大型犬ペット保険人気ランキング|飼い主が選ぶおすすめの保険TOP3はこれだ!

大型犬を飼われている皆さんは、ペット保険に入っていますか?
まだの人はもちろん、プランの見直しをしている人必見!今回ご紹介するのは『大型犬にベストなペット保険』なんです!
ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

大型犬が大好きな飼い主さん必見!?飼い主さんたちが選ぶペット保険

博士~

ワンワン!

おおっ、アイちゃん。いらっしゃい。あれ?この子は?ペリーはどうしたんじゃ?
ゴールデンレトリバーのさくらちゃんです♪実家で飼っているワンちゃんなんですよ。ペリーは、お母さんとお散歩中です。

そうなんじゃね。今日はさくらちゃんを連れてどうしたんじゃ?
実は、お母さんがペット保険の加入を検討しているみたいなんですが、大型犬にベストな保険がいまいちよくわからないみたいで…

確かに各保険会社のホームページをみると、小型犬の保険料は大きく載っているが大型犬は分かりづらいからのぉ。
そうなんですよ。うちのお母さん『よくわからない!』ってサジを投げちゃって…今日はその件について聞きに来たんです。

やっぱり大型犬って治療費が小型犬に比べて高くなりがちですし…少しでも治療費の負担を抑えられる保険が知りたくって。

そうだったのか。では、お母さんのためにもしっかり学んで帰らなくてはいかんのぉ。
そうなんです!博士、教えてください!!

ワンッ!

よし!わかった。では、以前集計したアンケート結果をみてみるとするかのぉ。
どんなアンケートなんですか?

それは『大型犬の飼い主さん47人に聞いた人気ペット保険ベスト3』じゃ!
大型犬を飼われている飼い主さんにアンケートを取ったのですね!すごく気になります!

そうじゃろ?

今回このアンケートでは、事前にペットにかかる治療費の実態を説明した上で、補償割合と補償対象の中でなにを1番に考えるかも合わせて考えてもらったんじゃ。
博士、補償割合と補償対象ってどういう意味なんですか?

補償割合と補償対象っていうのは、簡単にいうとこうじゃな。
補償割合 ペットの治療で実際かかった金額に対し、何%の保険金が支払われるかを示したもの。
補償対象 損失を補って償う対象を示す。ペット保険の場合、治療内容(通院・入院・手術)がその対象となる。

↓詳しくはこちらもチェック!↓
補償割合が高くても保険金が少ない事がある!保険プラン選びで気を付けるべき事!

そういう意味なんですね!ちなみに、アンケート結果はどうだったんですか?

ふぉっ、ふぉっ。では早速みてみよう!

第1位 PS保険の
『充実プラン100%』

  • 補償割合が最高の100%
  • 保険料は月額3,110円~(大型犬)
  • 慢性疾患の回数制限に注意


第2位 日本ペットプラスの『いぬとねこの保険ゴールドの50%プラン』

  • 頻度の高い「通院」をカバー
  • 保険料は月額1,660円~(大型犬)
  • 高額な手術や入院は補償無し


第3位 au損保の
『通院なしタイプ/50%コース』

  • 獣医師診断サービスあり
  • 保険料は月々1,550円~
  • 待機期間に注意


第3位 日本アニマル倶楽部の
『プリズムコール/オレンジプランⅡ』

  • 補償割合が最高の100%
  • 保険料は月々5,240円(大型犬)
  • 注意|高齢期はシニアプランに変更

このランキングは、成犬時の体重が25kg 以上になる犬種を飼っている飼い主さんを対象としたアンケート結果じゃ。
んっ~聞いたことあるようなないような…あれ?auもペット保険を出しているんですか?!

