飼い主が選ぶペット保険人気ランキング 入院・手術を補償【補償割合70%】

ペット保険を検討するにあたって高額な治療費が発生する入院&手術は、なるべく補償を手厚くしたいもの。また、人気のペット保険を知った上で検討したいですよね。今回は補償割合70%、入院手術に特化したペット保険ランキングをご紹介したいと思います!

ペット保険を選ぶ基準として【補償内容】【保険料】【口コミの評価】が最も気になるのではないでしょうか。
またどうせ入るなら、この3つがバランスよく備わったペット保険に入りたいですよね!
今回、犬や猫を飼っている飼い主さん99名にご協力いただき『補償割合70%、補償対象入院・手術』のタイプに重点をおいた保険プランを選んでもらうアンケートを実施しました!
アンケートの結果、どこの保険会社のどのような保険が選ばれたのでしょうか。早速みていきましょう!!

もしもに備えたベストなペット保険って?飼い主さんたちが選ぶペット保険とは

よいしょっと、ふぅ。資料整理は腰にくるのぉ…
は・か・せぇぇぇ~!!

おおっ!?なんじゃ、アイちゃんか!あいたたたっ…
どうしたんですか?博士。

急に声を掛けられたからビックリして腰が…
ごめんなさい…博士。大丈夫ですか?病院に行きましょう!

大丈夫じゃよ。少し休めばなんとかなる。それよりどうしたんじゃ?何かわしに用があるんじゃないかの?
実は、ペット保険についてご相談が…

どうしたんじゃ?何かわからないことでもあったかのぉ?
実はペット保険の加入を検討しているんですが、たくさんありすぎて何がよいのかわからなくて…

アイちゃんは、どんなペット保険に加入したいと考えているんじゃ?
治療費が高額になりがちな入院と手術に特化した保険を探しています。

具体的に考えておるんじゃな。では、そんなアイちゃんのためにとっておきの話をしてあげようかのぉ。
なんですか、なんですか?気になります!

実はのぉ、犬猫を飼っている飼い主さんを中心にアンケートを実施してみたんじゃよ。
協力していただいた飼い主さんは全部で99人。補償割合を70%のもので、入院と手術に重点をおいた保険プランを選んでもらったんじゃ。
今の私にピッタリのアンケートですね!

そうじゃのぉ。またこのアンケートは、ペットにかかる治療費の実態を説明した上で、補償割合と補償対象で何を1番に選ぶかも合わせて選んでもらったんじゃ。
補償割合と補償対象?

2つの意味をわかりやすく言うとこうじゃのぉ。
補償割合 ペットの治療で実際かかった金額に対し、何%の保険金が支払われるかを示したもの。
補償対象 損失を補って償う対象を示す。ペット保険の場合、治療内容(通院・入院・手術)がその対象となる。

さらに詳しく知りたいと思ったら、ペット保険、高補償割合には落とし穴がある?補償の基礎知識からおさらい!を読んでみるとよいぞ。
そうだったのかぁ。ちなみに博士、なんで今回のアンケートでは補償割合を70%と限定したのですか?保険料高くなるんじゃ…?

確かに補償割合が70%のものは50%に比べて保険料は高くなるが、50%補償よりも手厚い補償を受けたい人に向けて考えてみたんじゃ。
また合わせて、入院や手術といった高額な費用に備えたいと思っている人に特化した保険プランで調査をしてみたくてのぉ。
そうだったんですね!その内容を踏まえて調査した結果、どのようなアンケート結果になったんですか?

うむ、では早速みてみようかのぉ。

第1位 アニコムの
『どうぶつ健保ぷち/70%プラン』

  • 手術50万円/回を年2回まで補償
  • 保険料は月額1,050円~
  • 窓口精算ができない


第2位 au損保の
『通院なしタイプ/70%コース』

  • 日額・回数制限なし(年間限度額70万円)
  • 保険料は月額1,050円~
  • アニコムより保険料が高い

今回33票の差で1位となったのが、アニコムの『どうぶつ健保ぷち/70%プラン』じゃ。
そして2位がau損保の『通院なしタイプ/70%コース』じゃな。
アニコムって有名なペット保険会社じゃないですか!聞いたことあります!ん?auもペット保険があるんですか?!

