険料が変わる

治療費を幅広くカバーしたいのはもちろん、色々なサービスも受けたい方にはおすすめの保険じゃ。
アニコムの保険についてもっと知りたい方は、こちらももおすすめじゃよ。アニコム保険。加入前に知っておきたい注意点は?カンタン窓口精算が魅力!
※1.免責金額:一定の金額は自己負担ということ。詳しくはペット保険にある免責って?補償や保険金がおりないことがある!メリットとデメリットとは
※2.待期期間:動物病院を受診しても保険の補償が受けられない期間のこと。詳しくは待機期間ペット保険は補償が始まるまでに時間がかかる!各社の期間の長さは?

366人の飼い主が選んだ第2位!!アクサダイレクトの『プラン50』


第2位にランクインしたのがアクサダイレクトの『プラン50』じゃ!
私、アクサダイレクトのCMに出てくる俳優さんが好きなんです!笑顔が素敵ですよねぇa&この保険にしよっかな♪

これこれ、安易な気持ちで選ぶでない。アクサダイレクトのプラン50は『なるべく保険料を抑えたい』と考えている人にはおすすめのペット保険なんじゃよ。
私のお財布事情にピッタリですね!

もちろん、通院・入院・手術の補償付きじゃ!免責金額の設定がないし、1日あたりの限度額や回数も年間最大補償額まで制限がないんじゃ。
飼い主さんに対する負担が少ないのは嬉しいですね!

ただし、気を付けなくてはいけないのが保険更新時の『特定傷病補償対象外特約』じゃ!
と、とくていしょうびょう…漢字ばかりで難しそう!!博士、なんですかそれ?

保険を更新する際に引受審査があるんじゃが、審査の結果次第ではこの特約がセットされてしまうんじゃよ。

えっ?セットされてしまうとどうなるんですか?

アクサダイレクトの保険証券に記載されている特定の病気やケガをした場合、次回の更新時にはその病気やケガが補償対象外となってしまうんじゃ。
えええっ!それじゃ、万が一再発してしまったら保険が使えないってことですか?!

残念ながらそうなってしまうのぉ。特定傷病補償対象外特約を詳しく知りたい場合は、こちらも要チェックじゃ。
ん~っ…ちょっと心配になってきた。博士、月々の保険料はいくらなんですか?これで金額が高かったら考えちゃいます…

例えば、2歳の猫ミックス(交雑種)の場合じゃと、月々1,260円からじゃ。※3
またアニコムと同様、犬の場合は品種別に保険料のクラスが分類されておるから、犬を飼っている人はここから確認が必要じゃ!犬の品種別保険料クラス分類表
うちは1歳の柴犬だから、プラン50の場合は月々1,960円からってことね!※3この保険料だったら安心だわ。ちなみにアクサダイレクトならではのサービスってあるんですか?

そうじゃのぉ。例えば獣医師による24時間365日無料で相談ができる『ペット健康相談サービス』があるぞ。
これは病院に行くまでではないけど、ちょっとした相談をしたい時に便利じゃ。
また、インターネットからの申し込みであれば『インターネット割引』が適用されたり、マイクロチップ装着済みであれば『マイクロチップ割引』が適用されたりするぞ。
ちょっとしたことでも、気軽に相談できる窓口があるのは嬉しいな!しかも24時間365日ってステキ!!

そうじゃね。では、2位のアクサダイレクトの『プラン50』を選んだ人の声を聞いてみよう!
※3.マイクロチップ装着割引適用の場合。

アクサダイレクトの『プラン50』を選んだ飼い主さんたちの声

補償内容と保険料金のバランスがちょうど良い。個人的にはできるだけ自己負担で支払いをしているが、大きな費用が必要になった場合、少しでも負担を軽くするならばこのプランがいいと思った。(40代男性、中型犬)

知ってる会社名であることと、制限(日数や額)がなしの方が安心できます。また、獣医相談サービスがあるのは、いざと言うときに助かります。(40代女性、猫)

少しでも負担を軽減できる保険がよいということ、そして何よりも保険会社の知名度が高いことから安心感が持てることがわかったぞ。
やっぱり聞いたことのない保険会社よりは、TVや雑誌で取り上げられている保険会社はなんとなく安心感が生まれますね!