そうなんじゃよ。では今回上位3位に上がったペット保険を詳しく解説していくとしようかのぉ。

大型犬のいる飼い主さんが選ぶペット保険第1位!!ペットメディカルサポートの【PS保険/充実プラン100%補償プラン】


第1位となったのが、ペットメディカルサポート(株)が販売しているPS保険の『充実プラン100%補償プラン』じゃ。

病気やケガの治療で必要となる『通院・入院・手術』が補償されるプランなんじゃよ。
100%補償されるってことは、病気やケガをしても保険金で補えるってことですか?

補償限度額の範囲内であれば、治療費を100%補償はしてくれるかのぉ。
補償限度額?範囲内?

では、表をみながら説明しようかのぉ。
通院補償
1日の限度額 10,000円
年間限度日数 20日
入院補償
1日の限度額 20,000円
年間限度日数 30日
手術補償
1日の限度額 10万円
年間限度回数 2回
年間最大補償額※1 110万円

※1.保険期間内に支払われる保険金の上限額

充実プラン100%補償プランには、通院・入院・手術それぞれに限度額と回数が決まっておるんじゃ。

例えば通院の場合、1日1万円まで100%補償してくれるが、それ以上の金額が発生した場合は自費となるんじゃ。
かかった治療費の全額分補償してくれるわけではないんですね。

そうなんじゃ。ただし、補償限度額で済めば自己負担は0円じゃ。

またPS保険は、免責金額の設定や補償開始までの待機期間がないのが特徴の1つといえるのぉ。
免責金額?待機期間?

分かりやすくいうとこうじゃ。
免責金額 補償対象の病気やケガであったとしても、一定の金額は自己負担しなくてはいけないこと。
待機期間 動物病院を受診しても補償が受けられない期間のこと。

↓詳しくはこちらもチェック!↓
ペット保険にある「免責」とは?免責金額や免責期間があると補償や保険金がおりないケースもある! ペット保険、待機期間なしで加入できるプランは?全社を徹底比較!

そういうことかぁ!免責金額や待機期間が設けられていないのは嬉しいですね♪

博士、この保険は大型犬の場合月々いくらかかるんですか?

0~2歳※2で月々3,110円からじゃ。
大型犬で100%補償割合がついてなら、この金額でも納得だわ。

もしここに火葬費用等担保特約をセットする場合は、月々の保険料にプラス170円からじゃ。※3
博士、火葬費用等担保特約ってなんですか?

PS保険では『ペットセレモニー費用特約』という名前なんじゃが、愛犬が天国に旅立った後にかかる火葬費用等の金額を最大3万円まで補償する特約じゃ。
考えたくないことだけど…必ず誰もに訪れることですものね。そういった所までカバーできるのはありがたいですね。

そうじゃな。ただしPS保険の場合、気を付けたい点が2つあるんじゃ。
それはなんですか?

うむ。実はのぉ、慢性疾患の場合、一生涯での補償に制限がかかってしまうんじゃ。

本来更新時に補償限度額や日数がリセットされるんじゃが、慢性疾患の場合はリセットされず、更新する条件として日数と回数の制限がかかってしまうんじゃよ。
そ、そうなんですか…意外な落とし穴だわ。

また90%などの補償割合と比べ、補償限度額がいっぱいになりやすいから気を付けなくてはならん。
後々『知らない』『聞いていない』で揉めないように、しっかり確認する必要がありそうですね。

※2.補償開始日時点で生後120日以上で加入された場合
※3.年払いの場合、プラス1,860円から

ペットメディカルサポートの【PS保険/充実プラン100%補償プラン】を選んだ飼い主さんの意見を聞いてみよう!