そうなんじゃよ。ペット保険で知名度No.1であるアニコムと、携帯会社で有名なauから販売しているペット保険が上位に挙がったんじゃ。
どんな保険内容なんですか?

では、それぞれの特徴や選んだ飼い主さんたちの声を聞いてみよう。

愛犬家&愛猫家が選ぶペット保険第1位!アニコムの【どうぶつ健保ぷち/70%プラン】

どうぶつ健保ぷちは、入院と手術に特化した保険内容となっておるんじゃ。
そのため、アニコムで販売しているどうぶつ健保ふぁみりぃよりも入院手術の限度額、そして年間最大補償額が高いのが特徴じゃ。
どうぶつ健保ぷちの限度額や年間最大補償額はいくらなんですか?

金額は以下の通りじゃ。
補償割合70% 入院 手術
1日の限度額 14,000円 500,000円
年間限度日数 20日
年間限度回数 2回
年間最大補償額 128万円

入院補償に関しては、どうぶつ健保ふぁみりぃの70%プランと同じじゃ。
じゃが、手術に関してはどうぶつ健保ふぁみりぃの70%プランでは14万円補償のところ、どうぶつ健保ぷち70%では50万円補償してくれるんじゃ!
差額36万円は大きいですね!高額になりがちな入院・手術のみに備えたい人にとっては打って付けのプラン内容ですね!

そうじゃな。そして年間最大補償額は128万円の高額補償じゃ!
年間最大128万円まで補償してくれるなら、高額な治療費もカバーできそうですね。ちなみに月々の保険料っていくらなんですか?

猫の場合は1歳で月々1,050円からじゃ。一方犬の場合は、品種別によって保険料が異なるんじゃが、1歳でAクラスに該当する場合は月々1,020円からじゃ。
月々の保険料が千円台なのは、そこまで家計が圧迫しないから嬉しいですね!でも、犬の場合はクラス別に保険料が違うってどう違うんですか?

アニコムでは犬の品種別がAクラス~Eクラスに分類されておるんじゃ。たとえばAクラスに該当するのはチワワやダックスフンド(カニ―ヘン)などじゃな。
詳しくは、アニコム:どうぶつ健保ぷち(商品内容について)の5ページで確認が取れるぞ!
どれどれ…うちの子は柴だからBクラスかぁ。年齢は2歳だから保険料は月々1,130円から始められるのね!いいじゃないですか♪

そうじゃね。また一定の金額を自己負担する制度である『免責金額』の設定がないんじゃ。※1
それはかなり嬉しいです!なるべく負担は減らしたいですからね!

ただしどうぶつ健保ぷちの場合は、窓口精算ができないんじゃ。
そのため、一度精算をしてから後日アニコムに保険料を請求しなくてはならんのじゃ。
えっ!?アニコムって保険料が窓口精算できるのが特徴の1つじゃないんですか?!一度払わないといけないって、ある程度の貯蓄が必要になりますね…

それは『どうぶつ健保ふぁみりぃ』のみなんじゃ。
そのため一度立て替えなくてはならないから、ある程度の貯蓄が必要なんじゃ。
戻ってくるとはいえ、一度全額支払わないといけないのは辛いなぁ…

そうじゃのぉ。あと気を付けなくてはいけないのが、ペット賠償責任特約をセットで付けられないことじゃな。
ペット賠償特約って、他人をケガさせたり他人のものを壊したりした時に補償される特約ですよね?セットで付けられないんですか!?

そうなんじゃ。どうしても付けたい場合はどうぶつ健保ふぁみりぃを検討するか、違うペット保険で検討するしかないのぉ。
そうなんですね…

もしくはこの特約は個人賠償責任保険と同じじゃから、既に加入している自動車保険や火災保険に付帯されている場合があるんじゃ。※2
じゃから、どうぶつ健保ぷちで加入できなくても問題ないぞ?一度確認してみるとよいかも知れんがな。
そうなんですね!私、自動車保険に加入しているから一度確認してみます!