アクサダイレクトの『プラン50』のまとめ

◆特徴

  • 保険料が月々1,260円から(※2歳、猫の場合)
  • 1日あたりの限度額、支払い回数は『年間最大補償額まで制限なし』(※プラン50の場合は年間最大50万円まで補償)
  • 免責金額の設定なし※1
  • インターネット割引やマイクロチップ割引がある

◆注意点

  • 特定傷病補償対象外特約がある
  • 病気の場合は30日、がんの場合は120日の待期期間がある

補償割合が50%のため、治療費にかかる自己負担は50%。また一度は個人で治療費を精算してからの保険金請求になるため、ある程度の貯蓄は必要じゃ。
また、アクサダイレクトのペット保険についてもっと知りたい場合は、アクサダイレクトのペット保険。注意点を加入前に確認しよう!無料健康相談は魅力こちらも合わせて確認してみて欲しいぞ。

366人の飼い主が選んだ第3位!!au損保の『通院ありタイプ/50%コース』


第3位にランクインしたのが、au損保のペット保険『通院ありタイプ/50%コース』じゃ。
auって聞くと携帯電話会社のイメージが強いんだけど、ペット保険も販売しているって意外だったわ!

そうじゃな。『通院ありタイプ』は通院・入院・手術の補償が付いていて、補償割合を70%か50%のどちらかで選べるんじゃ。
そうなると、なるべく保険料の負担を抑えたい人は50%プランがよいってことね!

そうなるのぉ。またau損保は保険金の支払い限度額までなら、保険期間中の保険金支払いの回数制限や1回あたりの限度額がないんじゃよ。
だから50%プランの場合、入院・手術の限度額が50万円、通院の限度額が20万円じゃから、その範囲内であれば何度でも保険金を受け取ることができるんじゃ。
ちなみに免責金額の設定もないんじゃよ。※1
1回あたりの上限がないから、高額な治療費の場合でも安心して治療に専念できるわね!ちなみに気になる保険料はいくらになるんですか?

2歳の猫の場合、月々の保険料が1,600円からじゃ。
それなら家計にも負担がかからないからよいわね!

ちなみにあいちゃんのスマートフォンはauかね?

はい!そうですよ!それがどうしたんですか?

実はのぉ、auのスマートフォンや携帯電話を使用している人がau損保のペット保険に加入すると、よいことがあるんじゃよ。
えっ!?それはどういうことですか?

なんと通信料金と合算して保険料を支払うことができるんじゃ!しかも、支払い額に応じてauポイントも貯まるんじゃ!
auユーザーにとってはお得じゃないですかぁ!そしたら、次の機種変更時にポイントが使えたり、ショッピングにも使えたりできますね!

ただし、補償開始までの待期期間が病気とがんに関しては30日あるから注意が必要じゃ。※2
またアニコムやアクサダイレクトと同様に、犬の場合は犬種によってABCと分類されておるから、保険料が変わってくるから気を付けるんじゃよ。
詳しくは、ペットの保険パンフレットの4~5ページで確認が取れるからみてみるんじゃ。
はーい。博士、au損保のペット保険を選んだ飼い主さんたちの声も聞いてみたいわ。

そうじゃのぉ。では、一緒にみていこう!

au損保の『通院ありタイプ/50%コース』を選んだ飼い主さんたちの声

入院・手術・通院の全てを50%補償してくれて良いなと感じた。また携帯会社と連携でき、ポイントなどの優遇もあり良さそう。(50代女性、猫)

auが運営しているので何となく信頼感を感じる。またauユーザーなので、携帯通信料と一緒に請求されるのであれば支払いやすい。(50代男性、猫)

au損保は、auユーザーであれば通信料と合算ができてポイントが貯まるお得さが人気を博しているのぉ。もちろんauでなくても加入はできるぞ!
支払いが1つにまとまっているとやっぱり楽ですしね!しかもポイントが貯まれば好きなことに使えるし、ペット用品もポイントで買えるから嬉しいわ♪

au損保の『通院ありタイプ/50%コース』のまとめ

特徴

  • 保険料が月々1,600円から(※2歳、猫の場合)
  • 1日あたりの限度額、支払い回数、免責金額の設定がない
  • 日帰り手術も補償内
  • 24時間365日電話による獣医師相談サービスがある
  • 通信料等と合算して支払いが可能。auポイントが貯まりやすくなる
  • コンビニエンスストア支払いが可能

注意点

  • 11歳以降の保険料がネット上からでは確認ができない
  • 病気とがんの場合は30日の待期期間がある
  • 犬種別によって保険料が変わる
  • 入院、手術の年間限度額を超過すると保険が失効する場合がある

au損保のペット保険は、1位2位と比べて比較的新しい商品じゃ。そのため、まだまだ知名度は少々劣るかもしれんのぉ。
しかし、大手携帯電話auとあいおいニッセイ同和損害保険がタッグを組んだ保険じゃから、これからどんどん人気が出てくるかもしれないのぉ。
au損保のペット保険を更に詳しく知りたい方は、こちらも確認してみて欲しいのじゃ。auのペット保険。加入前に知っておきたい注意点は? 電話代との合算支払いは魅力!