ここでは、今回PS保険の『充実プラン100%補償プラン』を選んだ飼い主さんの声を聞いてみるとするぞ!
ペットの医療費は非常に高いし、特に我が家は大型犬なのでいくらかかるのかわからない。そのため100%補償は魅力的に感じた。(30代男性、大型犬:グレートピレニーズ)

簡単な治療でもお金がすごくかかり、家計に負担がかかる。また入院ともなると、病院も限られてしまうし通院も大変。そのため保険料が多少高くても、補償が大きいものを選ぶことでその分安心することができると思った。(40代女性、大型犬:グレートデン)

大型犬は体が大きい分、治療費がかさみますからね…だからこそ、多少保険料が高くても補償が手厚いものを選びたいと思う人が多いんでしょうね。

そうじゃな。万が一に備えてもそうじゃが、家計への負担も考慮しての結果といえるのぉ。

ペットメディカルサポートのPS保険【充実プラン/100%補償プラン】についてのまとめ

特徴

  • 補償割合100%!
  • 通院、入院、手術をカバー
  • 保険料は月々3,110円から(大型犬0歳の場合※2)
  • 免責金額や待機期間の設定なし
  • 任意で『ペットセレモニー費用特約(火災費用等担保特約)』が付けられる
  • 年齢以外の理由で保険料は上がらない
  • ガン、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療も補償対象※4

注意点

  • 補償限度額に注意が必要
  • 慢性疾患の場合、補償制限あり(日数や回数等)
  • 保険金の支払い方法は『立替請求型』
  • ペット賠償責任特約なし
  • 補償開始日時点で5歳以上の場合は、インターネットからの申し込み不可

※4獣医師により、既に発見されている先天性疾患や治療中の病気、ケガや予防措置について補償対象外です。詳細については、約款及び重要事項説明書をご確認ください。

補償割合が100%、通院・入院・手術をトリプルカバーしてくれるが、その分気を付けなくてはいけない点もあるんじゃ。
必ず契約前に、約款や重要事項説明書の確認は必須じゃ!※5
【PS保険についてもっと知りたい人はコチラも要チェック!】
【PS保険のデメリット】はリセットされない通院?補償内容を解説!口コミ・評判つき ※5.PS保険:ご契約の前にお読みください

大型犬のいる飼い主さんが選ぶペット保険第2位!!日本ペットプラスのいぬとねこの保険【ゴールドプラン/50%プラン】


第2位にランクインしたのが、日本ペットプラス少額短期保険(株)のいぬとねこの保険じゃ。
あれ?1位と比べると補償割合が低い気が…

そうなんじゃ。今回ランクインしたゴールドプランの50%プランは、通院に特化したペット保険なんじゃ。
ってことは、入院・手術の補償が付いていないってことですか!?

そうなんじゃ。ただし補償限度の日額制限や回数制限はなく、年間補償限度額50万円の範囲であれば何度でも利用が可能じゃ。

もちろん免責金額の設定もないぞ!
制限がなかったり、免責金額がなかったりするのは嬉しいですけど…月々の保険料はいくらになるんですか?

3歳の場合、月々1,660円じゃ。
保険料が安い!!入院・手術の補償が受けられないのはネックだけど、回数が多くなりがちな通院補償があってこの値段なら納得だわ。

もし、賠償責任特約を付帯したい場合は月々80円、年払いだと910円をプラスすればOKじゃよ。

ちなみに賠償責任特約とは他人をケガさせたり、他人の物を壊したりした時に補償が受けることができる特約じゃ。
月々80円で特約をセットで付けられるのは嬉しいですね!

そうじゃね。割引制度も充実しているから、それらをうまく利用すると保険料がさらにお得になるのもポイントじゃな。
それは嬉しい!安くなるのに越したことはないですからね!!

ただしじゃ!万が一、入院や手術などの高額な治療費がかかったとした場合は、全て自己負担じゃ。

また夜間・早朝等時間外治療(加算部分)や往診(加算部分)は補償対象外じゃから注意が必要じゃ!
うっ…確かに。高度医療の手術を受けるとしたら数十万~数百万円するって聞くし。それが補償されないのは痛いかも…

また緊急時の治療で加算される金額分は補償対象外なのか…ここも見落としがちだから注意が必要ですね、博士。

そうじゃな。なるべく保険料を抑えたい人や、通院補償に特化したい人にはよいのかもしれんがのぉ。

ペット保険を選ぶ上で『なにを重点におくか』がキーになるのぉ。

日本ペットプラスのいぬとねこの保険【ゴールドプラン/50%プラン】を選んだ飼い主さんの意見を聞いてみよう!