そうじゃな。確認は必要じゃ!ではここで、この保険を選んだ飼い主さんたちの声も
聞いてみるとするかのぉ。


※1.免責金額:一定の金額は自己負担ということ。詳しくはペット保険にある免責って?補償や保険金がおりないことがある!メリットとデメリットとは
※2.ペット保険の特約は必要?人気の賠償責任特約、実は必要ないかも?

アニコムの【どうぶつ健保ぷち/70%プラン】を選んだ理由を教えて!

手術は多額の費用がかかる事があるが、通院は急な出費で困る程のことはないと思うので、通院は補償無しで保険料をその分安くしてくれた方が良い。(60代女性、猫)

掛け金に対して補償がしっかりしている。特に手術の際の補償がauに比べて大きい。またauで補償されない項目もちゃんと補償してくれる。(60代男性、猫)
多額の費用がかかる手術に重点をおき、なるべく保険料を抑えたいという声もあるのね。

そうじゃのぉ。手術や入院に比べ、通院費はそこまで多額の金額が発生しないと考えての結果なのかもしれんのぉ。
もう1人の方はauと比較しているけど、手術の補償がauに比べて大きいってなぜそう思ったのかしら?

後程au損保について詳しく説明するが、2位のau損保『通院なし/70%コース』との差をみてみよう。
アニコム
どうぶつ健保ぷち/70%プラン
au損保
通院なし/70%コース
手術の限度額 1日500,000円 700,000円※3
年間限度回数 2回 制限なし
年間最大補償額 128万円 70万円

※3.入院も含んだ限度額。

アニコムは2回の年間限度回数は設けておるが、年間最大補償額は128万円まで可能じゃ。
だからこそこの男性は、1回あたり50万円ちかくの手術を2回ほどしたのを想定し、アニコムの補償内容と比較したのかもしれんのぉ。
そしてその結果、アニコムの補償内容に魅力を感じたんじゃないかのぉ。
そういうことだったんですね。確かにこの2つを比較すると、一見制限なしのau損保がお得にみえますが、年間最大補償額をみると全然違いますね!

アニコムの【どうぶつ健保ぷち/70%プラン】のまとめ

◆特徴
・手術は1回あたり50万円、年2回まで補償
入院と合わせると、年間最大補償金額128万円の高額補償が受けられる
・保険料は猫の場合月々1,050円(1歳の場合)から、犬の場合は月々1,130円(1歳、Aクラスの場合)から始められる
・免責金額の設定がない
・加入年齢は生後0~7歳までの終身
・しつけ健康相談サービス迷子捜索サポートサービスメールマガジン(どうぶつの健康に関する情報等)の補償サービス付き
◆注意点
・窓口精算ができない
・ペット賠償責任特約が付けられない
・ケガの場合待機期間がないが、病気とがんで30日間の待機期間がある
・どうぶつ健保ふぁみりぃと比べ+αの補償サービス少なない
・割引制度の対象外(多頭割引)

なるべく保険料を抑え、なおかつ治療費が高額になりがちな入院・手術の補償を手厚くしたい人向けじゃな。
ただし、窓口精算ができないから気を付けるんじゃぞ!アニコムの保険について詳しく知りたい場合は、アニコム保険。加入前に知っておきたい注意点は?カンタン窓口精算が魅力!をチェックしてみてほしいのぉ。

愛犬家&愛猫家が選ぶペット保険第2位!au損保の【通院なしタイプ/70%コース】

第2位に挙がったのが、au損保の『通院なしタイプ/70%コース』じゃ。
auって携帯電話会社のイメージが強いですけど、ペット保険も販売しているんですね。

そうなんじゃ。あいおい損害保険(現:あいおいニッセイ同和損害保険)と2010年に合弁会社として発足したのが『au損保』なんじゃ。
あいおいニッセイって、自動車保険や火災保険などで有名な保険会社ですよね!

よく知ってるのぉ。そうなんじゃ!大手の保険会社と立ち上げた保険なんじゃが、ペット保険の場合通院ありかなしかで保険内容が変わってくるんじゃよ。
今回2位になったタイプは『通院なしタイプ/70%コース』ですけど、どんな保険内容なんですか?