ランキングから考えるペット保険!人気の保険プランにはどんな傾向があるの?!

飼い主さんが選んだ上位3位までのペット保険についてはよくわかったわ。でも、4位以降のプラン内容もみてみたい!

そういうと思って、1位~12位までをまとめてみたぞ!
順位 プラン 得票数 損保/少短
1 動物健保ふぁみりぃ/50%プラン(アニコム) 63 損害保険会社
2 プラン50(アクサダイレクト) 54 損害保険会社
3 通院ありタイプ 50%コース(au) 36 損害保険会社
4 プラン50ライト(SBIいきいき少短) 31 少額短期保険会社
5 50%プラン(アイペット) 29 損害保険会社
6 げんきナンバーわんプラン50(ペット&ファミリー) 27 損害保険会社
7 プラン50スタンダード(SBIいきいき少短) 26 少額短期保険会社
8 50%プラン(ペットメディカルサポート) 24 少額短期保険会社
9 フリーペットほけん/50%補償プラン(FPC) 24 少額短期保険会社
10 げんきナンバーわんスリムプラン50(ペット&ファミリー) 22 少額短期保険会社
11 いぬとねこの保険/プラチナ50%プラン(日本ペットプラス) 20 少額短期保険会社
12 e-pet保険/50%プラン(イーペット) 10 少額短期保険会社
上位3位までと、それ以降の順位に挙がった保険プランの投票数に開きが見られるわ。博士、この差が開いた理由ってなにかあるんですか?

よいところに気が付いたのぉ。ではなぜ、補償内容はそこまで変わらないのにここまで開きが出たのかみていこう。

保険会社の知名度が安心感を呼ぶ!?ランキングの差が生じた理由は『企業のブランド力』

博士、全12プランを見て思ったんですけど、上位3位のプランは全体の4割を占めているんですね。

そうなんじゃ。補償内容はどれもあまり変わらないのに、なぜここまで差が生じたのかわかるかね?
ん~っ、なんだろう…上位3位までの保険会社の名前は聞いたことがあるけど、それ以下のプランの中には初めて聞く保険会社があるわ。
そう考えると、やっぱり聞きなれた保険会社の方が安心感があるからじゃないですか?

おっ、よいところに気が付いたのぉ。では早速、上位3位のプランを選んだ飼い主さんたちの声を聞いてみよう。

【第1位アニコム:ふぁみりぃ50%プランを選んだ人の声】

やっぱり動物病院推薦であることですかね。また、保険金請求の手続きが動物病院の窓口でできるのは大助かりです!(60代男性、猫)

アニコムは他社と比べると、実績があるから信頼出来そう。また、予期せぬ病気やケガに備えて通院、入院、手術は必要。補償割合については、いずれにしても補償上限金額があるから50%で良いと思う。(60代女性、小型犬)

【第2位アクサダイレクト:プラン50を選んだ人の声】

他の保険会社さんの名前は聞いたことがなく不安だが、アクサダイレクトさんは大手で歴史が長く、安心感があるから。(30代男性、小型犬)

【第3位au損保:通院ありタイプ/50%コースを選んだ人の声】

auブランドだからイメージができ、融通が利きそうだと感じた。実際保険に加入するかは別として、大手から提供されているのは1番好感が持てる。(30代女性、猫)
皆さんの声を聞いていると『知っている会社で安心感がある』って答えている人が多いですね。

そうじゃね。しかもどの企業も大手ばかりじゃから、信頼と安心感が持てるのかもしれんのぉ。
また上位3位を見ると、ある共通点があるんじゃがわかるかのぉ?
共通点…?う~ん…なんだろ。あっ!上位3位の保険会社は損害保険会社だわ!

おおっ!よくわかったのぉ。そうなんじゃ、上位3位は全て損害保険会社が運営しているんじゃ。
でも、なんで損害保険会社が上位に入っているのかしら?

損害保険会社は、少額短期保険会社よりも規模の大きさが全然違うんじゃよ。そのため、自然と安心感を感じやすいのかも知れないのぉ。

TOP3以外のプランを選んだ人の意見も聞きたい!保険選びの基準は?

上位3位を選んだ飼い主さんは各保険会社の『ブランド力』で選んでいたのがわかったわ。
でも、それ以外の保険を選んだ飼い主さんたちはなにを基準に選んだのかしら?