いぬとねこの保険の『ゴールドプラン/50%プラン』を選んだ飼い主さんたちの声を聞いてみよう。
入院などの必要性を感じないから。通院としては何度も経験済みだが、入院するような事態に合う可能性は低く、そのための保険料を負担すると考えると非効率だと感じた。(60代男性、大型犬:ラブラドールレトリーバー)

ほとんど病気をしなかったのでこの程度で十分。病院も良心的に金額を配慮してくれるので、保険料を払うより安く済んでいる。今まで入院手術をしたことがないし、年齢的に今後もさせる気はないから、これぐらいの補償で十分。(50代女性、大型犬:ラブラドールレトリーバー)

今までの経験から、入院や手術の補償は必要性を感じないって思う人が多く感じるわ。

そうじゃな。通院補償を重点におき、なるべく保険料を抑えたいって考えの人が多いのかもしれんのぉ。

ただし、いつ手術や入院を伴う病気やケガをするかなんて誰もわからない。だからこそ、何を基準に考えて保険を選ぶかが大事じゃ。

日本ペットプラスのいぬとねこの保険【ゴールドプラン/50%プラン】のまとめ

特徴

  • 最も発生回数が多い『通院』に特化したプラン
  • 日額制限、回数制限なし(年間補償限度額最大50万円まで何度でもOK!)
  • 免責金額の設定なし
  • 各種割引制度制度が充実
  • 24時間ペット健康相談サービスあり
  • 償責任特約は月々80円、年払910円
  • 保険料が月々1,660円(大型犬3歳の場合)

注意点

  • ケガの場合はないが、補償開始までの待機期間がある(病気30日、がん60日)
  • 入院、手術の補償は受けられない
  • 夜間・早朝等時間外診療(加算部分)や往診(加算部分)は補償対象外
  • 保険金の支払い方法は『立替請求型』

通院に特化している保険ではあるが、万が一入院や手術が必要になった場合は全額自己負担じゃから、ある程度の貯蓄をしておく必要があるかもしれんのぉ。

また契約前には必ず、約款や重要事項説明書等をチェックしておくんじゃよ。※6※7
【いぬとねこの保険をさらに詳しく知りたい人はこちらもチェック】
日本ペットプラスのデメリットは補償されない病気やケガの多さ|口コミ・評判は? ※6.いぬとねこの保険:ペット通院保険普通保険約款・特約
※7.いぬとねこの保険:ご契約の前にお読みください

大型犬のいる飼い主さんが選ぶペット保険第3位!!au損保のペットの保険【通院なしタイプ/50%プラン】


今回のアンケート結果で3位に上がったプランは2つ。個別に詳しくみていくとしよう。

まずはau損害保険(株)の『通院なしタイプ/50プラン』じゃ。
2位になったいぬとねこの保険と対照的な補償対象ですね。

そうなんじゃ。この保険はなるべく保険料を抑えつつ、高額になりがちな入院・手術に重点をおいているんじゃ。
ちなみに保険料ってどれぐらいなんですか?

2歳で月々1,550円じゃな。
この保険プランも保険料がお得だわ!2千円を切るのは嬉しいですね!

そうじゃね。この保険プランは免責金額の設定もないんじゃ。

また1日あたりの限度額や支払い回数に制限がなく、年間最大補償額は50万円の範囲内なら何度でも利用することが可能じゃ。
縛りがきつくないのはいいですね♪

そうじゃね。もちろんauじゃなくても加入は可能じゃ!支払方法もコンビニ支払いも対応しているぞ!!

ただしじゃ、注意しなくてはいけない点もあるんじゃよ。
ここでも注意点が…博士、どんなことですか?