『通院なしタイプ/70%コース』は、高額になりがちな入院・手術に特化した保険内容なんじゃ。また日帰り手術にも対応しているんじゃ。
日帰り手術もOKなのは嬉しいですね!

そうじゃね。また年間補償限度額である70万円の範囲内であれば、回数や日額制限がないんじゃよ。
回数や日額制限を気にしながらだと治療に専念できないから、それを事前に知れていると安心ですね。

また、免責金額も発生しないのは嬉しいのぉ。
そうなんですか!なるべく保険料を抑えたい人には嬉しいですよね。ちなみに月々の保険料はいくらになるんですか?

2歳の猫だと月々1,030円からじゃ。
犬の場合は『犬A・犬B・犬C』と大きさで分類されているんじゃが、2歳の犬A(小型犬)の場合は月々1,070円からじゃのぉ。
詳しい分類と料金については、詳しくは、au損保:保険料表から確認が取れるぞ!
アニコムと同様、千円台から始められるのはお財布にやさしいですね!
ちなみにうちの場合だと、2歳の柴だから…月々1,070円!お得ぅ♪

また便利なサービスとして『かかりつけ獣医師ダイヤル』や『無料アプリ:ペットの家』などが利用できるんじゃ!
博士、それはどんなサービスなんですか?

ペットに対する相談を24時間365日獣医師に無料で電話相談※4ができたり、アプリから動物病院やドッグラン、トリミングサロンを検索することができるサービスじゃ。
ちょっとした心配事も気軽に聞けるし、自宅近くのペット施設を探せるのは嬉しいわ♪

そうじゃね。ちなみにアイちゃんのスマホはauじゃったかのぉ?
そうですよぉ!最近新しい機種に変更したところです♪それがどうしたんですか?

au損保のペット保険を契約かつ、auのスマホを持っているのであれば支払いをauのスマホと合算することができるんじゃ!
支払いがまとめて1つになるってことですか!?それってかなり便利じゃないですか!!

しかも支払いに応じてポイントも貯まるのがポイントじゃ。
手頃な保険料で尚且つポイントが貯まる。しかも貯まったポイントで、ショッピングや機種代金にも当てられるってかなりお得じゃないですか!

それがau損保のセールスの1つでもあるからのぉ。でも気を付けたい点ももちろんあるんじゃ。
それって…なんですか?

まずは1位のアニコム同様、ペット賠償責任特約がないことじゃな。
そして病気とがんに関しては30日間の待期期間が設けられておるんじゃ。
それはアニコムとほとんど変わらないじゃないですか?なのに、保険料はアニコムと比べて安いからお得に加入できそうですよ?

それがそうでもないんじゃ。これをみておくれ。
年齢 アニコム
どうぶつ健保ぷち/70%プラン
au損保
通院なし/70%プラン
犬Aクラス:月々 犬A(主に小型犬):月々
0歳 1,070円 1,240円
1歳 1,020円 1,150円
2歳 1,040円 1,070円
3歳 1,100円 1,210円
4歳 1,240円 1,350円
5歳 1,390円 1,480円
6歳 1,550円 1,910円
7歳 1,710円 2,330円
ん~っ。特にそこまで保険料変わらなくないですか?

たしかに5歳まではそこまで開きはないかも知れんが、6歳になると360円の差額、7歳になると620円の差額になるんじゃ!
そうなると、7歳になって1年間保険を支払うことになると…7,440円も違ってくるってことですか!?

近年ペットも高齢化が進んでおるし、長生きする子も増えておるからのぉ。
先のことを考えると、今後かかる保険料もそれぞれのプランで確認しておくことが大切なんじゃよ。
そうですね。それぞれによいサービスを打ち出していますけど、目先の保険料だけではなく、長い目でみてトータルで検討する必要があるといえますね。

では、2位のau損保を選んだ飼い主さんたちの声を聞いてみようかのぉ。


※4.通話料はお客さま負担。

au損保の【通院なしタイプ/70%コース】を選んだ理由を教えて!