そうじゃな。特に補償内容が似たタイプじゃし、大きな差はないからのぉ。では、TOP3以外の保険を選んだ飼い主さんたちの声を聞いてみよう。

やっぱりお金は大事!保険料重視の考え方◆

【第4位SBIいきいき小短:プラン50%ライトを選んだ人の声】

もっとも保険料が安く、手軽に加入できそうだから。SBIは自動車保険も加入しており、保険料に安いイメージがあるから。(40代男性、猫)
☆SBIいきいき少短について知りたい方はこちらから☆
SBIのペット保険。加入前に知っておきたい注意点は? 日額・回数制限なしの補償は魅力!

【第9位FPC:フリーペットほけん/50%補償プランを選んだ人の声】

月々の保険料が1590円と安い。また補償内容がそれほど各社とも変わらないなら、コスパ重視で。(40代男性、小型犬)
☆FPCについて知りたい方はこちらから☆
FPCのペット保険。知っておきたい注意点は?高齢時に保険料が上がらないのは魅力!

この2人の意見としては何よりも『手頃な保険料』を選んでおるのぉ。
保険って長く続けていくものだし、毎月の支出はなるべく抑えたいですものね。

そうじゃの。ただし、保険料と補償内容のバランスを考えることも忘れてはいかんぞ?

持病によって入れない!?補償対象外の病気に着目した考え方◆

【第8位ペットメディカルサポート(PS保険):プラン50%ライトを選んだ人の声】

何社か比べましたが、会社によっては愛犬の犬種がよくかかる疾病が対象外になっていたので、補償内容が充実していて保険料も手頃だったこの会社に決めました。(50代女性、小型犬)
たしかにどんなによい保険内容でも、もしもかかった病気が補償対象外だったら意味ないですもんね。

そうじゃね。万が一に備えて、ペットの種類によってかかりやすい病気を調べた上でペット保険を選ぶのも大切じゃのぉ。

わかりやすい説明が好印象!保険会社のホームページに着目した人の考え方

【第8位ペットメディカルサポート(PS保険):プラン50%ライトを選んだ人の声】

正直、補償内容はみんな同じような印象を受けました。選んだ理由は、説明が分かりやすく感じたからです。文字だけでなく写真つきだと印象がよく思えます。(40代女性、猫)
☆ペットメディカルサポート(PS保険)について知りたい方はこちらから☆
PSのペット保険。加入前に知っておきたい注意点は?コスパが魅力!
難しい表現をされてもわからないし、ホームページが分かりやすいと顧客目線で考えている企業なんだなと感じますね。

そうじゃね。各保険会社を比較する上で保険の説明は欠かせないが、小難しい内容ばかりだとそれだけで嫌気がさしてしまうからのぉ。
そう考えると、いかに顧客目線に考えた分かりやすい保険説明をしているかで、飼い主さんたちが思う会社の印象も変わってくるということじゃな。

まとめ

今回366名の愛犬家さんと愛猫家さんにご協力いただき『補償割合50%、補償対象が通院・入院・手術のタイプ』に重点をおいた保険プランで、なにが1番魅力的な保険プランだったかを選んでもらいました。
その結果、TOP3に挙がった保険プランは以下の通りになりました。

第1位 アニコムの『どうぶつ健保ふぁみりぃ/50%プラン』

  • 窓口清算ができる
  • 保険料は月額2,340円~
  • 保険金請求が多いと割増に


第2位 アクサダイレクトの
『プラン50』

  • 日額・回数制限なし
  • 保険料は月々1,260円~
  • 免責対象の病気やケガに注意


第3位 au損保の
『通院ありタイプ/50%コース』

  • 獣医師診断サービスあり
  • 保険料は月々1,600円~
  • 待機期間に注意

この上位3位までの保険を選んだ人たちの多くの理由には『保険会社のブランド力』にありました。
確かにどの保険会社の名前を見ても、見たり聞いたりしたことのある企業ばかりですね。
そしてどの企業も『損害保険会社』且つ、メディアの露出が高い大手企業ばかり。そのため信頼性が高く、安心と安定感があると考えている人が多かったように見受けられます。
私たち日本人の多くは、集団主義を持ちます。そのため、多くの人々に認められているものには安心感を覚える傾向があるそうです。
それを考えると、同じ内容の保険プランが複数あったとしたら、最終的に決める基準としては『保険会社の知名度=ブランド力』になるのかもしれませんね。
今回の結果を参考にしながら、ぜひ皆さんもペット保険について考えてみてください。
注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2019年8月23日現在の内容です。

あなたにおすすめの記事

【ペット保険の選び方】保険会社が隠したいデメリットとは?|ペット保険比較の方程式 ペット保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 ペット保険会社一覧 特徴・注意点もまるわかり!