入院や手術となると、金額が大きくなると思うので本当は全額保険で賄いたいが、掛け金が大きすぎるため70%くらいをフォローしてもらえる保険に入りたい。(50代女性、小型犬)

auだったから。私は携帯やプロバイダ、auでんきを使用しています。そのため、ペット保険も1つにまとめられるのはよいなと感じた。また補償内容の比率が7割くらいが適当だと思うから。(50代男性、猫)
なるべく保険料を抑えつつ、高額になりがちな入院と手術を重点において選んだ結果がau損保だったのね。

そうじゃね。また、auのサービスを利用している場合『まとめて請求』を利用することができるから、1つに支払いがまとまるのが好評じゃ。
ポイントも貯まりますしね!

人それぞれ重要視するポイントが異なるから、何を考えてペット保険を選ぶかが大切じゃな。

au損保の【通院なしタイプ/70%コース】のまとめ

特徴
・保険金支払いは回数無制限、1回あたりの限度額なし(最大補償額70万円まで)
・保険料は猫の場合月々1,050円(2歳の場合)から、犬の場合は月々1,070円(2歳、犬A)から始められる
・免責金額の設定なし
・便利なサービス付き(かかりつけ獣医師ダイヤル、無料アプリペットの家)
・日帰り入院対応
・auの携帯電話やスマホをお持ちの方は『まとめて請求』でペット保険料も1つに合算して支払いができる。またauポイントがたまる
・コンビニ支払いも対応
注意点
・アニコム(どうぶつ健保ぷち)よりも保険料が高い
・保険の支払い方法は『立替請求型』。一度支払いをしなくてはいけない
・11歳以降の保険料は問い合わせしないとわからない
・ペット賠償責任特約が付けられない

au損保のペット保険は、auの携帯電話やスマホを持っていなくても契約は可能じゃ!安心しておくれ。

またau損保のペット保険を詳しく知りたい場合は、こちらも要チャックじゃ!auのペット保険。加入前に知っておきたい注意点は? 電話代との合算支払いは魅力!

最後に1位と2位を振り返ってみよう!

今回は、犬や猫を飼われている99名の飼い主さんたちに『補償割合70%、補償対象入院・手術』のタイプを重点においたアンケートにご協力いただきました。
その結果、以下のランキング内容となりました。

第1位 アニコムの
『どうぶつ健保ぷち/70%プラン』

  • 手術50万円/回を年2回まで補償
  • 保険料は月額1,050円~
  • 窓口精算ができない


第2位 au損保の
『通院なしタイプ/70%コース』

  • 日額・回数制限なし(年間限度額70万円)
  • 保険料は月額1,050円~
  • アニコムより保険料が高い

どちらも企業としては有名どころですが、2つのプランの大きな違いとしては『年間の補償限度額』です。
アニコムの場合、
・入院:年間限度日数20日まで
・手術:年間限度回数2回まで
と回数制限があります。
一方au損保の場合、
・年間限度日数、回数ともに無制限
そのため、年間最大補償額70万円の範囲内であれば何度でも保険金を受け取ることができます。
しかし、アニコムの場合年間最大補償額が128万円まで対応しているため、一概に回数制限があるからといって悪いわけではありません。
年間で発生する入院・手術費用をできるだけ保険金内で補いたいと考えている人にとってはおすすめのペット保険といえます。
ただし、入院日数や手術回数がかさむことに不安がある場合は、au損保をおすすめします。
これらのことからまとめると…
・年間でかかる入院手術費用をできるだけ多くの金額で備えたい人は『アニコム』
・入院日数や手術回数がかさむことに不安がある場合には『au損保』
ということが考えられます。
ぜひ皆さんもペット保険を検討する場合は、何を重点に考えるのかをよく吟味した上でベストなペット保険を選んでくださいね。

注意事項
記事閲覧時は、記事閲覧時の注意事項をご覧下さい。
表示内容は特別に記載のない限り2019年8月23日現在の内容です。

あなたにおすすめの記事

【ペット保険の選び方】保険会社が隠したいデメリットとは?|ペット保険比較の方程式 ペット保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 ペット保険会社一覧 特徴・注意点もまるわかり!